外国為替取引

ロスカットと追証

ロスカットと追証
0120-63-0727

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

ストップ安は違うでしょ(^^;
それ以上約定を許すと値が下がり放題になっちゃうから
一旦注文全てを通さないようにすること。
ロスカット注文自体できなくなるってことだよ(^^;
(為替にはストップ安なんて無いけど)

で、強制ロスカットになっても口座は閉鎖されないよ。
残高がごっそり減った状態で放置される。

強制ロスカットの上に追証になる可能性もゼロではない。
緊急事態の相場急変や週明けの窓明け等で
ストップ注文から遥かに離れた値位置で約定してしまうと
こういう事態に陥ることになる。 ロスカットと追証

例えば口座に10万あって、ドル円80のときレバ50で5枚買ったとする。
このとき必要証拠金は80×5万÷50=8万円。
10万のうち8万を維持証拠金として拘束され、余剰金2万。
5枚建てた時の損益は相場が1円動くと5万円なので
通常は40銭下がったら余剰金の2万を食いつぶして、そこでロスカット。
ところが週末に何かの事件が起きて
週明け2円のギャップダウンで始まって、さらに下げ続けたとする。
このときロスカットは40銭下ではなく始値である2円下で発動する。
(ここが株とは違う所)
上にも書いたが5枚の損益は1円動くと5万なので
2円動いたら10万、余剰金も維持証拠金も食いつぶして
口座スッカラカンでロスカットとなる。
これは運良く2円下で約定出来た場合。更に約定が遅れると
(売りストップ注文はそのレベルを下回ったら成行で発注される)、
今度は顧客から決済に不足している分を差し入れないと
取引を終えられないことになる。
これが追証。

こういう相場急変は年に2~3回は起きている。
追証の可能性は低いけどゼロではないと認識してFXに臨むべし。
8月からは最大レバ25となり
10万でドル円5枚も買えなくなるけど
維持証拠金分も吹っ飛ばすような
ギャップが起これば理屈は同じ。

リーマンショック後に追証の話は随分沢山ありましたね。
私は追証の逆というか、大きな窓が開いて指値より300pips以上儲かっちゃた
事がありました。追証は本当にあるんだろうなと思いましたね。

嘘回答があると、通り過ぎることができませんね。
通常は、
損失が証拠金以内で収まるように業者側が強制的に反対売買を行います。
これが俗に言う、強制ロスカットです。

これは、顧客の損失を守るためというより、業者のリスクを抑えるためと思ったほうがいい。
というのも、顧客が口座資金以上に損失を出した場合、回収できないリスクが高いから。

ところが
業者が(もしくは自分でもいいが)、
強制的にロスカットをしたくとも
約定しない! という恐ろしいことがありうる。
実際、異常な速さの暴落だったら約定しないよ。

また、値が飛びすぎて、
ロスカットしたいレートじたいが存在しないということもある。
週もちこして、窓が大きくあけばありうるね。

約定したはいいが、その瞬間のスプレッドが100銭を超えていたというようなことも現実にある。それによって証拠金以上のマイナスになる可能性はあるね。

FXの追証なんて、現実に起こってた話。

だからレバ規制だろ?
最高レバ(業者レバ)を下げれば、必要証拠金が多くなるからそうそう追証にはならんからね。
ぶっちゃけレバ規制は業者を守るためなんだよ。 ロスカットと追証

ばーかmacfxgbphawaii 勉強中なら回答すんな。

口座の閉鎖基準は、どー考えても会社によって違うだろうが、口座が「0未満」じゃなけりゃ問題ないだろ。(取引しないと口座維持費かかるところもあるが←払わなかったら口座なくなる)

>強制的にロスカットされると非難の声がありますが
ってのは、
証拠金内でまだまだ耐えられたのに、それより前にロスカットされると嫌な人もいるだろ。カットされた後に相場が戻れば損しただけってことになるからな。

FXでは追証なんてありませんよ。

FX業者の口座に入れた証拠金の範囲内でしか、トレードも出来ませんし

損失も口座の証拠金の範囲内です。

業者によって多少の違いは有りますが、

運悪く強制ロスカットになった場合も、預けた証拠金の約2割程度の金額が口座に残る場合が有ります。

これは、業者のロスカット規約に「維持率」というのがあって、その規定のパーセンテージによって違ってきますが

強制ロスカットされたとしても、少々の金額が口座に残る場合が多いです。

ですから、口座が閉鎖に成る事もありませんし、預けた証拠金以上に「追証」を要求される事もありません。

もしも心配でしたら、実際に口座をパンクさせてみればよいのですが・・・

現実のお金で試してみる訳にはいきませんから、

デモ取引で意図的に「無茶」をやって

口座をパンクさせてみればよく分かるはずです。

FXはレバレッジがきいて「危ない」とよく言われていますが、

ドルや円やユーロが、株式証券の様に「紙くず」に成る事も絶対にありませんから、とっても安全な投資だと僕は思っています。



『追記』

dumbolovesyouさんへ

>これは、顧客の損失を守るためというより、業者のリスクを抑えるためと思ったほうがいい。
>というのも、顧客が口座資金以上に損失を出した場合、回収できないリスクが高いから。

と、ご自分で回答なさっていらっしゃるように 業者は自分のためですから、追証という事態を避けます。

「回収できないリスクが高い」わけですから、週明けの飛んだ値段で損失が出た形になったとしても、後日には業者自身がロスカット内に「ロスカット値を修正」が行われます。

実際の問題として、つい先日、東北大震災の後の「円の史上最高値」の時には

口座を飛ばしてしまった投資家の方が、日本中で多数でましたが

dumbolovesyouさんのまわりで「追証」を取られたとか、要求されたと言うことがありますか?

実際には、口座を飛ばしてしまった方達の口座は、ポジションが解消されていて、口座は閉鎖されずに、ほんの少しのお金が残っているという状態になるだけです。

そして、業者は、その口座に顧客がまた新たな入金をして、新しい取引を始めてくれることを期待するわけですね。

その方が業者にとっても結局は得なんですね。



『追記』

hamamatsu238さんへ

確かに、どの業者だって万一のために「約款」には書いてあるでしょうし、取れるものなら取りたいと思っているでしょうから

「追証」というシステムは存在しています。

しかし、上にも書きましたとおり、つい先日の大震災直後に起こった「円の史上最高値」の時には

各業者さんの口座数が大幅に減りました。

これは沢山の人達の口座が、急激な変動によって跳んでしまったことを表していますが

その人達が今、追証の支払いを業者から迫られているという話しは聞いたことがないでしょ。

添付していただいたURLの件は、株式なのかFXなのかがはっきりしませんが、たぶん株式での事でしょう。

株式の場合には「追証」は日常茶飯事で起こっていると考えられますからね。

少なくとも僕の6年間のFX経験上では

僕自身にも、僕の回りでも、好意にしていただいているFXトレーダーさんたちの間でも

口座を飛ばした事によって、追証を迫られた事は誰もありません。

また、その口座が閉鎖された事もありません。

わずかな金額が口座に残っているだけで終わりです。




『追記』

hamamatsu238さんヘ

これ以上、水掛け論を続けても仕方が無いのですが・・・・まあ、いいでしょう。

折角貼っていただいた「百万円の追証の例」ですが・・・・変だ?と気付きませんか。

hamamatsu238さんもはFXをご存知なら

どんな通貨を、どのくらいの量のポジションを持ったら・・・

端数もなくピッタリ1000000円の追証が発生するのか?を冷静に考えたら分かると思いますよ。

何度も書きますが

今までの「実際の経験上」で

個人投資家の方が、「業者の価格操作によって証拠金を取られた」という理由で、業者と争ったり、裁判に訴えた例はいくつも知っていますが

反対にFXの業者が投資家に追証を請求してきたり、裁判に訴えたりした例を見た事も聞いたこともありません。

また、業者のロスカット・システムが機能しないで証拠金以上の損失が出た場合には

過去の裁判例でも個人投資家が勝っています。

そのことを業者はもちろん知っていますから、この場合の「追証請求」というのも実際にはありません。

昔は、とんでもなくいかがわしいFX業者が居て、インターバンクに取次ぎもせず「のみ行為」をして、客に大きな損害を負わせて「取り立てる」なんて事もありましたが

今は、そんな事は皆無になりましたよ。

0120-63-0727

よくある質問 Q&A

カテゴリーから探す

店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。

当社の取扱う店頭CFD取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、原資産の価格の変動や為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や金融市場、為替相場の変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、流動性が低下している状況では、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。また、株価指数、ETF(上場投資信託)、ETN(指標連動証券)を原資産とするCFD取引は、金利調整額(買建玉を保有している場合は支払い、売建玉を保有している場合は受取り)が発生しますが、金利調整額は、金利水準が各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映するため変動するので、売建玉を保有している場合でも、マイナス金利となる際は、当社への支払いとなります。加えて、配当金・分配金の各権利確定日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、これらの権利調整額が建玉に発生します。一般に権利調整額は買建玉を保有している場合は受取り、売建玉を保有している場合は支払います。一方、原資産となる株価指数自体が配当金を考慮している指数の場合等は、使用するリクィディティプロバイダーによっては、権利調整額は売建玉を保有している場合は受取り、買建玉を保有している場合は支払います。この他、商品先物を原資産とするCFD取引は、当社が定める日の未決済ポジションに対して当社が定めた価格調整額が発生します。原資産にコーポレートアクションが発生した場合は、当社は決済期日を定めた上で新規取引を停止する場合があります。建玉を決済期日までに決済されなかったときには、当該建玉は当社の任意で反対売買により決済されます。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、原則、想定元本(基準値×1.1×取引数量×1Lotあたりの取引単位×円転換レート)× 株価指数CFDの場合10%・債券CFDの場合2%・その他有価証券CFDの場合20%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、それぞれ最大10倍・50倍・5倍となります。

FXのロスカットとは?取引をする上で重要な意味が!

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 ロスカットと追証 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 ロスカットと追証 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 ロスカットと追証 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FXの基礎知識

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

ロスカット

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる