投資

バイナリー オプション 30秒

バイナリー オプション 30秒
2ページ目

【検証】ハイローオーストラリアの30秒取引の攻略法【結果、勝率〇〇%】

ハイローオーストラリアで30秒取引きはおすすめできません


はい。おすすめしません。特に初心者の人には。大きな理由は次の3つ。

  1. ノイズがある
  2. バイナリー オプション 30秒
  3. ギャンブルになりがち
  4. 転売が使えない

ノイズがある

ハイローオーストラリアチャートノイズ


この画像のように一瞬レートが上がったり下がったりすることがあるんです。これがノイズ。

ギャンブルになりがち

転売が使えない

ハイローオーストラリア30秒取引のメリット

ハイローオーストラリア30秒取引のメリット


最大のメリットは「ペイアウト率」×「短時間」
この組み合わせは最強。攻略法あるならマジで強い。

ペイアウト率が高い

  • 「ターボ」で1,95
  • 「ターボスプレッド」で2,バイナリー オプション 30秒 3

トレードの回数をこなせる

分析に強ければ勝てる

ハイローオーストラリアで30秒取引の攻略法を試してみた

ハイローオーストラリアで30秒取引の攻略法を試してみた


色んなサイトで「攻略法」と書いているのを見て、それを僕が実際に試してみました。

  1. 移動平均線を使う
  2. ウィリアムズ%Rを使う
  3. バイナリー オプション 30秒
  4. RSIを使う
  1. 30秒ターボ(ペイアウト率1,95倍)
  2. それぞれ30回の取引
  3. 1度の購入額は1,000円

サイトA【移動平均線】

MT4移動平均線

  1. チャートを1分足にする
  2. 「移動平均線」長期14日、短期5日
  3. トレンド発生ポイントで順張り

ハイローオーストラリア移動平均線


これを見て欲しい。移動平均線の短期(白ライン)が長期(赤ライン)を突き抜けたところでエントリーするんだけど、残り1~2秒のところで急に相場が動いて負け(笑)

サイトB【ウィリアムズ%R】

MT4ウィリアムズ%R

  1. 期間は14で設定
  2. 0%~-20%の水準から下に進んだらLOWエントリー
  3. -100%~-80%の水準から上に進む=HIGHエントリー

ウィリアムズ%R


なかなかラインが上がってこず待ちくたびれてるw

ウィリアムズ%R


これは来た!と思ってエントリー。勝ち!

サイトC【RSI】

MT4RSI

  1. チャートを1分足にする
  2. バイナリー オプション 30秒
  3. RSIを表示する
  4. RSIが70%、30%ではね返る
  5. RSIが少し折れ曲がったところでエントリー

ハイローオーストラリア RSI%R


こんな感じでラインが曲がったところでエントリー。

現役大学生のハイローオーストラリア攻略ブログ

現役大学生がハイローオーストラリアで稼ぐブログ。バイナリーオプションで使える様々な攻略法を更新しています!また気になる収支なども公開します!

ハイローオーストラリアの30秒取引はノイズで逆張り攻略!

f:id:highlow-australia-binaryoption:20200421171031p:plain

判定時間が短いのですぐに結果が出る反面、相場が思ったように動かず同値負けする事が多く、それで難易度が高いと言われます。しかし今回僕がご紹介する攻略法は相場が動きやすい「 トレンド相場 」のみに実践する攻略法なので引き分けになる可能性はかなり低いです。

ご紹介する内容は スマホでも出来る内容 なので覚えておいて損はありませんよ。

攻略の前に!MT4を準備しよう

30秒取引のみならず、全ての攻略に置いて欠かせないのが「MT4」です。MT4は為替相場の動きを表したツールで無料で使う事が出来ます。

f:id:highlow-australia-binaryoption:20191009142354p:plain

ここで僕はいつもデモ口座申請してます。30日毎に申請し直さないといけないのでちょっと面倒ですが、 表示されている時間も日本時間なので見やすいです。

「MT4」は上記のサイトだけではなくて、様々な会社から出されています。 基本的にはどれを使っても問題ないですよ。

現役大学生がハイローオーストラリアで世界一周旅行!

f:id:highlow-australia-binaryoption:20190610182527p:plain

1分足に移動平均線を表示する

f:id:highlow-australia-binaryoption:20191009150119p:plain

f:id:highlow-australia-binaryoption:20200217170804p:plain

1分足を選択するとこの様になります。そして今回使用するインジケーターは「 移動平均線 」です。

f:id:highlow-australia-binaryoption:20200217170941p:plain

f:id:highlow-australia-binaryoption:20191009150758p:plain

f:id:highlow-australia-binaryoption:20200205165956p:plain

f:id:highlow-australia-binaryoption:20191009153216p:plain

30秒攻略法①:線が交わった時にエントリーを行う

先程表示した2つの線は「 短期線 」と「 長期線 」といって、交わる時に大きなトレンドを起こします。

f:id:highlow-australia-binaryoption:20200519163558p:plain

見るべき点は「 バイナリー オプション 30秒 短期線 」の動きで、画像の様に長期線に対し上から下へ行くように交わると下降します(デッドクロス)。

逆に下から上に突き抜けるように交わると上昇します(ゴールデンクロス)。

f:id:highlow-australia-binaryoption:20191009154720p:plain

f:id:highlow-australia-binaryoption:20191009160627p:plain

30秒攻略法②:反射神経が重要のノイズ逆張り手法

もう一つの30秒取引攻略法は「 ノイズ 」という性質を利用した逆張りの攻略法になります。これも同値負けする確率が極めて低いオススメの内容です!

また超短時間である 30秒取引ならではの攻略法です。

f:id:highlow-australia-binaryoption:20200519164227p:plain

その 一瞬の大きな値動きをノイズ と呼びます。ノイズとは一瞬の強い買い(売り)の事です。ノイズが発生すると損をしたくないという心理から逆方向への取引が発生します。なのでノイズが起きた方向の逆方向に向かってチャートが進むという傾向があるんですね。

f:id:highlow-australia-binaryoption:20191009164333p:plain

f:id:highlow-australia-binaryoption:20191009164410p:plain

30秒取引ではこれを上手く使えると勝率が大きく変わりますし、チャートのみでの攻略法なので スマホでも取引が出来ますね。

<その他時間帯の攻略記事はコチラ>

ハイローオーストラリア公式サイト

最大ペイアウト率2.30倍の『 ターボスプレッド バイナリー オプション 30秒 』が大人気の信頼度No,1ハイローオーストラリア! 5,000円 から入金できるので初めての人でも始めやすい!

ハイローオーストラリアの30秒取引で稼いだ金額を公開します

ハイローオーストラリアの30秒取引で稼いだ金額を公開します

ハイローオーストラリアの攻略方

  1. 【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引とは
  2. 【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引の実践結果
  3. 【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引の注意点!

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引とは

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引とは

ハイローオーストラリアのトレードの種類は、「通貨」と「取引時」があります。時間というのは、エントリーしてから結果の出る判定時間のことです。ハイローオーストラリアでの 判定時間は30秒・1分・3分・5分・15分・1時間・1日 があり、 ペイアウト率などが異なります。

時間が短いトレードほど、予想が難しく「運」の要素も高いですが、 高ペイアウト率や結果の速さなど、 バイナリーオプションの代表とも言えるトレード方法の一つです。

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引の実践結果

【期間】5日間
【通貨】USD/JPY Turbo30秒
【金額】1,000円/1トレード ペイアウト率1.95
【トレード手法】後ほど詳しく解説いたします
【エントリー回数】100回(1日20回)

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引の実践結果

なんと、ハイローオーストラリアで5日間トレードした結果、46,250円の利益を出すことが出来ました!1回1,000円での検証だったので、 仮に5,000円でエントリーしてれば20万円を超える利益に! 資金に余裕があれば、もう一度検証してみたいものです。

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引の実践結果

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引の注意点!

ペイアウト率

バイナリーオプションでの30秒取引での最大の注意点はペイアウト率です。 ハイローオーストラリアでのペイアウト率は1.95倍と業界の中でも高水準 となっておりますが、業者によってはもう少し低い場合があります。

バイナリー オプション 30秒 【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引の注意点!

ただでさえ、ギャンブル性の高い30秒取引ですので、 不利なペイアウト率 で勝負をすると勝率で勝ったいたとしても、 還元率での差で結果として負けてしまう ことも、、、バイナリーオプション業界でもシェア1位のハイローオーストラリアでの投資がオススメです。

※ハイローオーストラリアでのトレード方法に「ターボスプレッド」というものがあります。 最大2.3倍の高ペイアウト率ですが、このトレードには罠があります。 それは「スプレッド」というもので、エントリーした時点で、エントリー価格と現在(判定)の価格との差があります。通常のターボ30秒と比べると、高ペイアウト率の代わりに難易度はかなり上がります。

30秒取引は海外業者のみ

30秒取引は転売できない

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引にコツ・必勝法はあるのか?

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引にコツ・必勝法はあるのか?

ハイローオーストラリアのターボ30秒取引に必勝法はあるのか?結論を言うと必勝法はありません。投資に絶対はないからです。しかし、 勝率を上げる方法や、「コツ」はある と考えています。

順張り手法

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引にコツ・必勝法はあるのか?

エントリー方法は、簡単で急騰(暴落)ではなく、 緩やかに上昇(下降)している時に、流れに乗ってエントリー していきます。ここでのポイントは、なるべく 相場が活発な時間帯にエントリー し、トレンドをうまく掴むことです。

①午前8時~9時(ウェリントン・シドニー・日本市場と順に開く)
②午前10時~11時半(上海市場が開く)
③午後4時(ロンドン市場が開く)
④午後9時半~11時(ニューヨーク市場が開く)

「ノイズ」を使った逆張り手法

この「ノイズ」を利用した逆張り手法です。トレード方法は簡単で、 「ノイズ」が出たら逆張りでエントリーする手法 です。

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引にコツ・必勝法はあるのか?

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引にコツ・必勝法はあるのか?

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引まとめ

【ハイローオーストラリア】ターボ30秒取引まとめ

ハイローオーストラリアのターボ30秒取引はギャンブル性の高いものの、バイナリーオプションの醍醐味でもある、 ペイアウト率・結果の速さ が特徴です。検証結果では、うまく利益を上げることが出来ましたが、ギャンブル性が高いので注意が必要です。しかし、 バイナリー オプション 30秒 チャートをうまく読み、コツを掴めば収益を上げられます 。

バイナリーオプションのターボ取引が勝てない3つの理由

3ページ目

2ページ目

1ページ目

サイキックス

④ターボで稼ぐとすぐ口座凍結されやすい

バイナリーの口座凍結とは…口座凍結とは、利益額が 「一定の基準」 を満たすと1回の取引あたり5000円以下のエントリーしか出来なくなること。ログイン自体は問題なくでき、入金や出金は通常通り可能です

通常一般的な口座凍結の基準額が「500万〜600万」のことを考えるとターボを使うと相当早い段階で凍結されています。場合によっては数十万で凍結されるケースもあるのでターボは極力使わない方がいいと言わざるおえない状況です。

サイキックス

『Turboの「30秒取引」「1分取引」を使って、100万程度利益を出すとで凍結される』という事例が多発しています。

ターボ取引まとめ

サイキックス

ハイローオーストラリアのターボ取引(30秒取引、1分取引、3分取引、5分取引)について解説しました。Highlowには、たくさんの取引種類があるため、どの取引を選べば勝てるのか悩まれている方も多いでしょう。もし現在あなたが勝てていないのならば、ターボ取引は絶対にオススメしません。どのみち、ワンベットが10万以上になった時点で、複数回に分けてエントリーする必要が出てくるので、HighLow取引(15分取引/1時間/1日)をせざるおえなくなります。勝ってエントリー額が増えた後のこと見越してハイロー取引を選ぶようにしましょう。

バイナリーオプション取引には、ハイかローしかなく理論上は2分の1のため、コイントスと原理は同じです。
コイントスで3回連続「表」の時もあれば、3回連続「裏」の時もあるようにバイナリーでどんな勝率が低いロジックでも連勝が起こります。

バイナリーがコイントスと違うのは、構造上 胴元であるバイナリー業社が圧倒的に有利だということ。今はたまたま勝っていても、長期的にみると確率収縮し、 期待値が低いロジック(勝率が損益分岐点を下回っているもの)を使ってエントリーする限り、お金を失い続けます。

【6月6日~の週】為替相場の注目材料スケジュールと焦点

米ドル/円 直近3日間のチャート

ユーロ/米ドル 直近3日間のチャート

■ 6月6日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
▼ 今週→オーストラリア(7日)、欧州(9日)の金融政策の発表を予定(バイナリー オプション 30秒 議事録の公表はなし)
▼ 今週→米国の中長期国債の入札が相次ぐ(7日→3年債、8日→10年債、9日→30年債) バイナリー オプション 30秒
▼ 今週→FRB関係者はブラックアウト期間入り(6月4日~FOMC終了)
▼ 7日(火)→RBA金融政策の発表
▼ 9日(木)→ECB金融政策の発表
▼ バイナリー オプション 30秒 10日(金)→米国の消費者物価指数の発表
▼ 来週(15日)→FOMC金融政策の発表を控える(日本、英国、スイスの金融政策の発表もあり)
▼ 主要な株式市場(米国中心)の動向
▼ 米国の国債利回りの動向
▼ 米国の金融政策への思惑(5月4日に金融政策の発表を消化済み→5月25日に議事録の公表を消化済み→来週・6月15日に次回金融政策発表を予定、引き続き今後の金融政策への思惑が高まる)
▼ 米ドルと日本円、ユーロの方向性
▼ 注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は10日の消費者物価指数がメイン)
▼ 金融市場のリスク許容度
▼ 欧州の金融政策への思惑(4月14日に金融政策の発表を消化済み→5月19日に議事録の公表を消化済み→今週・6月9日に次回金融政策発表を予定)
▼ 金融当局者や要人による発言(FRB関係者は来週にFOMCを控えてブラックアウト期間入り)
▼ 原油と金を中心とした商品市場の動向
▼ 日本の金融政策への思惑(4月28日に金融政策の発表を消化済み→来週・6月17日に次回金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
▼ バイデン米大統領の発言
▼ ウクライナ情勢(地政学リスク)
▼ 新型コロナウイルス感染症への懸念

■表の見方■
・米国以外の要人発言や注目材料は重要な物のみピックアップ
・注目材料のうち、特に注目度の高いものを 赤色 、その次を 太字 で表記。
・金融政策関連のものはイベントの欄へ 桃色 で表記。

バイナリー オプション 30秒 バイナリー オプション 30秒
経済指標&注目材料&イベント
6/6
(月)
・ ニュージーランドとスイスが祝日で休場 イベント
など
中)財新サービス業PMI 米国以外
米) 注目度の高い経済指標の発表はない 米国
6/7
(火)
- イベント
など
豪) RBA政策金利 & 声明発表
加)貿易収支
加)Ivey購買部協会指数
米国以外
米)貿易収支
米) 3年債入札
米) 消費者信用残高
米国
6/8
(水)
- イベント
など
日)第1四半期GDP【二次速報】
英)建設業PMI
米国以外
米) MBA住宅ローン申請指数
米) 卸売在庫【確報値】
米)週間原油在庫
米) バイナリー オプション 30秒 10年債入札
米) 注目度の高い経済指標の発表はない
米国
6/9
(木)
- イベント
など
中)貿易収支
欧) ECB政策金利 & 声明発表 & ラガルドECB総裁の記者会見
加) マックレムBOC総裁の発言
米国以外
米)新規失業保険申請件数
米) 週間天然ガス貯蔵量
米) 30年債入札
米国
6/10
(金)バイナリー オプション 30秒
・ 週末
・ 五十日(10日)
イベント
など
中)消費者物価指数
中)生産者物価指数
加) バイナリー オプション 30秒 失業率 & 雇用ネット変化
米国以外
米) 消費者物価指数 & 【コア】
米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
米) 財政収支
米国


■主要国の金融政策発表■
5月3日◆オーストラリア
5月4日◆米国
5月5日◆英国
5月19日◆南アフリカ
5月25日◆ニュージーランド
5月26日◆トルコ
6月1日★カナダ
6月7日★オーストラリア
6月9日★欧州
6月15日★米国
6月16日★英国、スイス
6月17日★日本
6月23日★トルコ
7月5日●オーストラリア
7月13日●ニュージーランド、カナダ
7月21日●日本、欧州、トルコ、南アフリカ
7月27日●米国

■主要国の休場日■
5月2日▼香港、中国、トルコ、英国
5月3日▼中国、日本、トルコ
5月4日▼中国、日本、トルコ
5月5日▼日本
5月9日▼香港
5月19日▼トルコ
5月23日▼カナダ
5月26日▼スイス
5月30日▼米国
6月2日★英国
6月3日★香港、中国、英国
6月6日★ニュージーランド、スイス
6月13日★オーストラリア
6月16日★南アフリカ
6月20日★米国
6月24日★ニュージーランド

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる