概要

バイナリー オプション 凍結

バイナリー オプション 凍結
HighLow オプション取引が違法である法域における取引。
顧客が意図するところを考慮する HLMI の権利を制限することなく、HLMI が適切と考える場合には、禁止行為が発生したことを確定するにあたり、意図の証明は必要ないものとします

バイナリーオプションの口座凍結を徹底解説!原因や対策は?

バイナリーオプションの口座凍結

・マーケットの動きに対しレートの遅延やフロントランニングを狙ったと見られる不自然な取引
・システムの乱用を狙った構成の自動売買取引ツールを購入の上お取引された場合
・取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
・クレジットカードの乱用と判断された場合
・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
・重複口座が確認された場合(全ての口座を解約することがあります)
・お取引目的ではないと見受けられる口座利用を行ったとみなす場合
・マーケットプライスの上下の予測に基づいていない不自然な手法での取引を行ったと判断された場合

そのほか、入金額が以上に多い場合も口座凍結の対象となります。特に 取引金額に対して明らかに入金額が多い場合 は業者から怪しまれてしまうのです。

一度に数千円程度しか取引を行わないにもかかわらず、100万円以上の入金を行うと、犯罪で手に入れたお金を マネーロンダリング しているのではと疑われてしまうでしょう。

ザ・バイナリー(THEバイナリー)

初回入金額5,000円
最低取引額1,000円
最大ペイアウト率最大200%以上
出金対応最短1営業日以内
ボーナス対応初回入金で5000円キャッシュバック

ソニックオプション

ソニックオプションの公式の画像

・国際法、憲法、法律、条例、その他法令に抵触するもしくはその疑いのある行為 バイナリー オプション 凍結
・本契約に違反する行為
・過度なクレームを行う行為
・当社や第三者の著作権や商標権、その他一切の権利を侵害する行為またはその恐れのある行為
・当社の許可なくAPIでなく無断でツールやプログラムを使用する行為
・実在するまたは架空の人物へのなりすまし行為(他人のID/パスの利用を含む)
・複数の口座所持(家族含む) バイナリー オプション 凍結
・組織的に取引を行う行為
・当社の許可なく退会後に再登録を行う行為
・過度なキャンセル行為
・自動ツールなどを用いて異常な取引を遂行する行為
・投資目的ではなくボーナス目的で当社サービスを利用する行為
・当サイトのセキュリティシステムへの侵入や侵入するためのアクセスの試み、迂回、妨害
・当社が悪意ある行為により財政的、法的、金銭的な不利益を被ることが明らかな場合
・その他本契約内に記載された行為
・その他当社が禁止行為であると判断した場合

儲けすぎたらハイローオーストラリアの口座が凍結?【気になる金額&理由】

ハイローオーストラリアの口座凍結

【ハイローオーストラリア対応】バイナリーオプション自動売買システム ハイローオーストラリアでの取引を24時間自動売買化するシステム、ハイローオートのご紹介です。 複数同時通貨のエントリーや、口座凍結防止機能も搭載。もちろんVPSにも対応しております。 無料デモトレードも可能ですのでぜひ御覧くださいませ。.

ハイローオーストラリアの口座凍結とは?

これを口座の凍結と呼んでいます。口座凍結に関するお問い合わせはFX-EAラボへもたくさん届きますので皆さん気になるところなんでしょうね。

ハイローオーストラリアの口座凍結メール

ハイローオーストラリアからのメール

このメールが届いたら、精査以前にすでに凍結しています

ハイローオーストラリアから口座凍結の警告メール

こちらは賭金上限5000円の限定凍結のお知らせです

ハイローオーストラリアの口座凍結には2種類ある

ハイローオーストラリアの口座凍結には2種類あり、掛け金が5000円までに限定されてしまう限定凍結、そして完全に取引ができなくなってしまい口座を強制で追い出されてしまう完全凍結があります。

口座の限定凍結(5000円制限)

つまり 連打はできなくなる ということです。

そして気になる入出金に関してですが、実は口座限定凍結の場合は特に問題なく入金も出金できます。

完全凍結(口座停止)

ちなみに完全凍結が起こった場合、 ハイローオーストラリア口座からの強制出金が促され、7営業日以降は完全に口座が停止されてしまいます

ハイローオーストラリアの凍結理由「稼ぎすぎ」

ハイローオーストラリアは稼ぎすぎると口座を凍結される

ハイローオーストラリアが口座を凍結する理由はいくつかありまして順番に紹介していきますが、根本的な原因として「儲けすぎると凍結される」ということが念頭にあるとすんなり理解ができます。

つまり、お客さんが負けたらハイローオーストラリアの利益。お客さんが勝ったらハイローオーストラリアの損。

口座が凍結される金額は?

3.5ヶ月、約450万円の利益で凍結(2018年)

マイナス口座から+350万円での凍結(2019年)

24万円スタートで3ヶ月で92万円で凍結(2020年)

その他の口座凍結条件

レイテンシー系のトレードは口座を凍結されてしまう

スキャルピング取引は口座凍結対象

口座を複数持つと凍結される

ここまでの流れでハイローオーストラリアが禁止事項とする要項は、必ず ハイローオーストラリア側に損失がでるもの という事は、皆さん大体わかってきているかと思います。

では複数口座の作成はいったいなにがハイローオーストラリアにとって迷惑なのかと言いますと、そもそも「 勝てるトレーダーしか複数口座は必要ない 」ということです。

仮想専用サーバー(VPS)で取引を行う

VPSサーバー

ハイローオーストラリアが気に入らない事は全て凍結

HighLow オプション取引が違法である法域における取引。
顧客が意図するところを考慮する HLMI の権利を制限することなく、HLMI が適切と考える場合には、禁止行為が発生したことを確定するにあたり、意図の証明は必要ないものとします

ハイローオーストラリアは日本の金融庁の正式な許可をとっていない業者なわけですから、上記に書いてある オプション取引が違法である法域における取引 という部分に解釈次第では日本からエントリーしているトレーダー全員が引っかかります。

そして「意図の証明は必要ないものとします」の意味していることは、 「日本のトレーダーはハイローオーストラリアが口座に何をしても文句を言っちゃ駄目よ」 っていうことなのです。

バイナリーオプションで口座凍結につながる要因

バイナリーオプション口座凍結

自動ツールの使用 バイナリーオプションは基本的に短期の取引を行うもので、長期的な投資によって利益を得るということは多くありません。
その為、利益を得るためには短期間でどれだけ大量に買いを入れるか、ということが重要になってきます。
しかし、大量に買いを入れると言っても手動で行っていたのでは自ずから限界が生まれてきます。
そこで、一部のトレーダーは自動ツールを使って大量の取引を行おうとします。
そして実際、バイナリーオプションにおける取引の一定程度はこの自動ツールによって行われているという現状があります。
これはトレ―ダーにとっては当然メリットとなるわけですが、事業者からするとむしろデメリットとなっています。
と言うのも、 自動ツールを使用して大量の取引を行うと、事業者のデータサーバーに過大な負担をかける ことになってしまうのです。
その為、事業者側としては自動ツールによる取引は迷惑なものと考えられ、そうした取引を行っているトレーダーの口座が凍結されることにも繋がってしまうのです。
ただし、自動ツールによる取引を全ての事業者が禁止しているかと言えばそうではなく、中にはそうした取引を容認している会社も存在しています。
ですので、バイナリーオプションを始める際には、口座を開設しようと持っている事業者が自動ツールによる取引を禁止しているかどうかを事前に確認しておくと良いでしょう。 規約に違反している これはバイナリーオプションに限ったことではありませんが、 事業者が定めている利用規約に違反している と口座が凍結されることがあります。
既に取引を行っているトレーダーの中にも利用規約を読まずに口座を開設し取引を続けているという方がいますが、これは非常に危険なことです。
口座凍結の報せは、このようなトレーダーの下にある日突然やってくるのです。 勝ち過ぎると口座凍結の対象に? バイナリーオプションをしているトレーダーの間では、 勝ちすぎると口座を凍結される ということが言われることがあります。
しかし、これには確たる証拠があるわけではなく、ほとんど噂の域を出ない情報だと考えられています。 バイナリー オプション 凍結
ですが、勝ちすぎている(利益が大きすぎる)ことが原因で不正取引を疑われ、事業者が調査を行った結果不正取引をしていることが明らかになれば、 当然口座が凍結されることになります。
ですので、不正取引をしていない限りは利益がいくら大きくても口座が凍結されることはありません。 スキャルピング取引 スキャルピング取引とは、為替レートの変動に合わせて細かく利益確定を繰り返していく取引方法のことを言います。
この取引方法は自動ツールと同様に事業者のサーバーに大きな負担をかけてしまう為、事業者によっては利用規約において禁止している場合があります。
しかし、そうした会社は全体で言えば極一部ですので、口座開設の際にそうした会社を避ければ口座が凍結される恐れもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる