FXのおすすめ勉強法

おすすめ通貨をご紹介

おすすめ通貨をご紹介
エクシア・デジタル・アセット株式会社

仮想通貨おすすめ銘柄・取引所ランキング!
これから伸びる将来性の高い銘柄を草コインも含めて比較【2022年版】

DMM Bitcoinを運営する株式会社DMM おすすめ通貨をご紹介 Bitcoinは、DMM.com証券を傘下に抱える合同会社DMM.comのグループ会社。 売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。DMM.com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。

取扱仮想通貨 15種類
手数料 販売所:スプレッド
最低取引数量 BTC/JPY:0.おすすめ通貨をご紹介 0001, ETH/JPY:0.001, XRP/JPY:1
スマホ対応 初心者向け「STモード」と豊富な機能の「EXモード」が選べる
セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施

取扱仮想通貨 14種類
手数料 取引所:0.01〜0.15%/販売所:無料
最低取引数量 取引所:0.001BTC/販売所:0.00000001BTC
スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能
セキュリティ マルチシグを他社に先駆けて導入

Coincheckを運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:コインチェック事件)に見舞われたが、東証一部上場のマネックスグループの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。 サービスの使いやすさに定評があり、スマホアプリの累計ダウンロード数は2021年11月18日時点で440万を突破。取引手数料は無料。国内では最多となる17通貨に対応しており、国内ではCoincheckでしか取り扱っていないアルトコインも多い。代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の理事(非常勤)を務めている。

おすすめ通貨をご紹介
取扱仮想通貨 17種類
手数料 取引所:0%
最低取引数量 円建てで500円相当額
スマホ対応 投資初心者でも見やすく分かりやすい優れたUI/UX
セキュリティ 国内外複数の情報セキュリティ企業等を通じ、情報システムの信頼性、安全性、効率性のモニタリングを実施

2位:イーサリアム(ETH)

3位:リップル(XRP)

4位:ビットコインキャッシュ(BCH)

5位:ライトコイン (LTC)

6位:ポルカドット (DOT)

6番目におすすめの銘柄は、ポルカドット (DOT)である。ポルカドットは、イーサリアムの共同創設者・Gavin Wood氏らが率いる「Web3 Foundation」によって考案されたプロジェクト。ポルカドットが提供するサブストレート(Substrate)と呼ばれるブロックチェーンを開発するためのフレームワークによって、開発者は低コストでブロックチェーン開発を行うことができる。また、異なるブロックチェーン同士をつないでインターオペラビリティが実現できるため、分散型のWeb(Web3.0)を構築できることが特徴である。ポルカドット(DOT)を購入する上で、おすすめの取引所は以下の通り。

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。 GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、「GMOコイン 暗号資産ウォレット」の使いやすさで初心者にも人気がある。6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているGMOクリック証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。

【仮想通貨】ポルカドット(DOT)の特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説|おすすめな国内取引所は?

DOT

ポルカドット(DOT)の現在の価格動向

引用:TradingView

特に注目が必要な点は、2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻したことをきっかけに仮想通貨全体の価格が大きく下落し、それに伴いポルカドット(おすすめ通貨をご紹介 DOT)も約14ドル近くまで価格を落としていました。

それでも、 今後のロシア・ウクライナの戦況によっては再度下落方面を意識する可能性も否定できない ので、ロシア・ウクライナ間の戦争の状況には注目しておく必要があるでしょう。

そんなポルカドット(DOT)ですが、数ある国内取引所の中でも利用者数も多く、取引画面も使いやすいbitFlyerで取引を行うことができます。

bitFlyerは6年連続でビットコイン取引量No.1となっている人気の取引所でもあるので、 今後ポルカドット(DOT)を保有していきたい方はbitFlyerの公式サイトを確認 してみてはいかがでしょうか。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 おすすめ通貨をご紹介 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

\ビットコイン取引量No.1/

※ おすすめ通貨をご紹介 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ポルカドット(DOT)のこれまでの価格動向

2020年8月の上場〜2021年6月までの価格動向

2020年8月の上場〜2021年6月までの価格動向

引用:TradingView

2020年8月の上場後、しばらくは大きな値動きのなかったポルカドット(おすすめ通貨をご紹介 DOT)ですが、2021年に入ってから大きな上昇相場となり、約48ドルを超える過去最高値を記録しました。

これは仮想通貨市場全体が上昇相場だったことも影響していますが、 世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)がポルカドット(DOT)をサポートしていくファンドの設立を発表したことも大きな上昇要因 と考えることができるでしょう。

2021年7月〜2022年3月までの価格動向

2021年7月〜2022年3月までの価格動向

引用:TradingView

特に アメリカでのビットコイン先物ETFの許可や、エルサルバドルでのビットコイン法定通貨化などポジティブなファンダメンタルズ が続き、2021年11月には再び過去最高値となる約55ドルを記録しています。

先ほどもご紹介したように、まだまだロシアとウクライナの戦争状況がはっきりしていないので、今後の動向には注目しておく必要があるでしょう。

これからポルカドット(DOT)の取引を少しでも検討している方は、 ビットコイン取引高6年連続No.1のbitFlyerの公式サイトをチェック してみてはいかがでしょうか。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ポルカドット(DOT)の今後の見通し・予想

  • ステーキング市場の拡大によりポルカドット(DOT)の知名度向上
  • 新しい有望なプロジェクトがポルカドット上で開発される
  • 新しい仮想通貨取引所への上場

ステーキング市場の拡大によりポルカドット(DOT)の知名度向上

PoSとは

ポルカドット(DOT)は、仮想通貨を保有してネットワークに預け入れることで金利収入を得ることができる「ステーキング」の需要が高い銘柄となっています。

仮想通貨のステーキングデータサイトである「Staking Rewards」でも、 ポルカドット(DOT)は数ある銘柄の中で堂々の6位にランキング しています。

また、JPモルガンの発表によると、ステーキング市場は2025年までに400億ドル規模の市場に成長すると予想しており、こういった外部環境もポルカドット(DOT)の知名度を向上させていくと考えられるでしょう。

レポートでは、PoSブロックチェーンでステーキングによって年間約90億ドルの収益を生み出していると推定している。

イーサリアムが来年、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行を完了させれば、この収益が2倍以上の200億ドルになるとレポートは予想している。

さらにブロックチェーン業界全体のステーキングによる収益は2025年までに400億ドルになるとも予測している。

引用:コインテレグラフジャパン

新しい有望なプロジェクトがポルカドット上で開発される

今後、ポルカドット(DOT)のブロックチェーン上では、様々な優良プロジェクトが開発されていくと予想されています。

ポルカドット(DOT)がローンチされた2020年から様々なプロジェクトの開発が継続的に発表されており、 その数は300種類を超えると考えられています。

新しい仮想通貨取引所への上場

取引所への上場

今後、ポルカドット(DOT)が新しい仮想通貨取引所に上場することは十分に考えられるでしょう。

後に詳しくご紹介していますが、 日本国内の主要な取引所でもポルカドット(DOT)をラインナップしており、時価総額も高いことから常に需要が高い銘柄 となっています。

ポルカドット(DOT)おすすめ通貨をご紹介 の取引におすすめな国内取引所

bitFlyer

bitFlyer-top
取引所名ビットフライヤー
取扱銘柄15種類
最低取引金額(BTC)0.00000001BTC
サービス取引所
販売所
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
詳細ビットフライヤーの公式サイト
関連記事ビットフライヤーの評判

bitFlyerは、数ある国内取引所の中でも知名度が非常に高く、利用者数も多い人気の仮想通貨取引所です。

ポルカドット(DOT)以外にも多数の銘柄を取り扱っており、 ビットコインやアルトコインあわせて国内最大級となる14銘柄をラインナップ しています。

取引画面もわかりやすく仮想通貨初心者の方でも安心して使うことができるので、 ぜひこの機会にbitFlyerの公式サイトを確認してみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 おすすめ通貨をご紹介 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

GMOコイン

GMOコイン-top
名称GMOコイン
取扱銘柄21銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引所
暗号資産FX
貸仮想通貨
つみたて暗号資産
ステーキング
公式サイトGMOコインの公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインは、日本国内で様々なインターネット事業を運営するGMOグループの仮想通貨取引所です。

GMOコインでは国内でも最大となる20銘柄の仮想通貨を取り扱っている ので、ポルカドット(DOT)をはじめとした様々なアルトコインも保有することができます。

取引画面もわかりやすく使いやすいと評判なので、 少しでも気になる方はGMOコインの公式サイトにアクセス してみてください。

SBI VCトレード

sbivctrade-top
取引所名SBI VCトレード
取扱銘柄7種類
最低取引金額(BTC)0.0001BTC
サービス取引所
販売所
貸暗号通貨サービス
詳細SBI VCトレードの公式サイト
関連記事SBI VC トレードの評判

SBI VCトレードは、ネット証券やネット銀行をはじめとした金融事業を幅広く手がけるSBIグループが運営する仮想通貨取引所です。

また、 おすすめ通貨をご紹介 SBI VCトレードは日本国内で最も速くポルカドット(DOT)を取り扱い開始した取引所 としても知られています。

定期的に豪華なキャンペーンも実施しているので、 少しでも気になる方はSBI VCトレードの公式サイトをチェック してみましょう。

BITPoint

bitpoint-top
取引所名BITPoint
取扱銘柄13種類
最低取引金額(BTC)0.0000001BTC
サービス現物取引
レンディングサービス
詳細BITPointの公式サイト
関連記事BITPointの評判

BITPointは、ポルカドット(DOT)をはじめ国内でも屈指の13銘柄を取り揃える仮想通貨取引所です。

BITPointは イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインの取引量が国内No.1 となっており、利用者数も多く流動性が高いことは大きな特徴でしょう。

現物取引の手数料なども無料に設定されている取引所なので、 一度BITPointの公式サイトを詳しくチェック してみてはいかがでしょうか。

これ以外の取引所が気になる方は、おすすめ国内取引所ランキングの記事を確認してみてください。

ポルカドット(DOT)に関するQ&A

  • ポルカドット(DOT)に将来性はありますか?
  • ポルカドット(DOT)は海外取引所で取引した方がよいですか?
  • ポルカドット(DOT)をステーキングするにはどうすればいいですか?

ポルカドット(DOT)に将来性はありますか?

ここまででも解説したように、ポルカドット(DOT)はブロックチェーン間を繋ぎ連携させることを目的としたプロジェクトです。

インターオペラビリティはここ最近のブロックチェーンの大きな課題でもあるので、 多くの投資家などからもポルカドット(DOT)に対して大きな期待が寄せられていることは間違いない でしょう。

ポルカドット(DOT)は海外取引所で取引した方がよいですか?

しかし、海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないことから、中には安全性が担保されていない取引所も多いです。

海外取引所を利用して 取引を行う際はあくまでも自己責任で行うようにしてください。

ポルカドット(DOT)をステーキングするにはどうすればいいですか?

ポルカドット(DOT)をステーキングするには、Binance(バイナンス)おすすめ通貨をご紹介 などの海外取引所を利用する必要があります。

2022年3月現在、Binance(バイナンス)で利用できるポルカドット(DOT)のステーキングは 120日のロック期間で預けることで、20.18%と非常に魅力的なAPYが提供 されています。

しかし、上記でもご紹介したように海外取引所は日本の金融庁の認可を受けている訳ではないので、 利用する際はあくまでも自己責任で行うようにしましょう。

ポルカドット(DOT)のまとめ

  • ポルカドット(DOT)とは、異なるブロックチェーン間を接続する「インターオペラビリティ」の実現を目指しているブロックチェーンプロジェクト
  • 2020年8月に上場した歴史の浅い通貨ではあるものの、その将来性を期待する投資家も非常に多い
  • ポルカドット(DOT)はトランザクションの処理速度が速いことも大きな特徴であり、スケーラビリティ問題を解決できると期待されている
  • ポルカドット(おすすめ通貨をご紹介 DOT)の保有を検討している方は、ビットコイン取引量6年連続No.1のbitFlyerが使いやすい

ここまで解説してきたように、ポルカドット(DOT)は異なるブロックチェーンを繋ぐ技術である「インターオペラビリティ」を実現することを目的としているプロジェクトです。

特に2022年以降はブロックチェーンの開発だけでなく、開発されたブロックチェーン同士を連携させることに大きな注目が集まっているので、 今後のポルカドット(DOT)の動向には目を光らせておく必要がある でしょう。

この機会に少しでもポルカドット(DOT)を保有しておきたいという方は、 ビットコイン取引量6年連続No.1のbitFlyerの公式サイトにアクセス してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨・ビットコインのおすすめマーケットプレイス(取引所)5選|手数料やメリット・デメリットなどを徹底比較!

エクシア・デジタル・アセット株式会社

株式会社Crypto Garage

仮想通貨取引所とは

仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上でやりとりできる 財産的価値 であり、代表的なものにはビットコインやイーサリアムなどがあり、「 ブロックチェーン 」と呼ばれる技術で取引履歴を管理してデータベース化している通貨(資産)です。

国家やその中央銀行によって発行されている法定通貨と異なり、 銀行等の第三者を介することなく財産的価値をやり取りすることが可能な仕組み として、高い注目を集めてきました。

日本の 資金決済に関する法律 において、以下の通りの性質をもつものを「暗号資産 * 」と定義されています。

一般に仮想通貨(暗号資産)は 交換所や取引所と呼ばれる事業者(暗号資産交換業者) から入手・換金することが可能で、暗号資産交換業は金融庁・財務局の登録を受けた事業者のみが行うことができます。

仮想通貨取引所とは?販売所との違いについて

仮想通貨の取引には仮想通貨交換業者に登録する必要があります。仮想通貨交換業者は「 取引所形式 」と「 販売所形式 おすすめ通貨をご紹介 」の2種類の取引サービスを提供しており、それぞれの特徴は以下の通りです。

暗号資産(仮想通貨)の売り方は?売却の手順をご紹介

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの。
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの(※)

暗号資産(仮想通貨)の売り方①:「販売所」での売却

「販売所」とは

なお、GMOコインの「販売所」では、以下の暗号資産(仮想通貨)の売却が可能です。
ビットコイン(BTC)
リップル(XRP)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ネム(XEM) おすすめ通貨をご紹介
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM) おすすめ通貨をご紹介
エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
カルダノ(ADA)
メイカー(MKR)
ダイ(DAI)
チェーンリンク(LINK)

「販売所」での売却手順

暗号資産(仮想通貨)の売り方②:「取引所(現物取引)」での売却

「取引所(現物取引)」とは

一方「指値」とは購入価格を指定する注文方法です。例えば現在1BTC = 510万円のビットコイン価格が、1BTC = 500万円になったら買い、1BTC = 520万円になったら売りという具合に、価格を指定して注文ができます。希望する価格で暗号資産(仮想通貨)の取引ができますが、希望価格に対等する注文がなかった場合、取引が成立しません。

なお、GMOコインの「取引所(現物取引)」では、以下の暗号資産(仮想通貨)の売却ができます。
ビットコイン(BTC)
リップル(XRP) おすすめ通貨をご紹介
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM) おすすめ通貨をご紹介
シンボル(XYM)
モナコイン(MONA)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
クアンタム(QTUM)
FCRコイン(FCR)

「取引所(現物取引)」での売却手順

暗号資産(仮想通貨)の売り方③:その他の売却方法

暗号資産(仮想通貨)ATMを利用する

なお、Coin おすすめ通貨をご紹介 おすすめ通貨をご紹介 ATM Rader(https://coinatmradar.com/)の情報によると、2022年5月18日現在、日本国内で利用可能な暗号資産(仮想通貨)ATMは存在しません。暗号資産(仮想通貨)ATMを使った売買は、アメリカやカナダ、イギリスなど、暗号資産(仮想通貨)ATMが設置されている国でのみ行うことができます。

暗号資産(仮想通貨)の売却に関するよくある質問

Q GMOコインではどのサービスを利用して、暗号資産(仮想通貨)の売却ができますか? A GMOコインでは、以下2つのサービスを利用して、暗号資産(仮想通貨)の売却が可能です。
・「販売所」
・「取引所(現物取引)」
詳しくはこちらをご参照ください。

Q GMOコインの「販売所」では何種類の暗号資産(仮想通貨)を売却できますか? A 2022年5月18日現在、GMOコインの「販売所」では18種類の暗号資産(仮想通貨)を売却できます。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q GMOコインの「取引所(現物取引)」では何種類の暗号資産(仮想通貨)を売却できますか? A 2022年5月18日現在、GMOコインの「取引所(現物取引)」では12種類の暗号資産(仮想通貨)を売却できます。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q 暗号資産取引所を利用する以外の方法で、暗号資産(仮想通貨)を売却することはできますか? A 暗号資産(仮想通貨)は、暗号資産取引所を利用する他にも、暗号資産ATMを利用して売却することができます。
詳しくはこちらをご参照ください。

社内通貨がもたらす効果と成功事例|おすすめサービスを紹介

※参考:「社内コミュニケーションに関する調査」(HR総研)

※参考:「社内コミュニケーションに関する調査」(HR総研)

・社内のコミュニケーションを活性化させ、職場環境を改善したい
・社員のモチベーションを引き出し、生産性を向上させたい おすすめ通貨をご紹介
・働きがいを高め、人材定着率を上げたい

社内通貨とは:企業独自のポイントシステムのこと

  • 商品やサービスと交換できる
  • 社内経費として使用できる
  • 賞与の査定対象になる
  • 現金に交換できる

社内通貨は従業員満足度を向上させ、長時間労働の削減にも貢献する

  • 社内コミュニケーションの活性化
  • 柔軟なインセンティブ制度の運営
  • 長時間労働の削減

社内コミュニケーションが活性化される

企業独自のインセンティブ制度を作ることができる

  • 残業なしの日に社内通貨を付与
  • 1日1万歩以上で社内通貨を付与
  • 社内プレゼンテーションの賞金に社内通貨を付与

長時間労働を削減し、従業員の労働意識を変える

※参考:厚生労働省「平成29年版 労働経済の分析」

企業の社内通貨導入事例 10選

株式会社ディスコ「Will」

社内通貨の活用がもたらした「働き方改革」は高く評価され、厚生労働省による「働きやすい企業」最優秀賞や、経済産業省と 東京証券取引所 による「健康経営銘柄2019」に選出されるなど、働き方についての調査では常に上位にノミネートされています。

  • 毎月の収支をWillの口座で管理
  • 社内業務は、手持ちのWillを使ったオークション形式で受発注
  • 優秀な社内プレゼンテーションには、賞金としてWill残高を付与
  • Will残高を多く保有する上位者は、会社ホームページにて公表
  • 半年ごとに換金され、残高が0にリセットされる
  • 社員のモチベーションが向上する
  • 無駄な業務がなくなり、生産性が向上する
  • 部門・職種を越えた仕事の選択が可能になる

株式会社ベネフィット・ワン「BIPo」

ベネフィット・ワンでは、 「BIPo」と呼ばれる社内通貨制度 があります。

  • 部門ごとに設定された基準をクリアするとインセンティブとして付与
  • 従業員同士が感謝の気持ちをBIPoで贈ることができる仕組み
  • 貯まったBIPoは、約20,000種類の商品・サービスの中から好きなモノと交換できる

株式会社Wiz「Wiz(ワイズ)コイン」

20代の従業員が70%以上を占めるWizでは、 SNSのような感覚で、従業員同士が「いいね」と思う行動を評価しあう「Wizコイン制度」という制度 が存在します。

  • 社員、アルバイト問わず全従業員が対象
  • 良い行動に対してWizコインを贈る
  • 評価の対象は業務以外でもOK
  • 貯まったコインはオーダーメイドスーツやPC用品、食事券などに交換できる

株式会社LIG「LIGコイン」

  • デザイン賞の受賞・イベントへの登壇など、会社への貢献をLIGコインで評価
  • 遅刻などのペナルティとしてLIGコインを徴収する

株式会社フュービック「FRICA(フリカ)」

フュービックでは、 「FRICA」と呼ばれる社内通貨アプリ が導入されています。

カブドットコム証券株式会社「OOIRI(オオイリ)」

従業員の平均年齢は41.2歳と比較的高い会社ですが、2016年に 社内通貨「OOIRI(オオイリ)」 を導入。

  • 残業せずに仕事を終える
  • 社内メンバーに感謝される
  • 1日に1万歩以上歩く

株式会社じげん「GAT」

じげんでは、 「GAT」と呼ばれる社内通貨 が使用されています。

  • 手書きメッセージを添える
  • 直接相手に手渡しする
  • 毎月1人にだけ贈ることができる

ヤマト運輸株式会社「満足BANK」

クロネコヤマトの宅急便で知られるヤマト運輸株式会社では、 従業員のモチベーションを高めるために「満足BANK」という制度 を運用しています。

  • 社内ネットワークに他者を褒めるコメントを投稿する
  • 社内ネットワークで誰かに褒められる
  • 自分で立てた目標を達成する
  • 会社から評価を受ける

株式会社UZUZ「ウズポ!」

  • 社内表彰インセンティブ
  • 会社採用の知人紹介インセンティブ
  • 従業員から感謝の気持ちを贈り合う制度

株式会社オンデーズ 「STAPA(スタパ)」

  • 店舗の売り上げ目標達成
  • 業務改善提案(社長に評価されると追加でSTAPAがもらえる)
  • デイリーボーナスとして出勤するだけでもSTAPAがもらえる

社内通貨制度を導入する際に気をつけたい、2つのポイント

  • 社内通貨を導入する目的を明確にする
  • 社内通貨導入後、従業員への浸透方法を決める

社内通貨を導入する目的を明確にする

  • 社内コミュニケーションの活性化
  • 柔軟なインセンティブ制度の運営
  • 長時間労働の削減

社内通貨導入後、従業員への浸透方法を決める

社内通貨におすすめのサービス4選

インセンティブ・ポイント

株式会社ベネフィット・ワン「インセンティブ・ポイント」

  • 企業の設定した条件でインセンティブ付与
  • サンクスポイント制度も利用可能
  • 企業ごとに専用のポイントサイトを構築
  • 交換アイテムは約20,000種類で、希望をリクエストすることも可能
  • 社内コミュニケーション 120%向上
  • 従業員のモチベーション 80%向上
  • 従業員の定着率 40%向上
  • 企業の売上 150%向上

RECOG(レコグ)

株式会社シンクスマイル「RECOG(レコグ)」

  • 称賛を投稿できる社内SNS機能
  • 称賛メッセージを送るレター機能
  • 受け取った称賛の数を自動で反映するランキングページ
  • 受け取った称賛の数を、チームや個人別にデータ化して蓄積

称賛によって貯まったポイントは、 1つ前にご紹介したベネフィット・ワン社が運営する「インセンティブ・ポイント」と連動させることで、約20,000種類のアイテムの中から好きな商品と交換できるようになります

  • 従業員の利用を促すためのレクチャー
  • 初期設定やデータ入力のサポート
  • 称賛のコツや意義を教えるホメ研修

Unipos株式会社「ユニポス」

  • 投稿した内容は全従業員が見ることのできるタイムラインに共有される
  • ハッシュタグ機能で、行動指針の紐付けができる
  • 投稿者以外の従業員も「拍手」機能で投稿に便乗できる
  • 給与として支給(企業で原資を用意)
  • Amazonギフト券と交換(Unipos株式会社が代行)

サンクスギフト

株式会社Take Action「サンクスギフト」

  • ありがとうコイン
  • 努力家コイン
  • リーダーコイン
  • チャレンジコイン
  • アイディアコイン

150%以上の売り上げUPに成功
社員のやる気を引き出すインセンティブ・ポイント

優秀な人材が辞めてしまう…
営業のモチベーションが上がらない…
職場に活気がなく生産性が上がらない…

社員のやる気を引き出すオリジナルのポイント制度”インセンティブ・ポイント”は、
・多様なニーズに合わせて、約20,000点から好きなアイテムと交換できる
・コミュニケーションが活性化され、社内環境の改善につながる
・導入により150%の売り上げUPに成功した例も。確実な導入効果を実感できる

すでに業界トップシェアを誇る484社が導入、324万人の社員が利用 しています。
ぜひこの機会に、社員のやる気を引き出すオリジナルのポイント制度を検討してみましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる