オプション取引とは

FXの雲とは何のこと

FXの雲とは何のこと
水平線やトレンドラインと同様、レジスタンスラインの場合はそれ以上の価格上昇を妨げ、サポートラインなら価格下落を妨げます。

チャート上で確認できる雲は、レジスタンスラインとして意識されています。
ローソク足の動きを観察すると、雲の直下で反発を繰り返しているのが分かるでしょう。

FX 一目の雲

私はFXを始めて半年程度なのですが 最近いろいろ勉強をした結果 一目均衡表のよさが自分なりにではありますが、 分かってきたように思います。 教科書的なシグナルを一つ挙げれば、 日々線が雲の上限線を越えてきたら買い圧力が強まる というのがありますよね。 http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/ 上のHPで豪ドル円の日足チャートで一目均衡表を見ると 昨日の終値がちょうど雲の上限を超えていて いわゆる雲抜けであると思われます。 私は教科書どおり?今朝89円ほどで買い注文を入れたのですが 先ほど家に帰って豪ドル円のチャートを見てみると なんと!下落しているではありませんか!! 日足のストキャスティクスもかなり高めなので 本格的な下落があるのかもしれないとびびりまくり、 先ほど焦って早々と手仕舞いをしてしまいました。 そこで質問なのですが、 今日の豪ドル円の下落は一時的なもので、 一目均衡表の雲ぬけがあるために FXの雲とは何のこと これから上昇すると判断するのが テクニカル的にはやっぱり正しい見方なのですよね? 現時点での日足ローソク足は下ひげが長いので 買い圧力が強いとは思うのですが、ストキャスは高いし BBの+2レンジが89.2あたりにあるし… でも、仮にそうじゃないとすると、私は一目均衡表の見方が 分からなくなってしまいそうです…

こんにちは。FXを勉強している初心者です。 チャートの見方を勉強して少しずつ見方を覚えてきたのですが、いまひとつ分からないのが日足期間の選び方です。短いものだと1分足、長いものだと月足などありますよね。 FXの雲とは何のこと たとえば1分足や10分足だと売り気配なのに、1時間足や日足だと買い気配のサインが出ていると、どちらをどう信用すればいいのかなぁ?と悩んでしまいます。 基本的には超短期トレードなので、短い期間のものを重点にすればいいのかなぁという理解でいますが、1分足は値動き幅が小さく利益に結びつくほどありませんし、1時間足を目安に……と素人考えでいます。 このあたりについて、アドバイスいただけないでしょうか?

上記ですが、たとえば直近のローソク足が日足であるとき、いま(5月24にち)は上雲のしたに、n225がありますが、それより先に( 右に) もう 下雲があります。 このしたくもは なぜ 描画できるのですか。さきのことがわからないのに。 ごぞんじのかたはおしえてください。

一目均衡表の「雲」って理解が難しい…詳しい見所と売買への活用方法とは?

一目均衡表の「雲」って理解が難しい. 詳しい見所と売買への活用方法とは?

先行スパン

一目均衡表でいう「雲」とは、先行スパン1と先行スパン2の範囲のことです。

チャート上のピンクの線は先行スパン1であり、ピンクの破線が先行スパン2になります。
先行スパン1・2の範囲を雲と呼び、トレードに活用できるのです。

  1. 雲を利用してトレンドを分析する
  2. 雲とローソク足の位置を見て売買シグナルを見つける
  3. 雲はレジスタンスライン・サポートラインの役割を持つ

1-1. 活用法① 雲を利用してトレンドを分析する

ローソク足は雲の上で推移

分析方法は簡単です。
雲よりもローソク足が上であれば上昇トレンド、下であれば下降トレンドと判断します。

チャートを見てみると、ローソク足は雲の上で推移しているのが分かりますね。
そのため上昇トレンドであると考えられるのです。

1-2. 活用法② 雲とローソク足の位置を見て売買シグナルを見つける

上記の通り、ローソク足が雲より上であれば上昇トレンドで、下であれば下降トレンドです。
ローソク足が雲をブレイクすれば、ローソク足と雲の位置関係は切り替わるので、トレンド転換すると考えられます。
トレンド転換するタイミングでエントリーできれば、大きな値幅を狙うのが可能。

ローソク足は下から上へ雲をブレイク

したがって雲のブレイクが売買ポイントとなるのです。

実際のチャートを見てみましょう。
ローソク足は下から上へ雲をブレイクしているのが分かりますね。

1-3. 活用法③ 雲はレジスタンスライン・サポートラインの役割を持つ

チャート上で確認できる雲

水平線やトレンドラインと同様、レジスタンスラインの場合はそれ以上の価格上昇を妨げ、サポートラインなら価格下落を妨げます。

チャート上で確認できる雲は、レジスタンスラインとして意識されています。
ローソク足の動きを観察すると、雲の直下で反発を繰り返しているのが分かるでしょう。

加えて、 雲を見る時は厚さにも注目してください。
雲の厚さはレジスタンスライン・サポートラインの強さを示します。

1-4. 注意!雲のねじれはトレンドが安定していないサイン

先行スパン1(ピンクの線)と先行スパン2(ピンクの破線)が交わっているところを確認

雲のねじれとは、先行スパン1と先行スパン2が交差することです。

チャートを見ると、先行スパン1(ピンクの線)と先行スパン2(ピンクの破線)が交わっているところを確認できるでしょう。
この交差するところを、 FXの雲とは何のこと 雲のねじれ と呼びます。

雲のねじれは、トレンドが不安定であるサインなので注意してください。
上のチャートでも、雲がねじれているところを2か所確認できますね。
トレンドが不安定になれば、それまで続いていたトレンドは終わり、トレンドの方向が切り替わるのを想定されるのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる