証券取引

FXの一目均衡表の見方

FXの一目均衡表の見方
抵抗帯の厚さは、薄ければそれだけ過去の相場のしこりが少なく、抵抗帯を抜けやすくなり、厚ければ過去の相場のしこりが多く影響を受けやすい。 日本テクニカル分析大全 p.378

一目均衡表|波動・時間・水準の概念をもとに相場のバランスを分析


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/media/runcha-app.com/public_html/technical/wp-content/themes/technicalbook/content.php on line 4
-->

図解で分かる一目均衡表の見方

要するに、一目均衡表とは

一目均衡表をアプリで表示

DMM FX

DMM FXのスマホアプリで一目均衡表を表示 DMM FXのPCツール(DMMFX PLUS)で一目均衡表を表示

Trading View

TradingViewのスマホアプリで一目均衡表を表示 TradingViewのPCツールで一目均衡表を表示

SBI証券

SBI証券のスマホアプリで一目均衡表を表示 SBI証券のPCツールで一目均衡表を表示

MT5のスマホアプリで一目均衡表を表示 MT5のPCツールで一目均衡表を表示

一目均衡表計算式

一目均衡表の5つのライン

一目均衡表の5つのライン

上の画像のように、一目均衡表は「基準線」「転換線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の5つのラインで構成されます。

先行スパン1と先行スパン2に囲まれている部分は、「雲」と呼ばれる重要なゾーンです。

★画像挿入【alt:一目均衡表の計算式】
「・基準線:(直近26本における最高値+最安値)÷2
・転換線:(直近9本における最高値+最安値) ÷2
・雲:先行スパン1と先行スパン2の間
-先行スパン1:(基準線+転換線)÷2を26本先※に記入
-先行スパン2 (直近52本における最高値+最安値)÷2を26本先※に記入
・遅行スパン :終値を26本前※に記入
※その足を含めます。」
分かりやすくなるよう割り算は分数で表記ください。

一目均衡表の計算式

一目均衡表の計算式

基準線:(直近26本における最高値+最安値)÷2
転換線:(直近9本における最高値+最安値) ÷2
雲:先行スパン1と先行スパン2の間
先行スパン1:(基準線+転換線)÷2を26本先に記入
先行スパン2 :(直近52本における最高値+最安値)÷2を26本先に記入
遅行スパン :終値を26本前に記入

しかし、一目均衡表の場合、先行スパン1、先行スパン2を未来にスライドさせて表示し、遅行スパンを過去にスライドさせて表示しています。

過去と未来にラインをスライドさせることで、 過去と現在、現在と過去の関係を見られる 点が、一目均衡表の面白いところです。

一目均衡表計算式の意味

一目均衡表の基準線の意味

一目均衡表の基準線の意味

基準線が意味するのは、直近26本における最高値と最安値の半値です。

つまり、基準線は白い四角で囲まれた期間に取引されたレートの真ん中ということで、 中期的な相場水準 FXの一目均衡表の見方 とみなすことができます。

そのため、トレンド発生時において、基準線は 調整時における限界ライン としての意味合いも持つことになります。

一目均衡表の転換線の意味

一目均衡表の転換線の意味

転換線が意味するのは、直近9本における最高値と最安値の半値です。

基準線と持つ意味はほぼ同じですが計算期間が9本と短く、より 短期的な相場水準 を示すラインと言えます。

雲(先行スパン1と先行スパン2)

一目均衡表の雲(先行スパン1と先行スパン2の間)の意味

一目均衡表の雲(先行スパン1と先行スパン2の間)の意味

雲は、先行スパン1と先行スパン2の間のゾーンで、もともとは「抵抗帯」と呼ばれていました。

先行スパン1

先行スパン1は上の画像において太緑線で示していますが、基準線と転換線の中値をそのローソク足を含む26本先に表示したものです。

中期の基準線と短期の転換線の真ん中ということで、意味合いとしては 短中期の相場水準 を示したものと考えればいいでしょう。

先行スパン2

先行スパン2は上の画像において太薄赤線で示していますが、直近52本の最高値と最安値の半値をそのローソク足を含む26本先に表示したものです。

52本のローソク足の真ん中の価格水準ということで計算期間が最も長く、 長期的な相場水準 を示したものということになります。

このことから、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた雲は 中短期から長期においてチャートが推移した中心となる範囲 を意味していることが分かります。

チャートは過去に取引が行われた金額を示しているため、この期間において取引した人のポジションはこの価格帯を中心に存在していると言うことができるでしょう。

これを26本先に記入することで、将来において重たい相場になりやすいチャートの領域をあらかじめ予見しようとしたと解釈できます。

この場合、このゾーンで取引した人のポジションが相場に大きく逆行されたまま取り残され、大きな相場のしこりとってより強い抵抗帯を作り出すことが想定されます。

抵抗帯の厚さは、薄ければそれだけ過去の相場のしこりが少なく、抵抗帯を抜けやすくなり、厚ければ過去の相場のしこりが多く影響を受けやすい。

FXの一目均衡表の見方 日本テクニカル分析大全 p.378

遅行スパン

一目均衡表の遅行スパンの意味

一目均衡表の遅行スパンの意味

一目均衡表の見方と使い方 “最強”雲チャートとは

一目均衡表 見方

一目均衡表 見方 5つの線

<一目均衡表>

<一目均衡表の3つの理論>
波動論
水準論
時間論

一目均衡表の転換線と基準線の見方(好転・逆転)

最初にご紹介するのは一目均衡表の転換線と基準線です。

一目均衡表の転換線とは、当日を含む過去9日間の最高値と最安値の平均値を当日に描き出したラインです。

一目均衡表の基準線とは、当日を含む過去26日間の最高値と最安値の平均値を当日に描き出したラインです。

副管理人アイコン

管理人アイコン

転換線と基準線はそれぞれの方向性を重視することを前提にします。
(右上がりか、右下がりか)

そして、転換線・基準線・実線(ローソク足終値)の位置関係から、相場の需給バランスを判断して今後の値動きを予測することになります。

転換線 基準線

「好転」
・基準線の下にあった転換線が、基準線を上回ることを「好転」といい、上昇転換シグナルとみなす。

「逆転」
・基準線より上にあった転換線が、基準線を下回ることを「逆転」といい、下落転換シグナルとみなす。

「押し目買いと戻り売り」
・上昇トレンドの場合、一時的な下げがあっても基準線が「押し目」の限界と考えられる。

転換線が基準線より上 ⇒ 買い場

転換線が基準線より下 ⇒ 売り場

副管理人アイコン

一目均衡表と雲 先行スパン1と先行スパン2の見方

一目均衡表の2本の先行スパン(先行スパン1と先行スパン2)の見方を解説します。

一目均衡表の先行スパン1とは、転換値と基準値の平均値を、当日を含む26日先に描き出したラインです。

一目均衡表の先行スパン2とは、当日を含む過去52日間の最高値と最安値の平均値を、当日を含む26日先に描き出したラインです。

副管理人アイコン

先行スパン1と先行スパン2の間にはさまれた部分を「抵抗帯」と呼び、雲みたいに見えることから、通称「雲」とも呼ばれています。

先行スパン

「トレンドの見方」
ローソク足が一目均衡表の雲より上にあるとき、上昇トレンドとみなす
ローソク足が一目均衡表の雲より下にあるとき、下降トレンドとみなす

「一目均衡表の雲の見方、使い方」
上昇トレンドでは、株価が反落したときに雲が下値支持(FXの一目均衡表の見方 サポート)となる
下降トレンドでは、雲が上値抵抗(レジスタンス)として作用する

つまり、雲を突破(ブレイク)する場合、トレンド転換を意味する。

一目均衡表 トレンド転換

一目均衡表の雲の「ねじれ」はトレンド転換サイン

なぜなら、雲のねじれはトレンド転換となるからです。

雲のねじれとは、先行スパン1と先行スパン2が交差する局面をいいます。

雲のねじれ

<雲のねじれ>

副管理人アイコン

一目均衡表の遅行スパン(遅行線)

一目均衡表の遅行スパン(遅行線)の見方と使い方を解説します。

一目均衡表の遅行スパン(遅行線)とは、当日終値を、当日を含む26日前にさかのぼって描き出したラインです。

遅行スパン(遅行線)

遅行スパンは、均衡表の26日前と現在の価格を比較したインジケーターで、ローソク足と並行するラインとなります。

「遅行スパンと現在株価の位置関係」
現在の株価と遅効スパンには26日のタイムラグがあります。

つまり、遅行スパンと現在株価の関係は、現在株価のトレンドを表示していることになります。

「遅行スパンの好転」(買いサイン)
遅行スパンが26日前の株価を上回ることを「遅行スパンの好転」といいます。

「遅行スパンの逆転」(売りサイン)
遅行スパンが26日前の株価を下回ることを「遅行スパンの逆転」といいます。

「遅行スパンと25日移動平均線はリンクしている」
遅行スパンの好転するタイミングは、25日移動平均線(25MA)FXの一目均衡表の見方 が上向くタイミングと一致する特徴があります。

遅効スパン

一目均衡表とは

ボリンジャーバンドやMACD、RSIなど、ほとんどのテクニカルツールが価格(株価)の変動を重視するのに対し、一目均衡表では「時間」を最も大切にしています。

一目均衡表の原著は「一目均衡表」(1969年)、「一目均衡表 完結編」「一目均衡表 週刊編」(1971年)など全7巻となっています。

一目均衡表 原著

<一目均衡表の原著「一目均衡表 完結編」>

一目均衡表を使いこなせばFXはラクに稼げる!

一目均衡表を使う個人投資家からFXの稼ぎ方を学ぶ!
FXだけでなく、投資の世界で広く使われるテクニカル指標「一目均衡表」。 FXの一目均衡表の見方
このテクニカル指標を使ってFXで勝てるようになりたい!
本書はそれを実戦から学べるよう、
一目均衡表を武器に成功した投資家にその秘訣を取材してまとめました。
入門書だけではわからない実戦の一目均衡表の使い方がわかります!

Chapter.1
稼いでいる人が
一目均衡表で見るポイント

なぜ稼いでいる人は一目均衡表を使うのか 同じ一目均衡表なのになぜ負けるのか 初心者は一目均衡表をどのように見ればいいのか 雲のどこで反発するかはわからない
他のテクニカル指標との組み合わせ

Chapter.2
成功投資家たちの
一目均衡表のパーツの見方

向山茂さんの手法②「雲ブレイク手法」
RSIでイグジットタイミングを計る
向山茂さんのの儲けるためのテクニック FXの一目均衡表の見方
坂井泉さんの手法①「雲反発手法」
3つのイグジット基準を把握する
坂井泉さんの手法②「雲ブレイク手法」
イグジットはRCIと雲が基準
坂井泉さんの儲けるためのテクニック

花輪拓馬さんの手法「MACDクロス手法」
MACDを使ったふたつのイグジット基準
失敗判断はローソク足の動きを見る
花輪拓馬さんの儲けるためのテクニック

加藤淳也さんの手法②「大きな波動手法」
基準線でイグジット判断をする
加藤淳也さんの儲けるためのテクニック

三輪圭史さんの手法②「好転・逆転手法」
転換線と基準線がクロスしたらイグジット
三輪圭史さんの儲けるためのテクニック

米国の利上げによる円安
米国株価急落による円高
急激な下降トレンド
北朝鮮による地政学リスクで円高
英国の前倒し選挙による急騰&急落
米国株相場の急落による円高相場
トランプ大統領の失言による円安相場
日銀のマイナス金利導入による動き
米大統領選による急変動
英国国民投票によるEU離脱

9784866365695

2022年版 株の稼ぎ技 短期売買

9784866365664

9784866365701

9784866365589

9784866365510

9784866365466

9784866365350

9784866365428

9784866365275

9784866365244

Copyright © standard All Right Reserved. This site is protected by reCAPTCHA and the Google FXの一目均衡表の見方 Privacy Policy and Terms of Service apply.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる