初心者でもできる

ローソク足の応用

ローソク足の応用
続いてもう1本ローソク足を追加した
3本からなるつつみ足を見てみましょう(=゚ω゚)ノ

FXチャートの見方とは?初心者向けの基本的なチャート分析方法

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

[折れ線・棒系設定]-[箱ひげ図/ローソク足]

ChartEditor_line_graph_Boxplot_Candlestick.png

ListIcon.png

をクリックすると表示される[ 集計項目選択 ]画面で、最大値を表す集計項目名を指定します。

ListIcon.png

をクリックすると表示される[ 集計項目選択 ]画面で、第3四分位数を表す集計項目名を指定します。

ListIcon.png

をクリックすると表示される[ 集計項目選択 ]画面で、中央値を表す集計項目名を指定します。中央値がない場合は、指定する必要はありません。その場合、箱に中央値の線は表示されません。

ListIcon.png

をクリックすると表示される[ 集計項目選択 ]画面で、第1四分位数を表す集計項目名を指定します。

ListIcon.png

をクリックすると表示される[ 集計項目選択 ローソク足の応用 ]画面で、最小値を表す集計項目名を指定します。

はらみ足とつつみ足の応用で高勝率なトレード方法とは?位置と本数が重要!

はらみ線

まずははらみ足の復習からです(ローソク足の応用 =゚ω゚)ノ

はらみ足3本

続いてもう1本ローソク足を追加した
3本からなるはらみ足を見てみましょう(=゚ω゚)ノ

はらみ足はどちらかというと反転よりは レンジ相場のもみ合いのイメージ になりますので、
母体となっている一番大きなローソク足をどちらにブレイクするか を見てから
エントリーするとより精度の高いエントリーが出来ると思います。

はらみ足チャート

実際のチャートで確認してみましょう!

はらみ足に含まれる5本のローソク足を見ると ローソク足の応用
ローソク足実体の上値を基準とした 三角持ち合い になっているのがわかります。

はらみ足は 底値付近のレンジ相場で出現しやすいのも特徴 なので、
はらみ足が出現したポイントで 反発が確認できる場合
はらみ足のブレイクを狙うと高勝率なトレードが出来ると思います。

『つつみ足』の応用とローソク足の組合せ

つつみ足

まずはつつみ足の復習からです(=゚ω゚)ノ

つつみ足は直前のローソク足を大きく包み込むのが特徴で、
どちらかというと ブレイク に近い印象ですね^^

今までの動きを全否定する組合せ のため、
より強い反転を示唆 するのがわかると思います。

つつみ足3本

続いてもう1本ローソク足を追加した
3本からなるつつみ足を見てみましょう(=゚ω゚)ノ

当然 ブレイクした方向に強い力が働いている ので
その方向についてエントリーすると高勝率になる と思います。

つつみ足チャート

こちらも実際のチャートで見てみましょう!

2回目と3回目をよく見てみると 同じ安値がサポートラインとして機能している ので、
さらに強い転換ポイントであるのが見て取れます。

つつみ足も同様に 底値や高値圏で出現することで初めて効果を発揮します。
最低でも1回は反発しているポイントで出現しているかどうか を確認してから
エントリーするとより勝率の高いポイントでのエントリーが可能になります。

また3本目に使っているローソク足は 陽線か陰線かは問いません
あくまで 母体になる大きなローソク足(マザーズバー)
実体を超えていないかどうか をチェックするようにしてください(=゚ω゚)ノ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる