初心者向けおすすめFX動画

選び方を徹底紹介

選び方を徹底紹介
「GeForce RTX 選び方を徹底紹介 3090 Ti」は前世代TITAN RTXと同等となる24GBの超大容量VRAMを搭載することから分かるように、RTX30シリーズのナンバリングに名を連ねているものの、事実上、従来で言うところの”TITAN”ポジジョンな製品です。
3DレンダリングやディープラーニングなどGPGPU的なタスクに向いており、特に3Dレンダリングでは、Ampereアーキテクチャの大きな特徴の1つである2倍に増強されたFP32スループットが遺憾なく発揮されるので、前世代のTITAN RTXやGeForce RTX 2080 Tiと比較して2倍以上の性能を発揮できます。

逆に3DレンダリングではVRAM速度の恩恵は受けにくいので、CUDAコア数に差があるRTX 3080 10GB/12GBとは10~20%近い性能差を期待できるものの、RTX 3080 Tiとの性能差は4Kゲーミングにおけるそれよりも小さめです。
ただしRTX 3090 Tiは24GBという超大容量なVRAMを使用できるので、大データの3Dレンダリングや8Kの動画編集など10GB/12GBではクラッシュ・フリーズしてしまうようなシーンでも正常に動作できるところは長所です。

自作とゲームと趣味の日々

【2022年】RTX 3090 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較! TITAN RTXからのアップグレードに最適

  • wisteriear

フルHD/360FPSや4K/120FPS+はもちろん、新時代を象徴する8Kゲーミングにも対応可能で、クリエイター向けのTITANポジションな大容量24GBのVRAM搭載ながら、パートナーメーカー製クーラー搭載で高冷却性能&高静音性も兼ね備えたウルトラハイエンドGPU「NVIDIA GeForce RTX 3090 Ti」を搭載したゲーミングBTO PCのおすすめ機種について各社製品の価格や構成パーツの比較から徹底解説します。
ただオススメ機種をリストアップするだけでなく、読者が一人でも簡単にBTO PCのカスタマイズが可能なカスタマイズ指南も交えて説明していきます。

はじめに - GeForce RTX 3090 Tiについて

GeForce RTX 3090 Ti_pefsu

GeForce RTX 3090 Tiは、前世代最上位モデルGeForce RTX 2080 Tiと比較して平均で60%、ベストケースでは70%も上回るグラフィック性能の向上を実現しています。
ガチゲーマー向けフルHD/360FPSや有機ELテレビなども対応する4K/120FPS+、そして新時代を象徴する8Kゲーミングにも手が届くウルトラハイエンドGPUです。

なお下位モデルGeForce RTX 3080と比較すると、単純なGPU性能差が10~20%程度、4Kゲーミングであれあ10GBでVRAMが足りないシーンというのも珍しいため、2倍を超える価格差を考えるとコストパフォーマンス的にはGeForce RTX 3080のほうが強かったりします。
とはいえ、今の時点で最速であることを予算度外視で追求するゲーマーは少なくないので、そういった人ならGeForce RTX 3090 Tiは検討してもいい製品です。

Gainward GeForce RTX 3090 Ti Phantom_vs-TITAN_3Drender

「GeForce RTX 3090 Ti」は前世代TITAN RTXと同等となる24GBの超大容量VRAMを搭載することから分かるように、RTX30シリーズのナンバリングに名を連ねているものの、事実上、従来で言うところの”TITAN”ポジジョンな製品です。
3DレンダリングやディープラーニングなどGPGPU的なタスクに向いており、特に3Dレンダリングでは、Ampereアーキテクチャの大きな特徴の1つである2倍に増強されたFP32スループットが遺憾なく発揮されるので、前世代のTITAN RTXやGeForce RTX 2080 Tiと比較して2倍以上の性能を発揮できます。

逆に3DレンダリングではVRAM速度の恩恵は受けにくいので、CUDAコア数に差があるRTX 3080 10GB/12GBとは10~20%近い性能差を期待できるものの、RTX 3080 Tiとの性能差は4Kゲーミングにおけるそれよりも小さめです。
ただしRTX 3090 Tiは24GBという超大容量なVRAMを使用できるので、大データの3Dレンダリングや8Kの動画編集など10GB/12GBではクラッシュ・フリーズしてしまうようなシーンでも正常に動作できるところは長所です。

また上述の通りAmpere世代ではナンバリングになったもののTITANポジションな製品ですが、ナンバリングになった恩恵ともいうべきか、RTX 3090 TiはASUS/MSI/ZOTACなどNVIDIA公式のパートナーメーカーによる各社オリジナルの高性能GPUクーラーを搭載できるようになりました。

外排気ブロアーファンのTITAN Xpは言うに及ばず、内排気になって多少は冷却・静音が改善されたTITAN RTXと比較してもGeForce RTX 3090 Tiは高性能なGPUクーラーを搭載しています。
GeForce RTX 3090 Tiは全長300mm超かつ3スロット占有の大型GPUクーラーの搭載によって、大幅に静音性を向上させ、TITANポジションながら各世代の80Tiナンバリングモデル並みの静音性を実現したところも注目ポイントです。

4K_120Hz+_Gaming Monitor

4K解像度の60FPS~120FPSに対応可能なGeForce RTX 3090 Tiを使用するのであれば、4K/144Hz対応IPS液晶ゲーミングモニタの「ASUS TUF Gaming VG28UQL1A」や「LG 27GP950-B」や「MSI Optix MPG321UR-QD」、4K/120Hz有機ELテレビの「LG OLED TV 48CXPJA」など、4K解像度&ハイリフレッシュレートなディスプレイと組み合わせてラグジュアリーなゲーミング環境を構築したいところです。
・HDMI2.1搭載4K/120Hz+ゲーミングモニタのレビュー記事一覧へ

240Hz+_GamingMonitor_2021

その他にもバトルロイヤル系ゲームに最適な240Hzオーバーの超高速ゲーミングモニタと組み合わせてガチで勝利を狙うゲーマーにもフルHDで高フレームレートを稼げるRTX 3090 Tiはオススメです。
・240Hz+の超ハイリフレッシュレートなゲーミングモニタのレビュー記事一覧へ

またRTX 3090 Tiは最新の高画質機能「Raytracing(レイトレーシング)表現」に対応しています。
レイトレーシング(Raytracing)表現では、照明や光源(エリアライト)や太陽光(グローバルイルミネーション)の影響を厳密に再現し、光の反射や透過も現実に即して忠実に描写されます。
レイトレーシングを採用したわかりやすい例としては鏡に映る反射など、視覚(視点から見た)の外にある物体もリアルに描画することができます。小さい光源や太陽光などが生み出す影が現実に対して忠実に再現されるので、画面の中に引き込まれるような奥行き、陰影を感じる映像が生まれます。



下はPS5のMarvel's Spider-Man Remasteredでレイトレーシング表現のオン/オフを比較したものですが、オフでは鏡面になっている窓ガラスにスパイダーマンの身体の鏡像がないだけでなく、風景の反射も反対側と比較してデタラメなのが一目瞭然です。

加えてRTX 3090 Tiは近年流行りのディープラーニングによって高画質化(超解像化)する機能「NVIDIA DLSS(Deep Learning 選び方を徹底紹介 Super Sampling)」にも対応しています。
DLSSが具体的にどのように動作するか簡単に説明すると、フルHD~WQHDのリアルタイムレンダリングソースから4K映像を生み出すDLSSの原型があります。
このDLSSの原型が作り出した4K映像を、16Kなど現実的にはリアルタイムでのレンダリングが難しい超々高解像度のレンダリング結果を比較し、DLSSの原型の改良版1をNVIDIAの専用サーバーが作ります。
DLSSの原型の改良版1で再び4K映像を生み出し、16Kレンダリング結果と比較して、DLSSの原型の改良版2を生み出す……、というプロセスを何万回も繰り返すことで、ユーザーに提供される汎用の、もしくは個別ゲームタイトルに特化した専用のDLSSプロファイルが出来上がります。

現在のDLSSでは16Kレンダリング結果を目標に学習が繰り返されているので、高画質アンチエイリアス技術として一般的なTAAと比較してフレームレートが大幅に向上するだけでなく、画質も改善するという一挙両得な高画質化機能になっています。

そんな高性能GPUであるRTX3090Ti搭載ゲーミングBTO PCを狙っている非自作erとしてはどこで買うのが一番良い(お得であるとか、高品質であるとか)のかわからない人も多いと思うので、ハード面やコスト面中心に徹底比較を行い、RTX 3090 Ti搭載のおすすめBTO PCを紹介していきます。 選び方を徹底紹介 サポート面についてはググってください。

BTO PCメーカー別の簡易比較と特集記事

当サイトでもよく紹介するBTO PCメーカーの取り扱いモデルについて簡単な比較表を紹介しておきます。
各パーツを個別に選択できるほうが管理人的には好みですが、固定のほうが価格面では優れていることが多いです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる