基本情報

ビットコイン始め方

ビットコイン始め方
暗号資産(仮想通貨)

ビットコインキャッシュ投資の始め方!初心者向けに購入方法・買い方を説明

2017年以前、ビットコインの処理速度にシステム的な限界が存在するため、手数料が高騰するなどといった問題が発生しておりました。
処理速度が向上しない問題(スケーラビリティ問題と呼びます)を解決するために、1度に取引できるデータ量を8倍にしました。(正確にはビットコインキャッシュは「Big Block」というシステムで、ブロックサイズを1MBから8MBにまで拡張しています)
その後ビットコインキャッシュは、ブロックサイズをさらに32MBにまで拡張し、ビットコインよりもシステム的な差別化を進めています。

ビットコインとの共通点

ビットコインキャッシュの買い方/購入の流れ

1:ビットコインキャッシュを購入するための口座開設
2:日本円の入金
3:購入したい金額または数量を指定して購入する

始め方① ビットコインキャッシュを購入するための口座開設

  1. BITPOINTの公式サイトにアクセスし、「口座開設はこちら(無料)」のボタンをクリック
  2. メールアドレスと携帯電話番号を登録する
  3. BITPOINTからのメール・SMSを受け取り、「認証コード」を使ってログイン用のパスワードを設定する
    ⇨ パスワードは8文字以上16文字以下で設定し、半角英字、数字、記号から2種類以上を使う必要があります。
  4. パスワードを使用してログイン
  5. 「口座開設の申込みに進む」をクリック
  6. 本人情報の登録を行う
  7. 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのうち1点)をスマホのカメラで撮影して添付
  8. BITPOINTによる審査後、口座開設

始め方② 日本円の入金を行う

即時入金は、リアルタイムで口座に入金が反映される方法です。
入金が24時間(毎日16:00〜16:10は除く)いつでも可能で、さらに入金手数料がかかりません。 BITPOINTでは、「PayPay銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」の、3つの銀行が即時入金に対応しています。お得な入金方法なのでこちらを検討してみてはいかがでしょうか。

始め方③:ビットコインキャッシュの数量を指定して購入

BITPOINTは日本円で500円以上から購入することが可能です。
(数量指定の場合は「0.00000001BCH」から買い注文が可能です)
BITPOINT PROの場合は、「0.ビットコイン始め方 0001BCH」から取引が可能です。
※BITPOINTとBITPOINT PROについては、次項でそれぞれ紹介します。

ビットコインキャッシュの3つの買い方 / 購入方法

ビットコインキャッシュの購入方法は、「BITPOINT公式アプリ」「BITPOINT」「BITPOINT PRO」の3つから選択できます。
それぞれの詳細を、以下で解説します。

アプリでの買い方

BITPOINTでの買い方

BITPOINTの公式サイトからログインして、「コインを買う」画面から購入金額か数量を選択します。
※画面赤枠参照。「円」の右にある▼を押すことで、数量指定で購入することも可能です。
金額・数量指定後に「確認画面へ」をクリックして6秒以内に確定を押せば、ビットコインキャッシュの購入が完了します。
複雑な操作などは省略されているので、暗号資産(仮想通貨)を取引するのが初めてという方は、BITPOINTから購入を進めることも検討されると良いでしょう。

BITPOINT PROでの買い方

BITPOINT PROとは、板形式でビットコインキャッシュの売買ができる取引サービスです。
「成行」「指値」「逆指値」といった注文方法が選べたり、チャートを分析するのに役立つツールが利用できたりといったメリットがあります。
BITPOINT PROにログインして、「現物」の取引からビットコインキャッシュを選択し、注文方法を決めることで購入の確定が行えます。

ビットコインキャッシュ投資に関連する出来事

ビットコインキャッシュを基軸の通貨とする取引所の登場

海外の一部の暗号資産取引所は、ビットコインキャッシュを基軸通貨として採用しています。 ビットコイン始め方 将来的には、ビットコインキャッシュが現在のビットコインのような立場になることも視野に入れているのでしょう。
多くの暗号資産取引所の基軸通貨となれば、流通量と取引を行うユーザー数が増えて、価値が高まる可能性も考えられるのではないでしょうか。

2020年のビットコインキャッシュにおけるハードフォーク

ビットコインキャッシュは、2020年11月にハードフォークを行いました。
新しくビットコインキャッシュノードとビットコインキャッシュABCに分かれることとなりました。ハードフォークの発端は、マイニング報酬の8%を開発資金として徴収するかしないかです。
ビットコインキャッシュノードはこの8%の徴収を行わないとしています。そのため、ハードフォーク前にビットコインキャッシュをマイニングしていた多くのマイナーがこちらのサポートをすると表明しています。大手の暗号資産取引所もビットコインキャッシュノードをサポートすると発表しており、今後はBCHの表記も継承するとしています。

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる