バイナリーオプション取引

フェアトレードについて学ぶ

フェアトレードについて学ぶ

フェアトレードについて学ぶ

2020 年 29 巻 1 号 p. 55-71

  • 発行日: 2020/06/30 受付日: - J-STAGE公開日: フェアトレードについて学ぶ 2020/07/15 受理日: - 早期公開日: - 改訂日: -

This paper examines how patronage and hierarchy are フェアトレードについて学ぶ constructed between development brokers and beneficiaries through fair trade activities フェアトレードについて学ぶ in the Bolaven Plateau, Lao PDR (People's Democratic Republic). The author surveys the implications related to these development practices. The case provided is a fair trade project that フェアトレードについて学ぶ aims to reestablish farmers' cooperatives フェアトレードについて学ぶ carried out by a Japanese fair trade company. Fair trade, which aims to construct a partnership that enables disadvantaged producers and laborers in the Global South to live a sustainable life, brings morality into market transactions. Despite depending on the market economy (rather than donations or charity), fair trade stresses “empowerment” and “partnership,” which are orthodox concepts in the realm of social development. Under this scheme, all actors are required to construct and maintain social ties with each other, ensuring a フェアトレードについて学ぶ positive reciprocal relationship between buyer and seller.

In his seminal work “The Gift,” Marcel Mauss argues that gifts create a connection between givers and receivers, which can sometimes result in the unequal dynamic of フェアトレードについて学ぶ patronage and dependency. Drawing on Mauss's gift-exchange theory, Stirat フェアトレードについて学ぶ and Henkel (1997) critically identifies how donations, seeming to be pure gifts from the people in the Global North, are transformed into conditional gifts once they reach the recipients via international development Non-Governmental Organizations (NGOs). While they conceptualize donations as “the development gift” this paper proposes an idea of “the fair trade gift.” Namely, it explores how フェアトレードについて学ぶ funds are utilized in the context of fair trade projects. In フェアトレードについて学ぶ contrast to Mauss's determination of the morality of フェアトレードについて学ぶ フェアトレードについて学ぶ exchange within a phenomenon of one-way gifts, the fair trade gift offers a perspective from which to determine elements of gifts within market transactions.

Focusing on the rhetoric through which market-exchange is transformed into gift-exchange (as interpreted by co-op representatives serving as development フェアトレードについて学ぶ brokers for Japanese buyer's funds such as pre-payment, social premiums, and labor costs), フェアトレードについて学ぶ this paper argues that the フェアトレードについて学ぶ fair trade gift eventually affects the construction of a hierarchical patron-client relationship; namely, development brokers act as patrons in their responses to the expectations of beneficiaries as clients, rather than equal “partners.”

原貫太の国際協力ブログ

フリーランス国際協力師原貫太のブログです。国際協力やNPO・NGO、アフリカ、社会問題などのテーマを中心に解説しています。

フェアトレード、私たちにできることは何?職場や学校でできること5つ紹介

「フェアトレードに興味がある。フェアトレード商品を自分が購入すること以外に、フェアトレードに貢献するため私にできることは何だろう?」

フェアトレード できること

フェアトレード、私たちにできることは何?職場や学校でできること5つ紹介

会社で飲むコーヒーをフェアトレード商品に替える

フェアトレード できること

会社全体で飲んでいるコーヒーの量、年間に換算するとかなりの量になるはずです。そのコーヒーをフェアトレード商品に替えることができたら、たくさんの人に影響を与えることができます

職場のコーヒーの種類が何となくで決められてしまっているなら、フェアトレード・コーヒーに置き換えられないか、上司に働きかけてみましょう。

例えばNPO法人パルシックは、東ティモールのコーヒー生産者を支援するためのフェアトレード・コーヒーを販売しています

食堂にフェアトレード商品を導入する

フェアトレード できること

行きつけのお店にフェアトレード商品を置いてもらう

フェアトレード できること

もし行きつけのお店にフェアトレード商品が置いていない場合は、お店側にリクエストを出してみましょう。「お客様の声」などが置いてあれば、それを使ってリクエストするのがおすすめです。

なぜなら、近年トレンドになっているSDGs(持続可能な開発目標)の目標12でも『つくる責任、つかう責任』が掲げられており、社会全体としてフェアトレードを推進する動きがあるからです。

バレンタインデーにフェアトレード・チョコレートを贈る

フェアトレード できること

バレンタインデーに合わせる形で、大切な人や友人にフェアトレード・チョコレートを贈ってみましょう。普段の何気ない日に贈るよりも、バレンタインデーのような特別な日に贈るほうが気持ちが伝わりやすいです。

日本で有名なフェアトレード・チョコレートは、People Treeが出しているフェアトレード・チョコレートです。僕も昨年のバレンタインデーにパートナーから貰いました。

母の日や父の日にフェアトレード・フラワーギフトを贈る

フェアトレード できること

フェアトレード商品と聞くと、チョコレートやコーヒー豆、ゴマなどが有名ですが、実はカーネーションやバラといった切り花にもフェアトレード商品はあります。あまり知られていませんよね。

日本のSDGs、理想と現実「SDGs消費経験は3割」にすぎない?【調査】

カートを持ってスーパーで買い物する様子

ここ最近では、学校教育の現場でSDGsについて学ぶ授業があったり、テレビ番組でもSDGsについて取り上げられることが多かったり、SDGsの認知度はかなり広がっているように感じられる。この調査では、「あなたは、SDGsについて知っていますか」という質問に対し、「とてもそう思う」「ややそう思う」とSDGsを認知していると回答した人の割合は全体の5割弱。このうち「SDGsについて内容を理解している」と回答したのは約8割だった。

なお、男女別に見ると、SDGsについて好感を抱いている割合は、男性よりも女性の方が10ポイント以上高かった。

イメージが難しいSDGs消費

SDGs消費

実際にSDGsを意識した消費の経験(全体および世代別)(単位:%)

SDGsの意義は一定数社会に浸透しつつある一方で、「実際にSDGsを意識した消費(以下、SDGs消費)の経験がある」かを問う質問では、「とてもそう思う」「ややそう思う」と回答した人は3割に満たなかった。また、同回答は女性で34.2%だったのに対して、男性は21.4%と、ここでも男女間での意識の違いがみられた。

価格上昇、どこまで許容?

SDGs消費

ただ、SDGs消費をする上での価格上限を年代別に見ると、18歳〜25歳までの若年層では、「通常商品より5割増」との回答が最も多かった。一般的に見れば、所得が最も低いとされる世代ではあるものの、SDGs消費における価格増に対する許容度は高かった。

5月12日フェアトレード・デーにやりたい3つのこと

フェアトレードとは、生産者が安定した生活を続けられるように、作られたものを正当な値段で売り買いすることです。
ACEはフェアトレードを応援しています。フェアトレードは 児童労働がないことを目指す取り組み フェアトレードについて学ぶ フェアトレードについて学ぶ でもあるため、フェアトレードを推進していくことは、児童労働をなくしていくことにつながっているからです (※2) 。
5月はフェアトレード月間、5月12日は世界フェアトレード・デーです。フェアトレードの盛り上がりに合わせてぜひやってほしいことを、3つご紹介します。

1.児童労働をなくす活動を、お買い物で応援!

フェアトレード・デーには、チョコレートの産地にまで思いを馳せてみてください。ガーナのカカオ生産地には、児童労働を強いられている子どもたちがいます。ACEは、子どもたちを児童労度から守り教育へとつなげる活動をおこなっています。 「1 more LOVE チョコステッカー」 は、全額がACEのガーナでの活動への寄付となる商品です。ガーナの子どもたちが学校に入学して学ぶ機会を得ることで、未来を切り開く力を身に付け、自らの意志で人生を築くことができるように、ステッカーを購入してACEの活動を応援してください。

「1 more LOVE チョコステッカー」
購入額の全額(500円)がガーナの教育支援となります。

★ACEオンラインショップでは、2シート/4シート単位で販売しています!
2シートのご購入は、こちら / 4シートのご購入は、こちら

2.フェアトレードについて学ぼう!

①入門編:絵本「とりがおしえてくれたこと こどもにつたえるフェアトレード」

②詳しく知りたい!編:「子どもたちにしあわせを運ぶチョコレート。世界から児童労働をなくす方法」

3.周りの人に知らせよう!

今年のフェアトレード・デーはせひ、周りの人に伝えてみてください。
・フェアトレードの絵本をプレゼントする。
・「1 more LOVE チョコステッカー」を買って、写真を撮ってSNSに投稿する。(ハッシュタグは「#1moreLOVE」で!)

・ワークショップ教材を使ってみんなで学ぶ

(ワークショップ教材「おいしいチョコレートの真実」など、各種教材も販売中。詳しくはこちら)

GMOペパボが『カラーミーショップ大賞 フェアトレードについて学ぶ 2022』の受賞ショップを公表

GMOインターネットグループのGMOペパボが運営する月額制ネットショップ作成サービスの「カラーミーショップ byGMOペパボ」は、2022年5月24日(火)にセルリアンタワー東急ホテル(東京都渋谷区)において、創意工夫を凝らしたネットショップを発掘し表彰するコンテスト『カラーミーショップ大賞 2022』の授賞式を開催し、フェアトレードとエシカルファッション・手仕事のお店「sisam FAIR TRADE」(京都府)が「大賞」を受賞した。

今回は、大賞に選ばれた「sisam FAIR TRADE」(京都府)を含む全43ショップが各賞を受賞。特に、ショップデザイン、商品展開、PR、社会貢献への姿勢など、明確なヴィジョンを元にショップ運営をされているショップが多く選出された。

『カラーミーショップ大賞 2022』受賞内容

今年で8度目の開催となる『カラーミーショップ大賞 2022』では、「カラーミーショップ byGMOペパボ」を利用中のショップについて一次審査の対象とする「オファー制」を採用している。

◆大賞:「sisam FAIR TRADE」

ショップ名/主な取扱商品
sisam フェアトレードについて学ぶ FAIR TRADE/フェアトレード品
NAOT JAPAN/革靴
NATURAL KITCHEN & select/食器・キッチン雑貨
日本製Tシャツメーカー 久米繊維/Tシャツ
かわしま屋/食品・家電
猿田彦珈琲/コーヒー
カタカナ/ファッション雑貨
びっくりカーテン/カーテン
KEYMEMORY Online Shop/ユニセックスファッション
おうちで楽しむ陶器市 うちる/作家もののうつわなど

地域/ショップ名/主な取扱商品
北海道/スープカレー奥芝商店/スープカレー
秋田県/じゅんさいときりたんぽ安藤食品/じゅんさい
山形県/石木花オンラインストア/盆栽
千葉県/お米と雑穀の専門店 石川商店/米
東京都/KAWAMURA LEATHER/革・革加工用品
東京都/unoa/バレエのセミオーダーウェア
東京都/TOKYO RECYCLE imption/家具
神奈川県/DeLoreans/ペットグッズ
山梨県/kenkengems.com/天然石
長野県/Fika Online Shop/ワイン
愛知県/UZUiRO/レディースファッション
京都府/京都吉兆の贈り物/日本料理
大阪府/CHIROL VINTAGE/アクセサリー
大阪府/BATON ONLINE SHOP/焼き菓子など
広島県/マアル/肌着・布ナプキン
広島県/安芸の島の実/オリーブオイル
佐賀県/まるぶん オンラインストア/有田焼
長崎県/石丸文行堂オンラインストア/文房具
長崎県/たかしま農園/トマト
熊本県/自然派きくち村/野菜・米など

賞/ショップ名/主な取扱商品/
ベスト店長賞/セレクトショップLisa/レディースファッション
ベスト商品賞/ウサギノネドコ/インテリア雑貨
ベストセレクト賞/ひとくちウイスキー/ウイスキー
ベストデザイン賞/山奥チョコレート日和/チョコレート
SDGs賞/兵左衛門オンラインショップ/箸
新人賞/久保醸造合名会社/調味料
新人賞/五勝手屋本舗/和菓子
新人賞/紡ぎ舎/生活雑貨
新人賞/512 CAFÉ ONLINE SHOP/焼き菓子など
新人賞/ドライフラワー専門店 ブルーム/ドライフラワー

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる