無料オンラインコース

先物価格強度分析

先物価格強度分析

米国小麦先物 取引 - 7月 2022 (ZWN2)

執筆:Noreen BurkeInvesting.com -- 先物価格強度分析 米連邦準備制度理事会(FRB)は、40年ぶりの高水準で推移しているインフレとウクライナ戦争から生じる経済不安という.

執筆: Barani KrishnanInvesting.com -- 先週、「クレイジー・コモディティ」の世界は、資源業界の2大マクロ資産である原油と金がともにパラボリックな動.

執筆:Barani KrishnanInvesting.com -- Vが市場に戻ってきた。もちろんVとはボラティリティのことである。原油、天然ガス、金、プラチナ、小麦、トウモロ.

米国小麦先物 分析

テクニカルサマリー

米国小麦先物 口コミ

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

「last price」を日本語に翻訳する

The Regular Contract is not quoted by the index, and the profit and loss in the market are calculated by the last price.

Purchasing History Purchasing lets you review your purchase price history information to help you source your items better. You can either review all historical prices for a particular item or the last prices you paid for a specific item by quantity. You can review the detailed information of the purchase order corresponding to this last price.

購買履歴 Oracle Purchasingでは、購買価格履歴情報をレビューして品目のソースを改善できます。特定品目の過去の価格をすべてレビューするか、または特定品目に対して支払った前回価格を数量別にレビューできます。この前回価格に対応する発注の詳細情報をレビューできます。

Both the Regular Contract and USDT Contract use USDT as the underlying asset, quote, and settlement currency. The price of the contract 先物価格強度分析 will be formed entirely by the market price mechanism. Instead of using the index, the profit and loss will be calculated using the last price.

Purchasing automatically updates the item history table when you print your purchase order for each revision. Purchasing records the item, supplier, quantity, unit of measure, price, and purchase order number. This information is available when you view last price and history: Overview 先物価格強度分析 先物価格強度分析 of the Supplier Item Catalog.

Each BitMEX index price is calculated 先物価格強度分析 先物価格強度分析 as a weighted average of the Last Price for each constituent exchange.

Results Real Time Analysis of Market Data from Various Perspectives Not only the tool provides equities price board with multiple order book 先物価格強度分析 and market data display, various information such as bid/ask market trend or buy pressure trend that cannot be acquired from regular market data such as last price.

得られた成果 マーケットの情報をさまざまな視点でリアルタイム分析 板と価格情報が小さくまとまった株式価格表を並べて、複数銘柄の値動きをチェックできるのはもちろんのこと、買いと売りの強さがわかる株式同一気配約定情報や当日の買い圧力がわかる株価強度分析など、現在値だけでは読み取ることのできない情報も充実しています。

ToSTNeT Market | Japan Exchange Group Investors are able to trade the minimum trading unit or more of a single stock with a designated counterpart (a trading participant) within 7% above or below the last price in the auction market (in case the amount obtained by multiplying the last price in the auction market by 7% is below JPY5, the range will be JPY5 above or below the last price in the auction market).

先物価格強度分析

非鉄金属の価格が上昇傾向にあります。
中国の経済拡大、欧米ではワクチン接種の進展による新型コロナウイルス感染症からの景気回復などで、需要が増加していることが背景となっています。
銅のほか、ニッケルやアルミなどへの市況関連株への関心も高まってきています。
電気自動車(EV)などに使われることも追い風となっています。

ロンドン金属取引所(LME)の銅の価格は昨年から上昇が継続し、5月7日には2011年2月の最高値1万190ドルを10年3か月ぶりに更新しました。
一時は1万400ドル台になり、新型コロナ影響で需要が激減した20年3月の4,371ドルと比べて2.4倍となっています。
銅価格は景気の動向を占う上での判断材料となることから「ドクター・カッパ―(銅)」と呼ばれています。
銅以外にもニッケルやアルミ価格なども上昇傾向にあります。

大手調査機関によれば、銅、ニッケルともに世界の需要のうち約5割が中国と推計されています。
また、アルミの比重は鉄の3分の1程度と軽量で、かつ軟らかいという特徴があり、生活に欠かせない金属です。

世界的に脱炭素の動きが加速する中で、特にEV向けの需要が増加している面も見逃せません。
EVはガソリン車に比べてモーターなどに3倍強の銅を使うとされています。
蓄電池には鉛やニッケルが不可欠です。
EVはバッテリーが重くなるため、車体を軽くするためにアルミの使用も増えるとみられています。

市況の上昇は関連企業にとって、業績面からのメリットになる可能性があります。

住友金属鉱山(5713)

金、銅、ニッケルを扱う非鉄金属の大手。
資源開発や製錬に強みがあります。
自らも鉱山権益を所有しており、非鉄金属の市況上昇の恩恵を受けやすい。
リチウムイオン電池の正極材料も手がけています。
国内唯一の大規模金山である菱刈金山を保有しています。

住友金属鉱山(5713)

三菱マテリアル(5711)

非鉄金属の総合首位。
銅、アルミ、加工、電子材料などが柱です。
伸銅品では国内トップシェアを誇ります。銅は青蘭事業のほか、チリやインドネシア、カナダの鉱山に出資しています。
ペルーでも探鉱中。
新鉱山の開発をさらに進める方針のようです。

三菱マテリアル(5711)

大平洋金属(5541)

ニッケル合金やステンレスの原料であるフェロニッケル精錬で国内首位。
世界でも有数の存在です。
ニッケル鉱石をフィリピンやニューカレドニアから仕入れ、フェロニッケルを生産。
国内やアジアのステンレスメーカーに販売しています。
フィリピンに保有するニッケル鉱山の権益は持ち分法利益に貢献します。

大平洋金属(5541)

日本軽金属ホールディングス(5703)

アルミニウムの総合メーカーで世界の大手。
圧延、加工、販売までを一貫して手掛けています。
中国やインド、東南アジアなど海外でも展開しています。
自動車の軽量化ニーズが増加傾向にあります。
リチウムイオン電池向け箔も好調なようです。

日本軽金属ホールディングス(5703)

アルコニックス(3036)

非鉄金属原料の専門商社。
アルミ、銅、ニッケルなどの原料のほか、各種半製品を自動車や電機メーカーなどに納入しています。
レアメタルやレアアースの輸入にも強みがあります。
09年に金属加工メーカーを買収し、製造業にも進出しています。

出来高・価格分析の実践チャート入門|FX中級者向け書籍

本書は、アナ・クーリングの著した“Stock Trading & Investing Using Volume Price Analysis : Over 200 Worked Examples”の邦訳である。クーリングの訳書としては、2014年に刊行された『出来高・価格分析の完全ガイド――100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす』(パンローリング)がすでにあり、価格と出来高の関係を理解する解説書として好評を得ている。これから出来高を使った市場分析を始めようとする読者は、まずここから読み始められることをお勧めする。本書は前著の事例集といった位置づけにあり、205のチャートについて1つひとつ読み方が解説されている。

アナ・クーリングによる序文

はじめに

株式やETF(上場投信)の場合、これは取引所を通じて報告される出来高を意味する。先物の場合、先物の出来高を意味し、直物為替の場合はティックの動きによるプロキシボリュームが使われる。最近では仮想通貨取引というものも出てきたが、この取引は正式な取引所はなく、さまざまな取引所で扱われている。仮想通貨の出来高は市場にいる買い手と売り手の数を表し、ワイコフの第一法則(需要と供給の法則)が反映される。これについては私の最近の著書の1つである『インベスティング・アンド・トレーディング・クリプトカレンシー・ユージング・ボリューム・プライス・アナリシス(Investing & Trading Cryptocurrencies Using Volume Price Analysis)』で詳しく説明しているので参照してもらいたい。同書はアマゾンで入手可能だ。

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved."OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are owned by OANDA Corporation.
All other trade marks appearing on 先物価格強度分析 先物価格強度分析 this Website are the property of their respective owners.

ネット証券会社のトレードツールをランキング

ネット証券のトレードツールランキング

SBI証券の「HYPER SBI(ハイパーエスビーアイ)」は、テクニカル指標は70種類以上表示させることができ、スクリーニングは120種類以上の要素から絞り込むことができるなど、分析機能が非常に充実しています。そのため独自の取引手法でトレードしてみたいという場合にも非常に便利です。
また20のカテゴリに分類されたニュース欄や、個別銘柄のページから画面移動することなくアクセスできる会社四季報や株主優待レポートなどがあるため情報収集にも便利で、じっくり分析してトレードしやすくなっています。

取引ツール機能紹介

先物価格強度分析 先物価格強度分析
ツール名 MARKETSPEED
テクニカル表示 21種類
数値設定 全てのテクニカルに適用可能
比較 銘柄・指数を最大4銘柄比較(スプレットの場合は2銘柄)
複数同時表示 4
同時閲覧可能銘柄 海外指標や為替情報も可能
チャートタイプ5種類
チャートタイプ詳細 ローソク足・平均足・ポイント&フィギュア・新値足・逆ウォッチ曲線
発注関連 右クリックより発注画面へ遷移
描写ツール 5
板をダブルクリックで注文画面へ, ドラッグ&ドロップで注文できる武蔵, 信用取引でワンクリックで注文できるエクスプレス注文などがある
画面カスタマイズ マイページは, マーケットスピードのほとんどの画面を, 自由にレイアウトが可能。最大10画面まで表示可能。15ページ分設定が保存できます。
フォントの大きさ変更 7段階に変更可能
その他特徴[1] 74万人以上の利用実績
その他特徴[2] 楽天RSSによる, 株価データをEXCELでの独自管理
その他特徴[3] 20種類以上のテクニカルチャートは勿論, コメントの書き込みやオリジナルのアイコンを配置し登録しておくことができる
環境 ダウンロード型 アプリケーション
対象OS/ブラウザ 【OS】
Windows 8.1, 10 , 11【ブラウザ】
Internet Explorer 11以降, Microsoft Edge
利用料・条件 無料

洗練されたレイアウトにアルゴ注文を含めた高機能が魅力。楽天証券の「MARKET SPEEDⅡ」

楽天証券の取引ツール「MARKET SPEEDⅡ」は、豊富な情報と便利なトレード機能で、初心者からアクティブトレーダーまで投資家のトレードをサポートしてくれます。
アルゴ注文」では事前に登録した条件を満たした時に自動で注文が発注されます。様々な種類のアルゴ注文を備えており、これらを活用することで、日中は忙しくて相場をチェックできない方でも安心してトレードを行うことができます。また、個別銘柄情報は1画面にまとまっており、発注や保有状況の確認も同画面からできます。さらに、指定した指数や為替の現在値やチャートも表示させることも可能です。
その他にも、「ザラバ情報」や板発注ツールの「武蔵」など便利な機能が用意されています。

auカブコム証券

取引ツール機能紹介

ツール名 kabu STATION
テクニカル表示 27種類
数値設定 全てのテクニカルに設定可能
比較 ×
複数同時表示 全てのテクニカルを同時表示可能
同時閲覧可能銘柄 指数や為替情報も可能
チャートタイプ 4種類
チャートタイプ詳細 ローソク足・ライン・新値足・P&F
発注関連 チャートのレートをクリックすることにより, その値段にて指値発注が可能
描写ツール 11
先物価格強度分析
板に数量を入力してダブルクリックで発注可能。スピード重視ならオススメ
画面カスタマイズ 枠まではずして自由に配置可能。サンプルテンプレートあり。
フォントの大きさ変更 5段階に変更可能(小・中・大・特大1・特大2)
その他特徴[1] 各種情報画面からクリックした指値で発注画面が開きます。キーボード操作だけで発注することも可能。
その他特徴[2] 新高値/安値更新銘柄やストップ高/安更新銘柄がリアルタイム自動更新で表示
その他特徴[3]
環境 ダウンロード型 アプリケーション
対象OS/ブラウザ 【OS】Windows8.1以上
【ブラウザ】Chrome 最新版, Microsoft Edge 最新版, Internet Explorer 11
利用料・条件 【無料利用条件】初回お申込の場合, お申込日の翌々月第1営業日までは無料
1)お取引における前月の約定回数が1回以上の場合
2)お申し込み日の前営業日(継続利用は前月末)のお預かり資産が100万円以上
前月に信用・先物OP・FX(シストレFX・店頭・大証・くりっく365)・取引所CFDのいずれかの口座を新たに開設した場合
【通常価格】990円/月額

豊富な注文方法で状況に応じて使い分け。無駄のない快適な取引を

auカブコム証券の「kabu ステーション」では、通常の成行注文や指値注文に加えて、値動きに合わせて逆指値を自動修正してくれる「トレーディングストップ」や時間を指定して注文ができる「時間指定注文」など、様々な状況に応じて使い分けることができ、痒い所に手が届く豊富な注文方法を搭載しています。
「忙しくてマーケットの状況をいちいち確認できない」というような方も、予め決めておいた設定から自動で注文してくれるため、無駄のない快適なトレードが実現できます。

取引ツール機能紹介

ツール名 ネットストック・ハイスピード
テクニカル表示 32種類
数値設定 全てのテクニカルに適用可能
比較 同時に5銘柄まで比較可能 ※但し下に並べるだけのため, 変化率などはわからない
複数同時表示 全てのテクニカルを同時表示可能
同時閲覧可能銘柄 個別銘柄のみ(別ウィンドウでは日経225先物や各種指数が確認可能)
チャートタイプ 12種類
チャートタイプ詳細 ローソク足(通常・変形)・バーチャート(4本値・高安終)・ライン・ローソクボリューム・エクイボリューム・P&F・カギ足・練行足・新値足・逆ウォッチ曲線
発注関連
描写ツール 26
先物価格強度分析
1画面にて発注枚数登録から板値段をダブルクリックで発注可能。また訂正もドラック&ドロップで完了。一括取り消しボタンもあり。板発注機能としては◎
画面カスタマイズ 最初からいくつかパターンが用意してあり, 初心者に優しい。
フォントの大きさ変更 4段階に変更可能(小・標準・大・特大)
その他特徴[1] 標準の画面として簡単な操作で使用できる「株式Trading Center」画面はすっきりした画面でわかりやすい
その他特徴[2] 新高値/安値更新銘柄やストップ高/安更新銘柄, 先物価格強度分析 松井証券オリジナルのデイトレ適性ランキング銘柄がリアルタイム自動更新で表示
その他特徴[3] 発注時のクリック方法を「ダブルクリック」から「シングルクリック」に切り替えることができ, よりスピーディな発注が可能。
環境 ダウンロード型 アプリケーション
対象OS/ブラウザ 【OS】 Windows 8.1, 10 【ブラウザ】Internet Explorer11, Microsoft Edge
利用料・条件無料

一瞬のチャンスも活かしやすい高速発注機能でストレスフリーなトレードが可能。

SBIネオトレード証券

取引ツール機能紹介

ツール名 NEOTRADE R
テクニカル表示 11種類
数値設定 出来高を除く全てのテクニカルに適用可能
比較 ×
複数同時表示 全てのテクニカルを同時表示可能
同時閲覧可能銘柄 個別銘柄のみ(別タブでは日経225先物や各種指数が確認可能)
チャートタイプ 12種類
チャートタイプ詳細 ローソク足, ローソク足-変形, バーチャート(始,高,安,終), バーチャート(高,安,終), ラインチャート, ローソクボリューム, エクイボリューム, ポイント・アンド・フィギア, カギ足, 練行足, 新値足, 逆ウォッチ曲線
発注関連 右クリックより板発注やIFD注文等に遷移(建玉ラインや注文ライン表示可)
描写ツール 9
先物価格強度分析
1画面にて発注枚数登録から板値段をダブルクリックで発注可能。注文一括取消はワンクリック対応。発注数量を自動入力調整する余力最大機能もあり。
画面カスタマイズ 枠まではずして自由に配置設定可能でカスタマイズ性が高い。また信用・先物・OPの切替がスムーズ。サンプルレイアウト3パターン用意。レイアウト情報はサーバー保存対応なので、どこからアクセスしても再現可能。
フォントの大きさ変更 3段階に変更可能(小・標準・大)
その他特徴[1] チャート上に表示期間中の最高値・最安値が表示される
スマホアプリ「NEOTRADE S」とお気に入り銘柄連携が可能。
その他特徴[2] 主に緊急時のリスク回避用として全銘柄の成行決済機能を搭載
その他特徴[3] 注文照会や残高一覧、チャート等でCSV出力対応。5パターンの銘柄連携機能により画面間の情報切替が高速
環境 ダウンロード型 アプリケーション
対象OS/ブラウザ 【OS】windows 8.1, 10
【ブラウザ】Internet Explorer 11, Microsoft Edge
利用料・条件 無料

シンプルなレイアウトで快適な操作が可能。SBIネオトレード証券の「NEOTRADE R」

SBIネオトレード証券の取引ツール「NEOTRADE R(ネオトレードアール)」は、基本機能が備わった取引ツールで、快適な操作性でスピーディなトレードをサポートしてくれます。
発注板画面では、板情報からダブルクリックで即発注でき、逆指値注文などにも対応しています。
チャート機能は初心者でも使いやすいように操作性を重視した設計になっています。テクニカルの登録などの主要な操作はチャート画面上に分かりやすく配置されているため、簡単に設定ができます。PC操作に慣れていない方でも安心ですね。

GMOクリック証券

取引ツール機能紹介

ツール名 スーパーはっちゅう君
テクニカル表示 31種類
数値設定 全てのテクニカルに適用可能
比較 同時に5銘柄まで比較可能 ※但し下に並べるだけのため, 変化率などはわからない
複数同時表示 全てのテクニカルを同時表示可能
同時閲覧可能銘柄 個別銘柄のみ(別ウィンドウでは日経225先物や各種指数が確認可能)
チャートタイプ 12種類
チャートタイプ詳細 ローソク足, ローソク足-変形, バーチャート(始,高,安,終), バーチャート(高,安,終), ラインチャート, ローソクボリューム, エクイボリューム, ポイント・アンド・フィギア, カギ足, 練行足, 新値足, 逆ウォッチ曲線
発注関連 条件設定で、ダブルクリックで注文可能
描写ツール 20
先物価格強度分析 先物価格強度分析
1画面にて発注枚数登録から板値段をダブルクリックで発注可能。また訂正もドラック&ドロップで完了。一括取り消しボタンもあり。板発注機能としては◎
画面カスタマイズ 最初からいくつかパターンが用意してあり, 初心者に優しい。
フォントの大きさ変更 3段階に変更可能(小・中・大)
その他特徴[1] 買いと売りの強さが分かる「株式同一気配約定情報」と当日の買い圧力がわかる「株価強度分析」が便利
その他特徴[2] フル板の標準実装
その他特徴[3]
環境 ダウンロード型 アプリケーション
対象OS/ブラウザ 【OS】 : Windows 8.1, 10 , 11
【メモリ】
512MB以上
利用料・条件 無料

フル板情報搭載の注文特化ツール「スーパーはちゅう君」

取引ツール機能紹介

先物価格強度分析
ツール名 DMM株 PRO+
テクニカル表示 34種類
数値設定 全てのテクニカルに適用可能
比較 銘柄・指標・指数を最大3銘柄比較
複数同時表示 全てのテクニカルを同時表示可能
同時閲覧可能銘柄 個別銘柄以外にも国内主要指数も選択可能
チャートタイプ4種類
チャートタイプ詳細 ローソク足, ライン, 折れ線, ポイント&フィギュア
発注関連
描写ツール 10
先物価格強度分析
1画面にて発注枚数登録から板値段をダブルクリックで発注可能。1クリックで注文可能な「ワンクリック発注モード」もあり。
画面カスタマイズ 最初からいくつかパターンが用意してある。枠まではずして自由に配置可能。画面テーマ色も変更可能。
フォントの大きさ変更 4段階に変更可能(小・中・大・特大)
その他特徴[1] 各種情報画面からクリックした指値で発注画面が開きます。
その他特徴[2] 新高値/安値更新銘柄やストップ高/安更新銘柄がリアルタイム自動更新で表示
その他特徴[3] MAC対応
環境 ダウンロード型 アプリケーション
対象OS/ブラウザ 【OS】Windows:8.1, 10, 11 / Macintosh:10.12以降
【メモリ】4GB以上
利用料・条件 無料

操作性と機能性を兼ね備えた「DMM株 PRO+」。

DMM株の「DMM株 PRO+」は、直感的に操作がしやすい表示と多様な注文・チャート機能が魅力の取引ツールです。
注文機能では、新規注文時に利益確定と損切の注文を同時に発注する「IFD-OCO注文」やトレード板画面からワンクリックで発注する方法などの効率的な注文方法を備えています。
また、米国株式にも対応しており、人気の高い米国株を取引したい方にも非常にオススメです。
さらに、WindowsのみならずMacOSにも対応しているため、Macユーザーの方も必見ですね。

マネックス証券

取引ツール機能紹介

ツール名 マネックストレーダー
テクニカル表示 42種類
数値設定 ほぼ全てのテクニカルに適用可能
比較 銘柄・指数を最大5銘柄比較
複数同時表示 全てのテクニカルを同時表示可能
同時閲覧可能銘柄 指数や為替情報も可能
チャートタイプ 12種類
チャートタイプ詳細 ローソク足(通常・変形)・バーチャート(4本値・高安終)・ラインチャート・ローソクボリューム・エクイボリューム・P&F・カギ足・練行足・新値足・逆ウォッチ曲線
発注関連
描写ツール 14
1画面にて発注枚数登録から板値段をダブルクリックで発注可能。また訂正もドラック&ドロップで完了。一括取り消しボタンもあり。板発注機能としては◎
画面カスタマイズ 最初からいくつかパターンが用意してあり, 初心者に優しい。
フォントの大きさ変更 3段階に変更可能(小・標準・大)
その他特徴[1] 株式市況アラーム(ゴールデンクロスや大口約定など設定した条件をリアルタイムで更新)銘柄を表示してくれます。
その他特徴[2] 登録した銘柄リストのチャートをまとめて表示可能
その他特徴[3] ウェブ上のニュースや情報などのテキストから銘柄一覧を表示させ、銘柄リストに登録ができる
環境 ダウンロード型 アプリケーション(webでのログインが必要)
対象OS/ブラウザ 【OS】 : Windows 8.1,10
【メモリ】
512MB以上
利用料・条件 無料

初心者からアクティブトレーダーまで使える豊富な機能。

マネックス証券の取引ツール「マネックストレーダー」はメイン画面のレイアウトを自分好みにカスタマイズできるため、自身に最適なトレード環境を作ることができ、非常に自由度が高い取引ツールといえます。
一方で、初心者の方には自分で画面レイアウトを設定するのは難しいかもしれませんが、そのような方のために「Trading One(トレーディングワン)」画面が用意されています。「Trading One」では特定の銘柄の板情報やチャート、ニュースなどの様々な情報が一画面にまとまっており、同画面から注文もできます。つまり、1つの画面内でトレードが全て完結するようにデザインされています。
また、その他にも「リアルタイムランキング」や「株式市況アラート」などトレードに役立つ機能が満載です。

立花証券ストックハウス

取引ツール機能紹介

先物価格強度分析
ツール名 立花トレードリッチ
テクニカル表示 36種類
数値設定 全てのテクニカルに適用可能
比較 銘柄・指標・為替の中で最大5銘柄まで比較可能
複数同時表示 全てのテクニカルを同時表示可能
同時閲覧可能銘柄 海外指標や為替情報も可能
チャートタイプ5種類
チャートタイプ詳細 Tick, ローソク足, ライン, バーチャート, ログチャート, 平均足
発注関連
描写ツール 5
1画面にて発注枚数登録から板値段をダブルクリックで発注可能。
画面カスタマイズ 枠まではずして自由に配置可能。サンプルテンプレート含め最大20ページ分保存可能。
フォントの大きさ変更 9段階に変更可能
その他特徴[1] Fキーでテンプレートの切り替えが可能
その他特徴[2] 利食い・損切り時の変動アラート設定が可能
その他特徴[3]
環境 ダウンロード型 アプリケーション
対象OS/ブラウザ 【OS】 Windows8.1, 先物価格強度分析 先物価格強度分析 10(32/64bit) ※タッチパネルは対象外【ブラウザ】Internet Explorer 11
利用料・条件 無料

基本機能をしっかり抑えた取引ツール「立花トレードリッチ」

その他の初心者におすすめ証券会社の紹介

SMBC日興証券

IPO取扱い銘柄数業界トップ水準

信用取引手数料0円

アナリストレポート充実の投資情報

トレードツールNO.1はアクティブトレーダーが絶賛する機能充実ツール「岡三ネットトレーダー プレミアム」の岡三オンライン。2位は機能の高さと使いやすさが両立したSBIの「HYPER SBI」でした。松井証券・マネックス証券・GMOクリック証券・SBIネオトレード証券などはトレードツール提供無料などで差別化を図っておりお財布にも優しいですね。投資ツールの活用で運用成績をアップさせましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる