内部者取引

バイナリー オプション タイミング

バイナリー オプション タイミング
ユウヤ

バイナリーオプション30秒取引の勝ち方【順張り・逆張り・エントリータイミングのロジックを攻略】

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプションの30秒取引を攻略する方法

バイナリーオプションの30秒取引を攻略するには、まず30秒取引が比較的特殊な取引方法であることを理解しなければなりません。

というのも、30秒取引はその名の通り30秒で取引が完了してしまいますので、長期的なトレンドや相場の動きを読むというよりは、その瞬間ごとの刹那的な相場の動きで判断を行っていく必要があります。基本的な取引のルールは他の判定時刻と同様ですが、30秒取引ならではの押さえておくべきポイントがありますので、ここでご紹介します。

トレンド相場で順張りする

バイナリーオプションの30秒取引。その最大の特徴といえば何といっても判定時刻までの期間が極めて短く、わずか30秒で勝敗が決するというところにあります。
そのため、トレンド相場が発生している時には順張りしておくだけである程度の勝率を確保することができてしまいます。

もっと具体的に解説すれば、仮に1時間くらいの時間軸で相場を見た場合、トレンドが発生していても1時間の間ずっとまっすぐにトレンドの方向にチャートが動くということは絶対にありえません。必ず途中経過として、相場が何度か逆の方向に動きます。

そのためトレンドが発生している!じゃあ1時間後に間違いなく上がっているだろうからトレンド方向にエントリーだ!と判断したとしましょう。
残念ながらこの場合、相場の反転などによって悔しい思いをすることがあります。しかし、30秒取引の場合はトレンドの調整による反転現象に悩まされる心配は、比較的少ないと言って良いでしょう。

ボラティリティの大きい通貨ペアでエントリーする

ボラティリティがほとんど見られないような通貨ペアや時間帯もどうしても存在します。こういったところでエントリーを行うのは全く無風の海でサーフィンをする事と同じです。
つまり、わずか30秒の間で相場に変動が起こるほど取引量がないという場合はそもそも取引が成立しない可能性があります。

ボラティリティが少ない時に30秒取引を行うと、エントリーしたタイミングと30秒後のタイミングで価格が全く同じというケースがあります。この場合はどうなるかと言うと、勝ち負けというより「ドロー(引き分け)」という判定になります。
そして厄介なことに、 30秒取引のバイナリーオプションを提供している業者のほとんどが「ドローは負けと同じ」と規定しています。 そのため、波の小さい相場で30秒取引を選ぶと、ドローの発生率が上がり、結果的に勝率が上がらないという可能性が出てきます。

具体的にどんな時間帯がボラティリティの大きな時間帯かと言いますと、基本的には各主要通貨の市場がオープンした時間帯や、その他重要な経済指標が発表されたタイミングなど、その他各市場がオープンしている時間帯が重なる時間帯などにおいてはボラティリティが大きくなる傾向にあります。

強烈なトレンド発生タイミングを熟知する

トレンドが発生する条件には様々ありますが、その中でも とりわけ強烈で大きな波となり得るトレンドが発生するのは要人の発言や、相場に大きな影響を与える経済指標などが発表されたタイミングとなります。 例えば、最も有名なものの一つに「米国の経済指標発表時間」などがあります。この時間帯に大きな内容が発表されたり、また大勢の投資家たちの予想を裏切るような形での発表がなされた場合、相場は極めて大きく動きます。

30秒ならではの「ノイズ」を利用して逆張りする

しかし30秒取引の場合、話は変わってきます。30秒取引の場合そもそもチャート自体も1秒単位で追いかけるような流れとなりますので、仮にノイズが発生した場合、超巨大なトレンドが一瞬だけ発生したのと同じ意味合いを持ちます。

ただしこの方法は 一瞬だけ発生するノイズを正確かつ瞬時に認識し、反射的に逆張りエントリーをする必要があります。 そのため、一定の期間チャートに張り付いて動きに注意しておく必要があります。
こういった事情から、かなり集中力を要する攻略法と言えるでしょう。

ちなみにこのノイズは、30秒取引を実際に行なったことがあり、チャートをリアルタイムで見ていた人にしか分からない部分もあります。特にバイナリーオプションやFXなどの経験がある方でも、30秒という短時間で取引をしたことは流石にない、という方も多いでしょう。そういった方は、ノイズの存在自体、ご存知でないことすらあります。それほどまでにチャートの時間軸が長ければ長いほど見えづらいものでもあり、1秒ごとにチャートを追いかけていないと把握できないほど瞬間的な動きというわけです。
一度ノイズが発生すると、信じられないほど大きな動きになることも多くあります。直感的に「この波のテッペンでエントリーを逆張りすれば、普通に勝てるんじゃね?30秒でここまでの水準までは戻ってこられないんじゃね?」と思うくらいの大きな動きです。

バイナリーオプションの30秒取引の特徴


バイナリーオプションにおける30秒取引は、海外のバイナリーオプション業者のみで提供されている判定時刻です。日本国内のバイナリーオプション取引は判定時刻が2時間以上という規制がありますので、ここから見ても極めて短い時間で判定時刻が到来するということがわかります。

特徴としては、とても短い時間で一回の取引が完結しますので、複数回の取引を短期的に繰り返すことも可能というものがあります。
そして、ハイローオーストラリアなど人気の海外バイナリーオプション業者で提供されている途中決済・転売機能は利用できません。判定時間が短すぎて、利用できないんですね。

そのため強烈なトレンド発生時には順張りをしておくとそのまま反転することなく、というより反転が間に合わずにそのまま勝敗が決定することもあります。
基本的には30秒取引も他の判定時刻と同じルールで取引をすることになるわけですが、国内はもとより海外のバイナリーオプションの判定時刻から考えても極めて判定時刻が早いため様々な戦略を練ることも可能です。

デメリット

つまり、これは少なくとも判定時刻到来までの間、次の戦略を練ったり心をクールダウンする時間があるということになります。しかしどうでしょう、30秒という判定時間だと結果的に考える時間がそこまで多くはありません。

強烈なトレンド相場が発生している時であればまだ良いのですが、トレンドが終わって読みづらくなっている局面でもついつい取引を何度も重ねてしまうケースがあります。
こうなってしまうと、 投資というよりはむやみやたらにギャンブルに資金を溶かしているのと同じことになってしまいます。 バイナリー オプション タイミング ここが30秒取引のデメリットでもあります。戦略が立てづらいのです。

どんな人に向いているの?

すぐに結果を知りたい人
短時間で取引を完結したい人
チャートを見ていられる時間が比較的少ない人
資金と自分のメンタル管理がしっかりとできる人

ついついギャンブル的な思考になりがちな人
負けるとつい熱くなる人
負けず嫌いと周りから言われまくっている人
以前から資金管理で失敗しがちな人
熱くなると周りが見えなくなりがちな人 バイナリー オプション タイミング
基本的に周りの制止を振り切るタイプの人

バイナリーオプションの30秒取引と60秒取引の違いは?

バイナリーオプションの30秒取引と60秒取引、秒数から見ればたいした変わりがないように見えますが、その違いはいくつかあります。
最も大きな違いはローソク足の存在です。

様々なチャート解析や分析を行う際に使うローソク足ですが、それぞれ1分足、5分足など種類があります。バイナリーオプションでもこのローソク足を使った分析手法が存在するわけですが、60秒取引には基本的にローソク足が存在します。 しかし30秒取引については30秒足のローソク足というものが存在しないため、基本的にローソク足などを使った分析は不可能です。

しかしその反面、30秒取引についてはほとんどファンダメンタルズ分析やテクニカル分析など長期間のバイナリーオプション取引に使われるような分析がほぼ通用しないと思ってよいでしょう。もちろん強烈なトレンド発生時などにはある程度分析を行うこともできますし、ボリンジャーバンドなどを利用して短期的な予測を立てることも不可能ではありません。しかし、いかんせん30秒しか判定時間がありませんのでかなり刹那的な取引になるケースの方が多くなります。

結果的に、基本的に先ほどもご紹介したノイズなどの発生時にエントリーをしていくという方法が30秒取引の主な攻略法となります。

バイナリーオプションの30秒取引は他の判定時間よりも極めて短いことから、戦略や攻略法といったものも通常とは若干異なります。 特に特徴的なのはノイズを使った逆張りです。この方法を利用する場合はトレンド相場であれレンジ相場であれ、次に発生するノイズをポイントとしてエントリーを行うことになりますので、特段テクニカルな分析などは必要ありません。
資金管理やメンタル管理に自信のある方は、短い期間で何度か取引を繰り返すことができますのでおすすめの方法と言えます。逆に、ギャンブル的な思考になりがちな方や負けるとついつい熱くなって自分を見失ってしまうタイプの方は、負ける可能性が高くなってしまうのであまりお勧めはできません。

【追記】なかなか読めない30秒取引、勝つための「もう一つの方法」

テクニカル分析も通用しづらく、確立された手法がなかなか見えづらい30秒取引。
他の判定時間と比べて特殊な立ち位置にいることは間違いないので、勝ち方も若干特殊にしていく必要があります。そこで押さえておきたい方法が、経験を持っている人間に情報を供給してもらうという方法です。

そしてここに、私のLINE@を置いておきます。
今すぐに無料で、私とつながることができます。
セミナーなどでお会いすればまずセミナー中に名刺交換をするのは不可能です。

多くの講演をしてきましたが結果的には2次会・3次会くらいでやっと名刺交換というケースのほうが多いので、この直通[email protected]には数万円の価値+飲食代金としてだいたい2万円以上の価値があることになります。

投資家としての心構えはもちろんのこと、もう少し即物的なプレゼントのご用意もあります。
詳しいことはこれ以上は申し上げられません。まずは、私と繋がりましょう。そして、どうせつながるなら私から無料でたくさんの情報を得てください。
特にメールアドレスや個人情報をいきなり要求したりする、といったこともありません。手元のスマートフォンにLINEが入っていれば、すぐに繋がれますよ。

バイナリーオプションで勝てない3要因|タイミング・期間・時間足

バイナリーオプション

バイナリーオプションで勝てないときの要因を、3つに類推することができます。1. タイミングを間違っているから 2. エントリー期間が適切でないから 3. 大きな時間足で見ていないから

勝率は50%に近づくはずなのに、やればやるほど勝てなくなる…そんなときは、 タイミング・エントリー期間・時間足の手法を見直してみることで「勝ち」を取り戻す ことができます。

1. タイミングを間違っているから

バイナリーオプションでよりによって一番高い地点でエントリーして負けたときの画像

対策 「相場は逆に動く」ことを意識すること!

急な値動きには付いて行かず、 ローソク足が折り返すのを見届けて戻りのトレンドに乗る ほうがセオリーと言えます。

江戸時代の相場師・本間宗久は米相場の値動きについて、「市場の期待が先行して もう一段値上がりするだろうと思うころに値下がりするもの だ。思惑の半値くらいのところで反転することを常に意識せよ。」と説いています。現代でも通用する相場感の基本は『マンガ 相場の神様 本間宗久翁秘録』で身に付けることができます。

2. エントリー期間が適切ではないから

バイナリーオプションでエントリー期間を間違えたせいで負けたときの画像

対策 反発を「避ける」か「想定内」か判断すること!

  • 急発生したトレンドなら、値動きの 急反発を避けて 30秒~1分で短時間勝負する。
  • 緩やかなトレンドなら、値動きの 小反発を想定内として 3分~5分、15分でじっくり勝負してみる。

トレンドがどのくらい続くのか予測して、その トレンドに合ったエントリー期間を見極める判断力を磨く 必要があります。

緩やかで規則的なトレンドが見えるチャート(通貨ペア)で勝負することが、「勝ち」に近づく正攻法と言えます。 インジケーターのMACD・ADX・ボリンジャーバンドなどはトレンド予測に活用できます。 インジケーターを用いたチャート分析はバイナリーオプションでも通用する『ずっと使えるFXチャート分析の基本』が定番の良書です。

3. 大きな時間足で見ていないから

バイナリーオプションで1分の値動きが1時間足のトレンドの中にあることを確認する画像

対策 1時間足の中のトレンドを確認すること!

これはトレンドの方向性の見極めに有効活用できます。 長時間のチャートのほうがトレンドの確度が高い からです。

  • 急に発生した大きな値動きは、1時間足チャートでボリンジャーバンドの接触を確認してみる
  • アセンディング・ディセンディングからのブレイクアウトを1時間足で確認してみる

1分~5分の短期間で勝負するなら、 1時間足で見えるレジスタンスラインやサポートラインは強い根拠になります。 今の1分が、1時間足の上昇トレンドの中にあるのか下降トレンドの中にあるのかを見極めるだけでも、勝つ確率を上げることができます。必勝本『デイトレード』には、バイナリーオプションでも即効性のあるヒントが詰まっています。

【押し目買い・戻り売り】とは?手法と投資家の判断タイミング

押し目買いと戻り売りを解説!

初心者向きコラム

押し目買いとは?

押し目買いとは、 上昇トレンドのとき一時的に下げ止まった地点で買いをする手法のこと です。

押し目買い

  1. チャートを眺めて、相場は上昇トレンドであることを確認する。
  2. 上昇していた相場が一時的に下落したら、エントリーは近いと考える。
  3. 一時的に下落した相場が下げ止まって、上昇の兆しが出たら買い。

しかし相場の世界には「押し目待ちに押し目なし」という有名な格言があります。

戻り売りとは?

戻り売りとは、 下降トレンドのとき一時的に上げ止まった地点で売りをする手法のこと です。

戻り売り

  1. チャートを眺めて、相場は下降トレンドであることを確認する。
  2. 下落していた相場が一時的に上昇したら、エントリーは近いと考える。
  3. 一時的に上昇した相場が上げ止まって、下落の兆しが出たら売り。

押し目・戻りには、「初押しは買い、初戻りは売り」という格言もあります。

例えば、長く続いた上昇相場から下降トレンドに転換したとします。
こういった 大きなトレンド転換後の「最初の押し目」「最初の戻り」は、効果的な局面となりやすい です。

投資家が押し目・戻りを判断するタイミング

押し目を判断する目安として、 半値押し(2分の1押し) と 3分の1押し が使われています。

半値押し、3分の1押し


戻りも同じく、 半値戻し(2分の1戻し) と 3分の1戻し があります。

半値戻し、3分の1戻し

押し目・戻りの分析に使えるテクニカル指標

ディナポリ・チャートを使ったトレード手法を徹底解説!

価格に時間の要素も取り入れたオシレーター系のテクニカル指標、RCIの見方・使い方について解説します。RCIとは?RCI(Rank Correlation Inde[…]

RCIの見方・使い方

グランビルの法則と移動平均線

グランビルの8法則

グランビルの法則による買いポイント

参考チャート:外貨ex byGMO MT4 ユーロ/米ドル 日足 2020年12月下旬

グランビルの法則による売りポイント

参考チャート:外貨ex byGMO MT4 米ドル/円 日足 2020年12月下旬

押し目・戻りの判断で定番のフィボナッチ

YJFXのExチャートにフィボナッチを描画して押し目を分析

参考チャート:外貨ex byGMO [2018年11月 米ドル/円 日足] 逆に下降トレンドのときは、高値から安値に向かって描画を行います。

【バイナリーオプション】30秒取引の勝てるベストな手法を特別公開!

30秒ベストな使い方

ユウヤ

後述しますが、プライスアクションなどを極めていくことで、ローソク足のちょっとした動きを利用して30秒でも勝てるようになれます。

石岡さん

業者はハイローオーストラリアがおすすめ

ラストバイナリーの会員さんに向けて以前、「どの業者を使っているか」のアンケートを行いましたが、実に 97.9% の方がハイローオーストラリアをメインの業者として使っているということで、ここ一択と言っても良いです。

海外業者

石岡さん

エントリータイミングのコツ

30秒エントリータイミングのコツ

具体的な手法については後述しますが、ここからは 30秒取引のエントリータイミングのコツ についてお話しします。

30秒取引は逆張りが基本

30秒判定を使う場合は、 逆張りが基本 です。

逆張りの方が良い理由は、 順張りは30秒で入るメリットが無いから 、なんです。

順張りできるポイントは、主要なラインを割った後や戻り売りなど、「これからその方向に進み続けるだろう」と読めるポイントなので、 長期で入った方が勝てる可能性が高まる んですね。

以前のハイローは同値だと引き分け扱いで資金が戻ってきましたが、 同値負け がある現在はリスクが大きいですからね。

プライスアクション(ノイズ)も重要

30秒取引をするときは プライスアクション バイナリー オプション タイミング も非常に重要です。

むしろ「30秒取引=プライスアクション」と言っても過言ではないくらい、絶対に意識しなければならないポイントです。

動きの少ないレンジ相場の時に、一気に動いた時のノイズで逆張りを狙う

プライスアクションについて説明しているブログなどはありますが、言葉で説明することは難しく 感覚の世界 で、

石岡さん

すぐにコツを掴めるものではありませんが、チャートをひたすら見ていると少しずつ「見えて来る」ので、1本1本のローソク足の動きをよく観察することをおすすめします。

ハイローオーストラリアの画面だけ見て逆張りは絶対NG

ハイローオーストラリアの取引画面だけを見て、ノイズが起こったところで30秒エントリーすれば勝てる

ハイローオーストラリア30秒ノイズ

例えば↑のような場面ですよね。動きが少ないところで急に「 トゲ 」を作るような動きをしたら30秒で逆張りすれば勝てる。そんなことが言われます。

ただMT4のチャート画面を見ていないと、 それがトレンドの発生なのか、レンジの中のノイズなのか、判断ができません。

必ずMT4のチャート画面の見方をしっかりと身につけていきましょう。

30秒取引のおすすめ手法

30秒おすすめ手法

石岡さん

ここでご紹介する30秒取引手法は 逆張り となるので、

大きな経済指標がある時間

主な市場の開場時間

レンジ逆張りエントリー

30秒5分足確認 30秒1分足確認

・5分足、15分足でレンジ相場であることを確認

・レジサポラインを引く

・1分足チャートのローソク足が全体的に大きくなっている

・1本で勢い良くラインにタッチした時に逆張りエントリー

エントリー条件で特に重要なのが 1分足チャートがしっかりと動きがあるか 、という部分です。

○チャート1

動きがないチャート

○チャート2

動きがあるチャート

上のチャートは1本1本のローソク足が短く、 だらだら動いている感じ がありますよね。

こういう時は上位足がトレンド相場になっていて、 逆張りがしにくい相場 であると言えるんです。

一方で下のチャート1本のローソク足が全体的に長い ですよね。

それに陽線と陰線が交互に来ているような状態になっています。

こういうときは上位足がレンジ相場になっていて、 逆張りが効きやすい状態 になっています。

エントリー時の注意点

注意点として、30秒取引はチャンスがかなり増えて来るので、その分 エントリーが雑になってしまう 可能性があるんです。

30秒エントリーはその 感情のコントロール が重要になってきて、ポイントを吟味する癖をつけないとポンポンとエントリーをしてしまい、連敗が続いてしまう恐れがあります。

一度負けた後はその日はもうチャートを見ないなどルールを作り、自分を律する訓練をしていく必要がありますね。

石岡さん

単なる数字 」として捉える練習をすることが重要です。

「稼ぐ」ではなく、「淡々と勝てるポイントでエントリーしていたら勝手に数字が増える」というイメージです。

また ラインの引き方 も注意が必要です。

30秒以外の判定時間の手法も覚えよう

30秒以外の手法も覚える

バイナリーオプションで30秒取引で勝てるようになれても、 他の手法も覚えた方が間違いなく良い です。

しかも30秒の手法は、 バイナリーオプションでないと稼ぐことができません 。

基本的に一時的な反発やノイズを狙う手法になって来るので、値幅が取れないですからね。

「稼ぐために値幅を取る必要があるか、無いか」

バイナリーオプションは 唯一値幅を取らなくても大きな利益が出せる投資 で、考え方そのものが他の投資と違ってきます。

バイナリーオプションは少額から稼ぐことには向いていますが、 利益をさらに大きくすることには向いていません

順張り手法を覚えるべき

30秒にプラスしてぜひ覚えていただきたいのが「 順張り手法 」です。

順張りを覚えると、レンジ相場の時とトレンド相場の時で手法を使い分けることができるので、単純にエントリーできる堅いポイントも増えてきますからね。

円高・円安とは?FXでエントリーするならどっちのタイミング?

為替レートとは、異なる通貨が両替(売買)される際に適用される交換比率のこと を意味しています。たとえば、日本のお金「円」とアメリカのお金「米ドル」なら「1ドル=100円」などといった比率で両替されていますが、こうした為替レートは日々刻々と変動しています。
なぜなら、日本円を売って米ドルを買いたい人と、米ドルを売って日本円を買いたい人の それぞれが希望する交換比率が折り合ったところで取引が成立していくから です。為替市場では様々な思惑を抱いている人たちが各々で希望の売値や買値を提示しており、その動向に応じて為替レートは日々刻々と変化します。

では、ニュースなどでもよく報道されている円高・円安とは、為替レートがどのように推移する現象なのでしょうか?
簡単に言うと、 円高は特定の外国通貨に対して日本円の価値が高くなること 、逆に 円安は日本円の価値が低くなること を意味しています。

日本円と米ドルの関係で言えば、 仮に少し前まで取引が成立していたレートが「1ドル=100円」だったとすると、これが「1ドル=90円」などといったように100円未満になると「円高に振れた」と表現します。それまでは1ドルを手に入れるために100円が必要でしたが、 もっと少ない金額で済むように(=米ドルに対する日本円の価値が高く)なっているから です。
ドルの立場から見ると、ドル安とも言うことができます。円高とドル安は相対的な関係になり、需要と供給で成り立っている状態です。

反対に、「1ドル=100円」だったレートが「1ドル=110円」などといったように100円超になった場合は円安が進んでいます。100円で1ドルを手に入れられていたのに、 もっと多くの日本円が必要になっているため です。ドルの立場から見ると、ドル高とも言うことができます。

円高・円安が与える影響

次に、現地の通貨を必要とする海外旅行はどうでしょうか。 円高のときはより多く外貨を交換できるため有利な半面、円安のときは少ない外貨にしか交換できないため不利 となります。

FX取引の例

「1ドル=110円」で日本円売り・米ドル買いのトレードを行った場合、 円安になり「1ドル=111円」でポジション(買っている建玉)を決済すると、1ドルあたり1円の為替差益が発生 します。もし1万ドル分の取引をしていたたら、「1円の為替差益×1万ドル」で1万円の利益になります。

反対に 円高になり「1ドル=109円」でポジションを決済すると、1ドルあたり1円の為替差損が発生 します。1万ドル分の取引をしていたたら、「1円の為替差損×1万ドル」で1万円の損失になります。

初心者でもすぐわかる! 為替レートの見方とは?

まず、どちらの画面でも通貨ペアの欄に書かれている「USD/JPY」は「米ドル/日本円」を意味しています。そして、 青で表示されているレートが「Bid(売値)」で、赤のほうが「Ask(買値)」 です。

金額を指定せずにその時点のレートで取引を成立させる成行(なりゆき)注文を入れた場合、「米ドル/日本円」を売った人には「Bid」、買った人には「Ask」に表示されているレートが適用されます。ここで注目したいのは、 「Bid」と「Ask」では提示額に違いがあること です。

この差額はスプレッドと呼ばれるもので、トレードを行っている投資家が負担するコストに該当します。 同じ通貨でもFX会社によってスプレッドの設定には違いがあり、値幅が狭くなっているところほど、有利に取引できます。

始値とはその期間中に最初に取引が成立した際のレートで、終値は最後に成立した取引のレートです。 赤色のローソク足は「長方形の下辺=始値、上辺=終値」 となっています。つまり、その期間中はレートが上昇傾向を示したことを物語っているのです。これに対し、 青色のローソク足は「長方形の上辺=始値、下辺=終値」 で、下落傾向だったことが判ります。

為替相場はなぜ動く? 円高・円安になる仕組みとは?

だとすれば、投資家たちの予想に影響を与えているのはどんなことなのでしょうか? 様々な要因が考えられますが、その中でも特に影響力が高いのは グローバルな政治経済の情勢や中央銀行の金融政策 です。

たとえば、貿易において不利になることを踏まえて米国側が「円安は好ましくない」とコメントすれば、何らかの圧力が働いて為替相場が円高に転じるのではないかと推察する投資家が増えます。また、米国の重要な経済指標である雇用統計が予想以上の高水準であれば、「好景気が続いている」と判断して米ドル買い(日本円売り=円安)が活発化することがあります。

さらに、日本がゼロ金利政策を続ける中で米国の中央銀行に当たるFRB(連邦準備制度理事会)が金利を引き上げると、日米の金利差が拡大します。すると、日本よりも高い金利を求めて「日本円売り・米ドル買い」が進むとの思惑が働きがちです。

これまでの為替相場の推移 たとえば米ドル/円はどう動いてきた?

バブルが崩壊した日本では“失われた20年”と呼ばれる経済の低迷が続きましたが、90年代半ばまで為替相場では急速に円高が進みました。しかし、その後は流れが一気に反転し、140円台後半に達する円安が進行しました。

そこから円安基調に反転し、2016年を迎えてやや円高方向に戻したものの、かなり狭い値幅で変動を繰り返してきたというのが今日までの流れです。こうして検証してみても明らかなように、 為替相場では円高・円安どちらかの流れが生じると、その傾向が続きやすい という特性がうかがえます。

これがトレンドと呼ばれるものです。 FXではこうしたトレンドを観察することが重要で、流れに上手く乗ることができれば、より利益を伸ばせるようになります。

円高・円安どちらのタイミングでエントリーすればいいの?

外国通貨を売って日本円を買うという取引も可能で、このパターンではエントリー時よりも円高が進むと為替差益が生じます。つまり、 FXにおいては円安局面だけでなく、円高局面も収益機会となってくる わけです。

2017年以降のように狭いレンジ(値幅)で上下動を繰り返すもみ合い相場においても、自身の判断で機動的な売買が可能なFXならこまめに利益を積み重ねることも可能です。その 安値付近で買って高値付近で売る一方、高値付近で売って安値付近で買い戻すというトレードを繰り返していく のです。

タイプ別FX運用スタイル徹底比較

  • 【初心者】王道の通貨ペアでFXデビュー
  • バイナリー オプション タイミング バイナリー オプション タイミング
  • 【初心者】スマホ1台!人気通貨で中長期投資
  • 【中級者】シストレも取り入れ高金利通貨を安定運用
  • 【中級者】貯金代わりに レバレッジを抑えて高金利通貨のスワップで資産形成
  • 【上級者】積極的な資金運用で中長期取引
  • 【上級者】ドル/円と高金利通貨を短中期で運用

FXがはじめての方 バイナリー オプション タイミング

FXをもっと知る

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.バイナリー オプション タイミング 2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 バイナリー オプション タイミング 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる