営業の攻略法

オシレーターとは

オシレーターとは
↑こんな画像、見たことありませんか?通信機器などのモニタに表示されていますよね。一定の幅の中で振り子のように波打つような動きをするものを「オシレーター(oscillator)」と呼びます。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

オシレーターの使用ですがオシレーターって当たりますか??ハ◎マツさんにRSIを推薦をされております。
つき◎んさんはストキャスを見ているとか?

オシレーターが張り付きならブレイクしても騙しブレイクになる可能性が高いとか有りますか?
ここでストキャスならば直ぐに張り付くからこれは無意味に思える。

レンジでRSIが加熱で逆張りが決まりやすいとかは? オシレーターとは
ここでもストキャスは直ぐ張り付くから無意味なような?

ストキャスは直ぐ張り付くから無意味?

使い方でストキャス張り付きは強いトレンドとか有るみたいだがこれもイマイチなような?

RSIが張り付きは強いトレンドとかの見方も有るみたいだが…

加熱で逆張りか強いトレンドのどっちやねんな…どっちも取れるがな。

となります。

僕もオシレーターはRSIを使っていました。

ストキャスティクスは柔らかくて(反応が早くて)使い辛かったです。


まあ、今は、ローソク足だけでトレードしていますが。


↑ちょ、つっきーさんどっちやねんなwww

ベストアンサーに選ばれた回答

>オシレーターの使用ですがオシレーターって当たりますか?

このような質問(疑問)が出ることから考えると、名人は、「相場を分析するすじ道」が根本的に間違っているかもしれませんよ。


初心者(または下級者)のうちは、「オシレーターは当たるのか」、「良く当たるオシレーターはどれか」…という風に、今の相場をほったらかして、オシレーターだけを注目して考えてしまいがちです。→でも、残念ながら、それはまるっきりダメなパターンです。



私が考える、「適切なすじ道(=分析の順序)」とは、次の通りです。

1.今の相場は「わけのわかる相場」か、それとも、「わけのわからない相場」か?

「わけのわかる相場」であれば手を出しても良いが、「わけのわからない相場」なら、エントリーをするべきではありません。


2.「わけのわかる相場」であれば、今はトレンド相場か、それとも、レンジ相場か?

(名人は移動平均を見ているようなので)、ドル円の日足チャートに長短3本(5日、21日、75日)の移動平均を引くと、相場は「強い上昇トレンド」であることがわかります。↓
https://www.mql5.com/en/charts/2672455/usdjpy-d1-forextime-ltd


4時間足チャートにチャネルライン(線形回帰)を引いても、上昇トレンドであることが確かめられます。↓
https://www.mql5.com/en/charts/2672468/usdjpy-h4-forextime-ltd


そして、ここまでが「大局観」。

明日から使います! オシレーターとは
儲けたるぞおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!

RSIとは?

RSIとは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。 オシレーターとは
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる