オプション戦略のご紹介

仮想通貨をデイトレードする方法についての初心者ガイド

仮想通貨をデイトレードする方法についての初心者ガイド
教えるゴリわかくん

ローソク足の見方

ローソク足の見方

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは?|一番安い取引所を徹底比較!

ゴリわかくん

ゴリ美ちゃん

結論から言うと、 スプレッドは手数料のようなものですので、短期トレードをメインで行うなら、スプレッドが狭い取引所を利用するのがオススメです!
ということで、今回はスプレッドについてわかりやすく解説していきます!

  • スプレッドとは購入価格と売却価格の差のことで、業者への実質の手数料。
  • スプレッドは取引の度に必要なので、短期トレードをメインで行う場合は、スプレッドが狭い取引所を利用するのが得策。
  • 仮想通貨をデイトレードする方法についての初心者ガイド
  • 国内だと「CoinCheck」「bitFlyer」大手取引所で、スプレッドを抑えることができる。
  • 上記2つの中でも「Coincheck」は 販売手数料が無料 なので、圧倒的にコストを抑えることが可能。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは?


まずはスプレッドとはどういったものなのかについて解説していきます。
仮想通貨の取引所だけに限らず、外国為替証拠金取引(巷でFXと呼ばれている)でも使われている言葉です。
FXでは価格の変動が起こった際に通貨の売り買いをすることによって利益を出すことができます。
通貨をトレードする際に発生している、 買う時と売る時の価格の差をスプレッドと言います。

少しわかりにくいですか?

では以下の画像をご覧ください。

上記の画像を見ると、購入価格が733,319円に対し売却価格が715,812円になっていますね。 仮想通貨をデイトレードする方法についての初心者ガイド
購入価格から売却価格を引いたもののことをスプレッド と言います。
計算してみると、

となり、スプレッドは17507円です。
スプレッドが大きいほど、ユーザーにとっては不利になります。
たとえば、購入価格が120円で売却価格が100円だった場合、利益を出すには最低でも20円の値上がりを待たなければなりません。
スプレッドは本来の価格に上乗せされた手数料 と考えて良いでしょう。

教えるゴリわかくん

合点ゴリわかくん

スプレッドと手数料の違い

仮想通貨取引所はスプレッドを収入源としているので、取引手数料が無料の取引所は存在しても、スプレッドがない取引所は存在しません。 仮想通貨をデイトレードする方法についての初心者ガイド

販売所と取引所で手数料が違う

仮想通貨取引所には販売所と取引所があり、それぞれ手数料が異なります。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドはどうして発生するの?

基本的に、スプレッドは 仮想通貨取引所の手数料 として徴収されています。
仮想通貨取引には2通りの方法があり、それぞれ 「販売所形式」と「板取引」 と呼ばれています。
スプレッドは「販売所形式」の場合にだけ発生します。
販売所形式は、ユーザーと仮想通貨取引所が1対1でコインを売買する形式。下の画像のようなイメージです。

実際の売買画面は以下の通りです。
取引する時点での購入価格と売却価格が表示されており、ユーザーは購入、売却したい数量を入力して取引を行います。

対して板取引は、ユーザー同士が売買を行い、取引所はそのための「場」を提供します。

板取引のトレード画面はこんな感じ。やや本格的なトレードになり、販売所形式よりも少し難しく感じるかもしれません。

そしてスプレッドが発生するのは、販売所形式の場合のみです
なぜなら、販売所形式では取引所の言い値で売買することになるからです。
販売所は、コインを高く売って安く買い取ることで利益を得ているんです よ。

板取引だとユーザー同士での売買になるので、互いの言い値が合致したところで取引することになります。
仮想通貨をデイトレードする方法についての初心者ガイド 板取引の場合は、スプレッドは発生しません。
板取引ではスプレッドの代わりに「取引手数料」がかかりますが、せいぜい価格の0.1%ほど。3%以上のスプレッドに比べると圧倒的に安いです。
板取引は慣れるまで少し難しいですが、手数料を抑えるためにも なるべく板取引でビットコインやアルトコインを購入するようにしましょう。

ただ、全ての仮想通貨取引所で板取引ができるわけではありません。さらに、取引所によってはコインごとに取引方法(販売所形式 or 板取引)が異なります。
つまり、板取引で買いたい(=安く買いたい)なら、 コインの種類別に取引所を使い分ける必要がある ということです。

仮想通貨をデイトレードする方法についての初心者ガイド

NISA口座 つみたてNISA口座の場合 → 申告の必要なし(非課税口座のため)※1

特定口座(源泉徴収なし)の場合 → 申告の必要なし※2

特定口座(源泉徴収あり)の場合 → 申告の必要あり

一般口座の場合(先物オプション・FXなどの取引を含む) → 申告の必要あり

  • NISA口座での取引は他口座との損益通算や繰越控除はできません。
  • 損益通算や繰越控除を希望の場合には確定申告が必要となります。

特定口座(源泉徴収あり)

  • 取引の都度、証券会社が譲渡益から税金を源泉徴収し税務署に納税します。
  • 以下の3つのケースの場合、確定申告によって控除や還付が受けられる可能性があります。

【CASE1】複数の証券会社の特定口座(源泉徴収あり)で取引している場合 → 複数の証券会社の損益を通算する場合は、確定申告が必要です。

【CASE2】株式や先物オプション取引で損失が出ている場合 /【CASE3】(昨年までに申告している)株式の譲渡損の繰越控除を受ける場合 → 上場株などを譲渡した場合に生じた損失のうち、その年の譲渡益から控除しきれない金額については、確定申告を条件に、翌年以降3年にわたって、株式等の譲渡所得等の金額から控除することが可能です。

  • その他のケースでも確定申告によって、控除や還付が受けられる場合があります。
    詳しくは、最寄りの税務署にご相談ください。

特定口座(源泉徴収なし)

  • 給与所得・退職所得以外の所得が20万円以下など、一定の条件を満たした場合、確定申告を不要とすることができます。
    詳しくは、最寄りの税務署へお問い合わせください。
  • お客様ご自身で年間の損益計算を行っていただき、確定申告が必要です。
  • 一般口座での取引については年間損益計算・確定申告サポートをご活用ください。
  • 給与所得・退職所得以外の所得が20万円以下など、一定の条件を満たした場合、確定申告を不要とすることができます。
    詳しくは、最寄りの税務署へお問い合わせください。

その他(高所得者の方)

確定申告をする場合の必要書類

特定口座の場合 「年間取引報告書」 が1月中に交付されますので、こちらを基に確定申告を行ってください。

一般口座の場合、 「年間取引報告書」 は交付されません。

証券会社より交付された 「取引報告書 ※ 」 や 「取引残高報告書」 をもとに、「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」を作成してください。
なお、楽天証券の一般口座での取引においては年間損益計算・確定申告サポートをご活用ください。

  • 電子書面で閲覧、印刷が可能です。
  • 上記は最低限、必要とされる書類等です。上記以外にも、「源泉徴収票(給与所得者の場合)、公的年金等の源泉徴収票(公的年金等の雑所得がある方)、支払保険料の証明書、銀行・郵便局等の口座番号控え等(税金の還付を受ける場合)が必要となる場合があります。また、押印用認印が必要です。
  • 仮想通貨をデイトレードする方法についての初心者ガイド
  • 取引報告書を提出する必要はありません。
  • 詳しくは、税務署等にご確認ください。

配偶者控除等の適用を受ける際は「合計所得金額」にご注意ください。

確定申告を行うことで、株式の譲渡所得等が「合計所得額(※)」に加算され、この「合計所得額」を基準に判定される配偶者控除や扶養控除の適用が受けられなくなったり、国民健康保険料等の社会保険料の負担等が増えてしまったりする場合があります。
特定口座(源泉徴収あり)の利益は、確定申告しなければその所得を「合計所得額」に含めなくてよいルールがあります。一般口座や他社口座の損失と損益通算する場合は、ご自身や配偶者の各種控除や社会保険料の負担に影響しないか、ご注意ください。
詳しくは税務署、市区町村役所・役場、税理士等の専門家にご相談ください。

確定申告 合計所得金額の計算
必要 合計所得金額に含める
確定申告 合計所得金額の計算
源泉徴収なし 必要 合計所得金額に含める
源泉徴収あり 申告した
場合
合計所得金額に含める
申告しなかった場合 合計所得金額に含めない
  1. 上場株式等の配当や少額配当などで確定申告をしないこととしたもの
  2. 特定口座の源泉徴収選択口座内の株式等の譲渡による所得で確定申告をしないこととしたもの
  3. 利子所得や証券投資信託の収益の分配で源泉分離課税とされたもの
  4. 抵当証券などの金融類似商品の収益で源泉分離課税とされたもの
  5. 一定の割引債の償還差益で源泉分離課税とされたもの

[動画で解説] 確定申告の操作手順

[動画で解説] 確定申告 ~国内株式・投資信託・海外株式・債券編~

[動画で解説] 確定申告 ~先物オプション・FX編~

よくあるご質問

商号等 楽天証券株式会社/金融商品取引業者 仮想通貨をデイトレードする方法についての初心者ガイド 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者 加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

時系列データがダウンロードできる証券会社は?

時系列データがダウンロードできる証券会社は?

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

仮想通貨・初心者向けガイド~仮想通貨投資のやり方を解説します

仮想通貨・初心者の手引き

一方で取引所形式は投資家同時の売買になり、運営会社は仲介手数料分を何%か受け取るといった形になります。スプレッドが低く済むのです。取引所形式では取引当事者を仲介する「板」と呼ばれる取引場所を提供します。注文をした人が一番有利な売買の相手と取引する成行注文や指定した価格での注文ができる指値注文など、様々な注文方法が可能です。なので取引所形式では柔軟性に富んでいる分、初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。

一般的に「投資の初心者の方は販売所形式で、中級者や上級者の方は取引所形式で」といった案内のされ方をされます。ただ、私は両方を使い分けるのもアリだし、むしろ初心者の方は最初から取引所形式に慣れてしまっても良いと思います。スプレッドが低く済みますし、何より相場を読む能力がつくからです。

【仮想通貨・初心者のやり方②】初心者におすすめの仮想通貨取引所

1:Coincheck

取引所名:Coincheck
URL:https://coincheck.com/ja/
取扱通貨数:販売所15種類・現物17種類
レバレッジ倍率:証拠金取引は現在やっておりません

2:DMM Bitcoin

取引所名:DMM Bitcoin
URL:https://bitcoin.dmm.com/
取扱通貨数:現物11種類、レバレッジ15種類
レバレッジ倍率:固定2倍
ロスカットルール:50%

3:GMOコイン

取引所名:GMOコイン
URL:https://coin.z.com/jp/
取扱通貨数:販売所18種類・現物11種類、レバレッジ5種類
レバレッジ倍率:固定2倍
ロスカットルール:75%

4:CryptoGT

取引所名:CryptoGT
URL:https://cryptogt.com/jp/website-home
取扱通貨数:レバレッジ60種類以上
レバレッジ倍率:500倍
ロスカットルール:50%

【仮想通貨・初心者のやり方③】仮想通貨取引所は何を基準に選べば良いのか?

セキュリティの高いところを選ぶ

仮想通貨といえば、ハッキング事件を思い浮かぶほど、セキュリティ関連の話題が多いです。ハッキングにより販売所がストップしてしまうような事件も散見されます。2段階認証やユーザーの資産をインターネットと遮断したコールドウォレットで管理するなど、『その仮想通貨取引所がどのようなセキュリティ対策をとっているか?』は最初に見るべき項目だと思います。また、その仮想通貨取引所の資本金に注目することも大切です。潤沢な資金を持つ会社ほど、優秀なエンジニアを雇いセキュリティを強化できます。

取り扱っている仮想通貨の種類で選ぶ

仮想通貨取引所によって、取り扱っている通貨は違います。例えばおすすめの仮想通貨取引所の項目で、CryptoGTを紹介していることが気になった人もいると思います。CryptoGTは国内取引所ではなく海外取引所です。一般的にハイリスクとされるレバレッジ取引が500倍までOKなので、「国内取引所のレバレッジ2倍と比べると初心者向けでは無いだろう」と思う人もいるでしょう。

しかし、CryptoGTはBTC/USDなど米ドルとのペアが取引できるんですね。国内取引所はBTC/JPYなど日本円とのペアのみのところが多いです。実は米ドルのペアの方が市場参加者が多かったりします。市場参加者が多いということは、それだけ相場の乱高下も少ないです。これはデイトレーダーやスキャルパーのような短期売買をやる人であればあるほど重要なことで、トレードパフォーマンスの安定性に直結する話です。

市場参加者の多さ(流動性)価格の変動度合い(ボラティリティ)は投資をする上で重要なことです。どれほど投資手法が優れていても取引している通貨ペアが合っていなければ低パフォーマンスに終わることはしばしあります。

取引ツールの使いやすいところを選ぶ

取引ツールの使いやすさも大切です。長期投資をする方はスマホアプリの使いやすさで選ぶのも大切です。短期売買と違い長期投資は、大きなサイクルで相場を見ます。『ひとつのニュースの影響が、どれほど持続するのか?』を読んで、引き続き保有するのか?撤退するのか?を判断しないといけません。

『人による』と言われればそれまでの話ですが、デイトレードやスキャルピングはデスクトップPCを使って家でじっくり集中しながらやるのが大切だったりするので、短期の人はPCツールの使いやすさで仮想通貨取引所を選ぶのも良いと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる