外為トレードバトル

ETFの概要

ETFの概要
SBI証券リリースより

ETF/ETNの基礎知識

ETF(イー・ティー・エフ)とは、「Exchange Traded Fund(上場投資信託)」の略で、普段テレビや新聞で目にする株価指数(日経225やTOPIXなど)、商品価格、商品指数などに連動するようにつくられた、取引所に上場している投資信託です。テレビや新聞等で対象指数を目にするという事は、価格が分かりやすく、また買ったときからいくら上昇したのか、下落したのかすぐに判断できるため、株取引未経験者の方でも始めやすい商品と言えます。ETFは裏付けとなる資産(Fund:投資信託)を保有し、その資産は信託銀行に保管されているため、万が一組成会社が倒産しても投資した資産は守られます。

ETFの特徴

ETN(イー・ティー・エヌ:Exchange Traded Note)とは

ETN(イー・ティー・エヌ)とは「Exchange Traded Note(債券)」の略です。上場投資証券や指標連動証券とも呼ばれます。ETF(イー・ティー・エフ)「Exchange Traded Fund(上場投資信託)」と同様に、特定の指標(指数:TOPIX、S&P500、価格:商品、農産物)に連動するように作られた金融商品です。

ETNの特徴

ETNのしくみ ETFとの違いとは

ETNのしくみ

ETFとの違い (上記ETNの仕組み 1 、 2 、 3 の順に説明します。)

2 マーケットメーカー 証券取引所

国内株式のリスクと費用について

■国内株式 国内ETF/ETN 上場新株予約権証券(ライツ)

【株式等のお取引にかかるリスク】

レバレッジ型、インバース型ETF及びETNのお取引にあたっての留意点

  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNの価額の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
  • 上記の理由から、レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、中長期間的な投資の目的に適合しない場合があります。
  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、投資対象物や投資手法により銘柄固有のリスクが存在する場合があります。詳しくは別途銘柄ごとに作成された資料等でご確認いただく、またはコールセンターにてお尋ねください。

【信用取引にかかるリスク】

【株式等のお取引にかかる費用】

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで ETFの概要 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク ETFの概要 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

ETF(上場投資信託)とは

ETFは投資信託でありながら、取引所に上場していることから、投資信託と株式の特徴を併せもっています。

図表2:世界のETF市場の純資産残高推移

図表2:世界のETF市場の純資産残高推移

ETFの主な特徴

代表的な4つの特徴

① 多様性:投資対象はさまざま

  • ETFを通じて投資できる投資対象は株のみならず、債券・不動産・コモディティ・テーマ型など、多種多様。従来投資が難しかった投資対象にも証券取引所を通じて投資することができます。

図表3:ETFで投資できる投資対象のイメージ図

② コスト効率:低くおさえられた保有コスト

  • ETFの経費率は一般的に低くおさえられており、コスト効率が高い投資ツールであるといえます。
  • 経費率は長期的に見るとファンドのパフォーマンスに大きな影響を与えます。

図表4:経費率がパフォーマンスに与える影響

  • 経費率:ファンドに対して継続的にかかる運営経費の合計額をファンドの純資産総額に対する率で表したもの。
  • 上図は各経費率の場合のパフォーマンスの相違を示しています。上記はイメージ図であり、実際の運用成果等を予測あるいは保証するものではありません。各ETFの実質的な経費率については、各ファンド・ページや目論見書等にてご確認ください。

③ 透明性:値動きや保有銘柄が把握しやすい

  • 投資家は、ウェブサイト等でいつもETFの構成銘柄やそのウェイトを確認することができます。
  • ETFの概要
  • 証券取引所に上場しているため、現時点での市場価格を常に把握できます。
  • 主にインデックスの動きに連動するように運用されているため、値動きの把握がしやすいといえます。(iシェアーズETFの価格や保有状況は各ファンドのページでご確認いただけます)

④ 柔軟性:株のように機動的な売買ができる

  • ETFは証券取引所に上場しているので、市場が開いている時間はいつでも取引ができます。
  • 株式と同様、指値注文や成り行き注文など、柔軟な取引ができます。
  • 日中を通じ、連続的に価格がつき、リアルタイムで売買が可能です。

ETFとインデックス運用

インデックスとは

市場・資産クラスの分類 ※ 分類例 ※ 指数の例
ETFの概要
市場型指数
大型・中型・小型などの規模別指数
日本株 日経平均価格、TOPIX など
米型・大型株 S&P 500 など
米型・小型株 ラッセル2000インデックス など
グローバル指数・地域別・国別指数 先進国・新興国株 MSCI ACWI(オール・カントリー・ワールド・インデックス)など
日本を除く先進国株 MSCI KOKUSAI(コクサイ)など
中南米株 S&P ラテン・アメリカ指数 など
マレーシア株 MSCI マレーシア・インデックス など
グローバル/国別セクター別指数 グローバル・一般消費財 S&Pグローバル1200一般消費セクター指数 など
ETFの概要
テーマ別(スペシャリティ)指数 米国・高配当株 モーニングスター配当フォーカス指数 など
米国・リート/不動産 ダウ・ジョーンズ米国不動産指数 など
テーマ・バイオテクノロジー NASDAQバイオテクノロジー・インデックス など
債券指数 米国・総合 ブルームバーグ米国総合債券インデックス など
米国・ハイイールド債 Markit iBoxx 米ドル建てリキッド・ハイイールド指数 など
新興国・国債 J.P.モルガン EMBI グローバル・コア・インデックス など
コモディティ指数 コモディティ総合 S&P GSCI トータル・リターン指数 など
ロンドン午後金値決め など

インデックス運用について

  1. ファンド保有中にかかるコスト(信託報酬など)が通常のアクティブ運用の商品に比べて低い傾向がある
  2. 指数の動きに連動するよう運用されるため、値動きやパフォーマンスが把握しやすいなど

国内上場と海外上場

ETFの概要 ETFの概要
国内上場ETF 海外上場ETF
上場している取引所 国内の証券取引所 (東京証券取引所など) 海外の証券取引所 (ニューヨーク証券取引所や香港証券取引所など)
取引通貨 円建て 外貨建て
主な投資対象 従来は国内株式を投資対象とするETFが多かったが、外国債券、コモディティなどを投資対象とするETFも増加してきている 外国株式、外国債権、リート、コモディティなどさまざまな投資対象のETFがある
取扱い金融商品取引業者 全国の証券会社 国内の一部の証券会社 ※
信用取引空売り ETFの概要 可能 可能でないケースが多い ※

よくあるご質問

ETFについて

  • ETF(上場投資信託)とは何ですか?

【iシェアーズETFに関して】
iシェアーズETFの記載は、ブラックロック・インク、ブラックロック・ジャパン株式会社を含むそのグループ会社(以下、「ブラックロック」といいます。)が設定・運用等を行う国内上場投信および外国籍ETFであるiシェアーズETFに関する情報を含む投資情報の提供を目的として作成されたものです。本ウェブサイトは、本邦での募集の取扱等に係る金融庁への届出等がされていない海外ファンド等について投資の勧誘等を目的とするものではありません。

「ご投資にかかる手数料等およびリスクについてのご留意いただきたい事項」
本サイトでご紹介するiシェアーズETFにご投資いただく際には、取扱い金融商品取引業者(証券会社等)の定める手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。iシェアーズETFは、連動する指数等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。なお、iシェアーズETFへ投資をされる場合は、取扱い金融商品取引業者へお問合せいただき、上場有価証券等書面を予め十分にお読みいただき、投資にかかる手数料等およびリスクについてご確認の上、ご自身の判断でなさるようお願い致します。
iシェアーズETFを取引する際に、投資家の皆様が負担する主な費用には下記のものがあります。

[売買時の手数料]
iシェアーズETFを売買する際の手数料は取扱い金融商品取引業者によって定められます。詳しくは取扱い金融商品取引業者までお問い合わせください。また、海外上場のiシェアーズETFの場合には、売買時の手数料の他に、為替の取引や外国金融商品市場等における費用等が別途発生することがあり、これらの費用等はお客様の負担となります。

[保有時の費用]iシェアーズETFの保有期間中は運用管理費用等を間接的にご負担いただきます。保有時の費用の率(総経費率)は個別のETF毎によって異なり、また運用状況や保有期間等に応じて異なることからその上限額を示すことはできません。個別のETFの情報については本ウェブサイトの各ファンドページにてご確認いただけます。

【おすすめも】ETFとは?投資信託との違いを分かりやすく解説

ETFとは?のアイキャッチ

リスクとリターン

※同じ商品でも種類によってリスクとリターンは変化します

複数のETFに自動で投資するサービス

\最大10万円プレゼント/

WealthNaviでは8月31日まで「夏の資産運用応援キャンペーン」を実施中
キャンペーン期間中に20万円以上入金した方に、入金合計額と自動積立の利用状況に応じて最大10万円がプレゼントされます。

おすすめのETF3選

おすすめのETF

そんな方のために、いろはに投資では「ETFのおすすめ銘柄6選」という記事もありますが、ここではその中から特に人気の3つのETFをご紹介します

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)

株価195.32USD
配当利回り1.45%
純資産総額251.534(十億 USD)
運用コスト0.03%
ベンチマークCRSP USトータル・ マーケット・インデックス
※2022年5月20日時点の情報

VTIは「CRSP USトータル・ マーケット・インデックス」に連動するように運用されるインデックス型のETFです。

要するに、「 米国株式市場の大型株から小型株まで約4,000銘柄をカバーしているETF 」だと覚えておけば問題ないでしょう。

短期的な下落局面はあるものの、長期保有でじっくりと米国市場の成長を期待できるETFなので、長期投資をする銘柄としてはおすすめです。

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)

株価105.81USD
配当利回り2.32%
純資産総額43.838 (十億 USD)
運用コスト0.06%
ベンチマークFTSEハイディビデンド・イールド・インデックス
※2022年5月20日時点の情報

要は、VYMは 時価総額の大きい高配当銘柄で構成されている と覚えておきましょう。

VYMをひとつ買えば米国の代表的な高配当銘柄をまとめて買えてしまうのです。

GLD(SPDRゴールドシェア)

株価172.23USD
配当利回りなし
純資産総額63.210 (十億 USD)
運用コスト0.40%
ベンチマーク金地金の価格の動向を反映させることを目標としています。
※2022年6月3日時点の情報

金ETFをドル建てで購入して、リスク分散したい方におすすめ ETFの概要 のETFです。

初心者がETF投資するおすすめの方法【4つ】

ETFの買い方

以下では、初心者でもETFに投資できる方法を4つご紹介します

クリックで該当箇所へジャンプ!

SBI証券【ETFに個別投資】

SBI証券は ネット証券国内株式個人取引シェアNo.1 を誇る人気のネット証券です。

また、米国ETFを毎月好きな日に自動買い付けできる「米国株式・ETF定期買付サービス」も利用できますF

「SBI ETF セレクション」というプログラムもあり、中長期の資産形成に適した米国ETF10銘柄の買付手数料が無料、専用ページでの投資情報も豊富に用意されています。

ティッカー銘柄
VTバンガード トータル ワールド ストック ETF
VTIバンガード トータルストックマーケット ETF
VOOバンガード S&P 500 ETF
EPIウィズダムツリー インド株収益ファンド
QQQインベスコ QQQ トラスト シリーズ 1 ETF
SPYDSPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETF
AGGi シェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF
VGTバンガード 米国情報技術セクター ETF
GLDMSPDR ゴールド ミニシェアーズ トラスト
IYRi シェアーズ 米国不動産 ETF

SBIのETF

SBI証券リリースより

\投資を始めるなら/

まだ証券口座を持っていない方は、いろはに投資の調査でも人気No.1だったSBI証券がおススメです。
国内株式は1日100万円まで手数料無料、S&P500連動の投資信託やETFも買付手数料無料で投資が出来ます。

IG証券【ETFをCFD取引】

IG

45年以上の歴史を持ち、世界中で24万人以上が利用している大手証券会社のIG証券。

CFD(Contract For Difference)取引とは、株式、商品、経済指数、先物など、あらゆる金融商品を差金決済で行う取引のことです。

学習コンテンツ「IGアカデミー」や、ニュース分析レポートなども揃っているため、CFD初心者からプロまで満足できるでしょう。

\当サイト限定のレポート/

「いろはに投資」経由で口座開設&取引をすると、「2022年 投資戦略のいろは」を手に入れることが出来ます。
株価推移や商品価格など、2022年の投資戦略に役立てましょう!

WealthNavi【自動で分散投資】

WealthNavi(ウェルスナビ)は 預かり資産・運用者数がNo.1のロボアドサービス で、国内・海外・債券など様々なETFに自動で分散投資ができます。

おまかせNISAや自動税金最適化機能まで搭載しているため、投資初心者でもプロのような運用ができると注目されています。

また、「2022年 オリコン顧客満足度®調査 ロボアドバイザー」では、 WealthNaviが2年連続の総合1位 を獲得しました。

オリコン株式会社

なかでも、機能の充実さや積立設定の自由さなどについて聞いた「運用設定のしやすさ」では、特に高い評価を得ています。

\最大10万円プレゼント/

WealthNaviでは8月31日まで「夏の資産運用応援キャンペーン」を実施中
キャンペーン期間中に20万円以上入金した方に、入金合計額と自動積立の利用状況に応じて最大10万円がプレゼントされます。

トライオートETF【自動売買で利益を積み上げる】

トライオートETF

50%以上のユーザーが株式投資初心者で、売買手数料や両替手数料、口座開設手数料など各種手数料が無料なのが人気のポイントです。

またインヴァスト証券では、 「トライオートコンシェルジュ」という、自動売買のサポート専門のコンシェルジュを利用できます

ETFとは?投資信託との違いとは?

ETFとは?投資信託との違いとは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

ビットコインETFが買える取引所は?想定されるメリットや現状について解説

ビットコインETF

2021年10月現在、日本国内で取り扱っている暗号資産(仮想通貨)(暗号資産)の種類が多いのはコインチェックだ。コインチェックは17種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの有名なものに加え、知名度の低いアルトコインも数多く取り扱っている。また、アプリダウンロード数No. 1という実績を持つことや、マネックスグループの傘下に入りガバナンス体制やコンプライアンス体制を強化し続けていることなどから、信頼できる取引所であると言える。

コインチェックが向いている人

コインチェックが向いてる人

コインチェックが向いている人はいろいろな通貨の購入を考えている人だ。取扱い通貨数は国内最多の17種類で、マイナーなアルトコインまで揃っているので上級者も満足できるだろう。

コインチェックが向いていない人

コインチェックが向いてない人

コインチェックが向いていない人はレバレッジ取引をしたい人だ。コインチェックでは現在、レバレッジ取引に対応していないため、現物取引のみとなっている。

  • 最低取引金額が500円と明確で安心感が高い
  • アプリが初心者に優しい作りになっている
  • 取引手数料が無料

デメリット

  • スプレッドが広い
  • レバレッジ取引ができない
  • 出金手数料が高い

アイコン

評価:★★★★
まず、チャートの見方と取引画面については全く不満はありません 。わりと初心者のほうですが、問題ないです 。送金速度や機能にも問題ないです 。短期売買の方には、どちらかというと不向きかもしれませんが 。ほぼ、放置型でしてる人には使いやすいと思います

引用元:App Store
  • Coincheck(コインチェック)って実際どうなの?口コミや評判から徹底解説

取り扱う暗号資産の種類がビットコインを含めて14種類「DMM Bitcoin」

DMM bitcoin

ETFの概要
DMM Bitcoinの概要
取扱通貨数(販売所) 現物:11通貨
(BTC,ETH,XRP,BCH,LTC,XLM,ETC,OMG,ENJ,BAT,MONA,XYM) ETFの概要
レバレッジ:15通貨
(BTC,ETH,XEM,XRP,ETC,LTC,BCH,XLM,MONA,BAT,QTU,OMG,XTZ,ENJ,XYM)
最低取引数量(BTC) 0.0001BTC(販売所)
取引手数料(販売所) 無料(※)
取引手数料(取引所)
送金手数料 無料(※)
入金手数料 無料(※)
出金手数料 無料(※)
レバレッジ取引 2倍
スマホアプリ DMMビットコイン(ios/Android)
口座数 非公開
取引ツール(PC) ブラウザ上で使えるツールあり
貸暗号資産 -
積み立て暗号資産 -

また、DMM Bitcoinでは、フォームとLINEによる問い合わせを、土日祝を含めて365日受け付けている。操作方法や取引に不慣れな暗号資産初心者にとっては、うれしいサービスといえるだろう。

DMM Bitcoinが向いている人

DMM Bitcoinに向いてる人

DMM Bicoinが向いている人はアルトコインでレバレッジ取引をしたい人だ。14種類の銘柄を取扱い、通貨ペアは全21種類と豊富に用意されている。

DMM Bitcoinが向いていない人

DMM Bitcoinに向いてない人

DMM Bitcoinが向いていない人は取引所形式で取引したい人だ。DMM Bitcoinは販売所形式の取引所なので、自分が指定した価格で取引をするなど購入方法を選択することはできない。

  • アルトコインでレバレッジ取引できる
  • 入出金・送金・取引手数料が無料
  • 問い合わせが24時間365日LINEで対応している

デメリット

  • 定期メンテナンスがある
  • 出金に時間がかかる
  • 現物取引に対応している通貨が少ない

アイコン

評価:★★★★★
初めて使うアプリですが、私との相性が良い事も有るのか、まるで長年 使い込んだか の様な馴染み具合でチャートを見て取引に もスムーズに繋げられ満足してます。 引き続き、取引を無理の無い範囲で、 楽しんでみます。ありがとうございます。

引用元:GooglePlay Store

アイコン

評価:★★★
他の人も書いてるように毎週メンテナンスが長時間あるので、使いやすいがスキャ専用になってしまって、大きなトレードは無理 スイングはバイビット 後、メンテナンス中のグラフが飛ぶのも致命的! ライン引いても意味がない。 穴が空いてるので、合わない!

引用元:App Store
  • DMM Bitcoinって実際どうなの?口コミや評判から徹底解説

残り二カ国の承認国は?

2021年2月11日にカナダの資産運用会社である「パーパス・インベストメンツ」が、ビットコインETFをカナダ規制当局から承認されたと発表しました。この事例がビットコインETF世界初の承認となっています。以下、ニューヨークのCFRAのETFリサーチディレクター、ローゼン・ブルース氏の声明です。

バミューダ

2021年2月にバミューダ証券取引所でビットコインとその他5銘柄がETFの承認を受けて取引開始されました。投資企業はブラジルのHashdexという企業で「Hashdex Nasdaq ETFの概要 Crypto Index ETF」という名称でETFを提供しています。このETFの仮想通貨の比率としては以下のとおりです。

ETF化が認められている仮想通貨の特徴や種類

ETF化が認められる仮想通貨の特徴

ETF化が認められる仮想通貨の特徴は、やはりセキュリティや経営体制がしっかりしているかどうかという点が挙げられます。先述したとおり、ETFの承認がなかなか下りないのは、主に価格操作や詐欺に利用される可能性があるからです。

実際にビットコインでは過去に「コインチェック」という会社がハッキングを受けてしまったこともありました。このような問題をクリアするためには、セキュリティ面や経営体制がしっかりしている必要があります。今後、仮想通貨ETFの動きはさらに加速していくことが予想されますが、この点をクリアしている企業や取引所からETFを認められる可能性が高いといって良いでしょう。

coincheck

ETF化が認められている仮想通貨の種類

ETF化が認めれている仮想通貨

現在はこれだけですが、コロナ禍による仮想通貨バブルも追い風となって今後さらに増えていくと予想されます。また、バミューダ証券取引所では「Hashdex Nasdaq Crypto Index」という商品が既に承認されていますが、これは特定の銘柄ではなくインデックス(複数銘柄の平均指数)です。

ビットコインETFが誕生した背景

ビットコインの大量保有者「ウィンクルボス兄弟」による申請

ビットコインETFという言葉が誕生したのは、2013年7月にさかのぼります。最初にビットコインETFの申請を行ったのは、ウィンクルボス兄弟というビットコインの大量保有者でした。彼らは「ウィンクルボス・ビットコイン・トラスト」という名称のビットコインETFを2013年7月にSEC(ETFの承認を判断する機関)に対して申請しましたが、2017年3月に否決されます。

否決された理由としては「価格操作が行われるのではないか」という懸念からだったようです。ウィンクルボス兄弟はこの判断の見直しを求めましたが、2018年7月に同じ理由で再度却下されています。さらに2018年8月22日、SECは同時に申請されていた8つのビットコインETFを却下するという発表を行いました。今回の却下理由も前回と同じく「価格操作を防止する施策が十分になされていない」という判断からでした。

アメリカ最大の取引所である「シカゴオプション取引所」による申請

ウィンクルボス兄弟と同じくビットコインETFの申請を行ったのが「シカゴオプション取引所」です。2018年6月に複数の企業と共同開発した「VanEck SolidX Bitcoin Shares」という商品の申請を行いましたが、失敗に終わりました。理由としては債務上限問題でアメリカの政府機関が閉鎖されたことで、シカゴオプション側が申請の取り下げを行ったことが原因です。2019年1月、シカゴオプション取引所は再度申請を行いましたが、その8ヶ月後には申請を取り下げました。

暗号資産投資会社の「ビットワイズ(Bitwise)」による申請

新しいビットコインETFが申請され続けている 先述したとおり、ウィンクルボス兄弟やシカゴオプション取引所、ビットワイズがビットコインETFを申請してきましたが、すべて失敗に終わっています。しかし、ビットコインETFの申請はこの3件以外にもさまざまな個人や団体が挑戦し続けています

仮想通貨のETFが認められるメリットとは

仮想通貨のETFが認められるメリット

  • 仮想通貨の信用度が高まる
  • 仮想通貨の市場の起爆剤に
  • 機関投資家がビットコインETFに投資する可能性がある

仮想通貨の信用度が高まる

仮想通貨のETFが承認されることで、仮想通貨に対する信用が高まります。なぜなら、ETFに承認されるためには取引システムの透明度の高さや顧客保護などのセキュリティが十分でないといけないからです。言い換えると、ETFに承認されたものは、それだけで一定の信頼を得られます。

仮想通貨の市場の起爆剤に

現在「仮想通貨に興味はあるけど、なかなか投資にまでは踏み切れない」という方も多いでしょう。しかし、仮想通貨ETFが承認されれば今までよりも手軽に仮想通貨の投資を体験できるようになります。また、手軽さ以外にセキュリティ面などの信頼感も増すでしょう。先述したとおり、仮想通貨がETFに承認されるためには、ハッキングやパスワード流出の可能性を排除することはもちろん、価格操作や詐欺の可能性を十分に排除する必要があります。

機関投資家がビットコインETFに投資する可能性がある

3つ目のメリットは、株式投資家がETFに投資する可能性があるということです。先述した通りETFに承認されるということは、一定の信頼を得たということになります。特に機関投資家は、安全に顧客の資産を運用しなければいけませんが、ビットコインがETFに承認されれば投資をしやすくなるのです。また機関投資家が参入することで、大量の資産が流入してくるでしょう。そのためビットコインがETFに承認されることで、ビットコインのさらなる価格上昇が見込めます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる