トレードを学ぶ

ストキャスティクス の正しい使い方

ストキャスティクス の正しい使い方
インディケーター

ハイローで勝率UP!ストキャスティクスを活用しよう

ストキャスティクスとは、時間経過とともに変化するモメンタム(勢い)を測定し、将来の値動きを予測するためのテクニカル指標である。バイナリーオプションでもよく使われている。
一般的には「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する指標として利用されているが、正しい使い方は上昇や下落の勢いが強いかどうかを見極めることだ。
ストキャスティクスは0~100%の範囲内で変動するが、勢いが強いほど0%や100%に近い水準まで動く。
相場が転換する際は価格変化に先行していち早く反応するため、トレンドの発生を捉えることに長けた指標だ。
ストキャスティクスには、相場の動きに素早く反応する「ファストストキャスティクス」と、動きの緩やかな「スローストキャスティクス」の2種類がある。
ファストは「%K・%D」の2本のライン、スローは「%D・Slow%D」の2本のラインを使用する。
%Kは一定期間における最高値と最安値の中で直近の終値がどの位置にあるかを表したもの、%Dは%Kを移動平均のように平滑化したものである。
Slow%Dはやや遅行性があるが、%Kや%Dと比べてダマシが少なくなる。
バイナリーオプションで稼ぐにはこの指標が非常に重要なのだ。

バイナリーオプションで稼ぐためのストキャスティクス活用法

では、バイナリーオプションで稼ぐために具体的な売買のポイントを解説する。
まず、買いポイントのひとつは「%Kが50%を超えてくること」だ。
50%を超えれば上昇トレンドの発生が期待され、さらに80%を超えるようであればトレンド発生がほぼ明らかになるためである。
また、上昇トレンドもやがては終わりを迎えるが、上昇トレンドが終わるとストキャスティクスは%K⇒%D⇒Slow%Dの順で下がる。
売り仕掛けのタイミングのひとつは「Slow%Dが80%を割り込み、上昇トレンドの終わりを確認できた時点」だ。
ストキャスティクスのパラメーター設定にもよるため、売買のポイントはあくまでも一例だが、バイナリーオプションでは基本的にはこのような考え方となる。
ファストとスローは目的に応じて使い分けよう。
バイナリーオプションで稼ぐ為の丸わかりガイドブック

RSIは買い方と売り方の強さを相対的な力関係として見る指標、その正しい使い方を解説

インディケーター

Instagramバナー

Twitterバナー

そんな彼が作り上げたものがRSI(The Relative Strength Index)と呼ばれるものです。
買い方と売り方の相対的な力関係を示したものであり、相対力指数と呼ばれています。

RSIが作られた背景と計算式

RSI = A’ ÷ ( A’+B’ ) ストキャスティクス の正しい使い方 × 100
A’:(前の足で計算したRSI×(n-1)+当日の値上がり幅)÷n
B’:(前の足で計算したRSI×(n-1)+当日の値下がり幅)÷n

RSIの見方と考え方

⑴70%以上は天井圏、30%以下は底値圏

RSI天井圏70%以上,底値圏30%以下

だからと言って逆張りをしていいとは限らないため
そもそも売られ過ぎ、買われ過ぎという概念はないのです。
あるのは 天井圏、底値圏という範囲だけ です。

⑵が70%付近で反転、または30%付近で反発すればトレンド転換

70%、30%付近で反発ならトレンド転換

⑶最高値を更新してもRSIは最高値にならない、最安値を更新してもRSIが最小値にならない場合、相場のトレンド転換が起きやすい

RSI最高値を更新してもRSIは更新しない

RSI最安値を更新してもRSIは更新しない

⑷ダイバージェンス

RSIダイバージェンス

RSIダイバージェンス

⑶と⑷の違いは何か

まとめと補足(Ehlers Laguerre RSI、Stochastic RSI)

ダイバージェンスの認識の違いは、実は通常のテクニカル分析でも共通で ストキャスティクス の正しい使い方
上昇から下落という1つの流れ と それらのつながりでできるトレンド は違います。

・Ehlers Laguerre RSI

Ehlers Laguerre RSI

Ehlers Laguerre RSIは現在の価格、ユーザ定義のガンマ係数、
多くのフィードバックを使用して最終的な値を決めていきます。

Ehlers Laguerre RSI

・Stochastic RSI

StochasticRSI

Stochastic RSIの計算式

ストキャスティクスの%Kは
%K=(C­−Ln) ÷ (Hn­−Ln) × 100

Stochastic RSIの%Dはストキャスティクスの%Dに相当するので、
Stochastic RSIの値を設定期間で平均化したものになります。

Stochastic RSIの使い方

ストキャスティクスRSI

Stochastic RSIが示す値は、RSIのn日間の動きの中で、相対的にどのレベルにあるのかということで、
RSIが設定期間中でもっとも低い値をとった場合、Stochastic RSIは0を示します。
RSIが設定期間中もっとも高い値をとった場合は、Stochastic RSIは100を示します。

Stochastic RSIとRSIの比較

それにStochastic RSIとRSIをよく見て見ればわかりますが
RSIの高値や安値を更新しているポイントがStochastic RSIでは0や100なので
Stochastic RSIは特に必要ないインディケーターです。

ストキャスティクス の正しい使い方

マーケットサマリー

エディターズ・ピック

USDJPY: 20年ぶりの円安水準に【米ドル円】

(USDJPY)米ドル円 週足 今日のテーマ ・現状分析 ・チャートは動く相場と動かない相場が混在している 動かない相場が動き出すとトレンド相場になりやすいことを理解しよう。

XAUUSD: 金相場 少し上げるも上昇力は弱い

金相場の動きを見ていきます。 左が週足、右が日足です。 前回5/28に書いた注目ポイントは、 --------------------------- 今週のポイントとしては 上げてくるのならば、75日線がある 1900あたりまでは上昇しておきたい所です。 逆に下げてしまうと、1787を割り込む可能性があります。 下を試した時に、下げが大きくならなければ もう一度上を試しに行くことになるので 下げた場合は、下に走らず反発出来るかがポイントとなります。 --------------------------- ということでした。 今週も、大きな動きにはならずに 少し上昇しています。 現在のトレンド判断は ■週足トレンド判断 ピークとボトム:高値切り上げ、安.

USDJPY: ドル円は結構大事なポイントかもしれませんね。

ドル円の日足です。 上昇してきましたね。今は前回高値付近です。 今後はこのまま上昇していくんでしょうか?もし上昇していくようならドル円はどこまで上がるか解らないぞ。という雰囲気になりそうですね。多分今より上にショートの損切りも有ると思いますし走るかもしれません。 また、新高値更新しない場合は「上は堅い。USDは高いからロングする人がいない。」となってしばらくは上昇しない。と判断しても良くなるかもしれません。ただの勘ですけど。 先週のローソク足の値幅が大きいのが気になるんですよね。ちょっと急すぎないかと。でも、アメリカ国債の金利はまだ上昇トレンドだしFRBもタカ派姿勢だし、素直に上昇すると判断してついて行くしかないんでしょうか?

BTCUSD: BTCUSD 6/4-6/10 引き続き底値圏形成中 引き付けて

【環境認識】 〇日足(下目線、週足レベルの節目) ・日足レベルの大きな下降フラッグが完成し、5月上旬に強い戻り売りが入り、5月半ばに2021年安値に到達 ・週足レベルで見れば、反発ポイントになり得るところに達して底値圏形成中 〇4時間足(下目線) ・3週前陰線にはらまれた状態で方向感なく浮動している ・今週が陽線になれば9週ぶりの陽線となるが、長い上ヒゲのため、買い手のパワーは感じられない ・仮想通貨のみならず、世界的なリスクオフで、全般的なダウントレンドとなっている ・一方、さすがに3万ドル近辺の価格帯は固く、2021年安値でサポされた後は、長い下ヒゲをつけ、底値圏形成の動きを見せている ・さらに、下がってきた日足の20MAと交わり、大きく下落すると思いきや、耐えてレンジを継続した 【戦略】 ・底値圏形成中、引き続き、.

FXアイデア

USDJPY: 米ドル/円15分足チャート。トレンド判断。

米ドル/円、15分足チャートの環境認識です。 高値切り上げ、安値切り上げの上昇トレンド。 上昇トレンドの上昇波動。 ローソク足で数えて6本の下落に対して、15本の上昇。 移動平均線の並びは上から75MA、9MA、25MA、200MA。 移動平均線の傾きは25MAが下向き、それ以外は全て上向き。 レートは75MAと9MAの間。 直近ボトムとピークにブルーの水平線(実線)を引いています。 直近ボトム132.472円を下回るとトレンドレスに転換。 2つ前のボトム132.318円を下回ると実質下降トレンドに転換。 今日の方針です ①調整を待って132.ストキャスティクス の正しい使い方 636円、132.599円、132.549円、132.500円、132.472円から再上昇開始の動きがでれば買い ②直近ボトム132.472円を下回る.

USDJPY: FX ドル円 本日の相場分析 2022.6.8

4時間足 順調に高値更新中ですね。 みなさんが言う135円のターゲットがだんだん近づいています。 一旦はそこまで上昇すると思いますが、このまま調整をつけずに上昇するとは思えません。 中長期での上昇を狙うなら一旦は黄色丸くらいまでの押しを待ちたいですね。 ここは白の平行チャネル、過去の高値を結んだラインですので、意識されそうなラインです。 そして、GMMAもその辺りまで上昇してきましたので、一度4時間足のストキャスティクスの過熱感解消に下落するといい押し目買いポイントになりそうです。 短期勝負なら5分足くらいでエントリーしないと押しも浅いですのでチャンスがありませんね。 ただ、その場合は上位足での調整の下落に巻き込まれかねないので、早めの利確が◎です。 現在は133円を達成して、そこで一旦の調整をつけるかどうか…と言う.

AUDJPY: オージー円 50bp大幅利上げで上昇 レジスタンスを抜けるか?

チャートは日足です。 オレンジのフィボナッチ、96円付近のレジスタンスが意識されている展開で、 先ほどオーストラリア中銀の予想以上の利上げが発表され大きく上昇しましたが、レジスタンスを抜けきれず戻ってきています。 今週に入ってからドル円をはじめとしたクロス円が大きく上昇し、オージー円も上昇してきている中での今回の上昇でした。 ドル円が現在少し調整をしており、一旦はオージーも調整が入ると思いますが、また同じ96円付近のレジスタンスは目指してくるのかなと思います。 そこを突破するのかどうかは分かりませんが、今週のドル円(円安)の勢い次第では突破も全然あり得ると思います。 96円付近のレジスタンスを越えれば97、98円が見えてきますので、そこは積極的にエントリーしていきたいです。

AUDJPY: 超シンプルなチャートで分析・トレード!!三角レンジ抜けて大きく上昇!日足上昇トレンド復活!

前回の投稿の通り、三角レンジをブレイクで買い。 目標の93円〜94円をクリア! 95円にも到達しました(^_^) 順調です! 次の目標は4/20高値付近になります。 トレールでついていきます。 ストキャスティクス の正しい使い方 ご参考 前回投稿

暗号資産アイデア

GMTUSDT: GMTのギャンチャート(゚Д゚)ノ

この青い線はあくまで希望です。 ステップンのトレードの参考に(゚Д゚)ノ ストキャスティクス の正しい使い方 ギャンの見方として円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなります。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、斜めの白線、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この3つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定めることが出来ます。

BTCUSD: 同じルーチンが主力によって3回破壊されましたか?

昨日、近い将来の主な取引方法についてお話しましたが、あなたと私にとって、個人投資家 スーパートレンドチャネルとベガスチャネルを中小規模のLongShortシグナリングと組み合わせる 短期間の実行に最適 今朝の高値は、6+8時間のスーパートレンドと6時間のラスベガスパスのあたりでした。 6時に現れた2時間のショート信号と組み合わせる 案の定、主力は再びストロークを引き下げました。 イーサリアムはさらに恐ろしく、パンツの1.7kの価格をほぼ離陸しました 短期のお客様の福祉の時間を大切にすべきです オオカミが本当に来るとき、あなたは損失を止めて出かけることを学ばなければなりません トレンドの投資家に利益の時間を渡してください。

BTCJPY: 20220607 BTCは3年移動平均が抵抗に

BTCは薄紫色の3年移動平均線を乗り越えられず抵抗となっています。 そして、今年の1月の底値をまた割る可能性が出てきました。 今は今年1月の底値のライン(緑色平行ライン) 去年7月頃の底値ライン(約320万) の2つがきちんとサポート出来るでしょうか。

BTCUSD: 波動分析 〜想定E,Fの確認2〜

こんにちは。たわみこです。 まずは前回の投稿からどうなったか確認しましょう。 前提としてインパルスとしてカウントできる際はインパルスのカウントを最優先にします。 ストキャスティクス の正しい使い方 今回の下落波の場合はインパルス、ダブルジグザグとしてカウントが可能でしたね(前回投稿に詳細カウントあります) この投稿ではインパルスのカウントのみですがまだダブルジグザグも有効ですので考慮しておきましょう。 前回投稿にあったオレンジラインは超えていませんので想定E,F共に破綻しておりません。 この位置でヨコヨコしている状況であれば表題の作図のようにダブルスリーなどで4波が完成して5波に続くような想定E(インパルス)が考えられますね。 作図の理由も表記しましたので、ご確認を🧐 ブルーラインを超えるかが目安ですが、オレンジラインを越えるかで想定が絞れますね。これらを.

株式アイデア

4385: トレンド転換を見抜け ~チャートの注目ポイント~

(4385)メルカリ 日足チャート」 このチャートは今、物凄く分かりやすい下降トレンドとなっています。 移動平均線大循環分析で見ると、第4ステージを継続しています。 一時的に第5ステージになるものの、直ぐに第4ステージに逆行する動きになっています。 いわゆる、ステージの「4→5→4の戻り売り」パターンとなっています。 このような分かり易い下降トレンドは、売りでしっかりと獲りたいところです。 ただ、ポイントとしては、そのトレンド転換するところをいち早く察知することができれば、早く仕掛けることができます。 では、トレンド転換を察知するにはどうすれば良いのでしょう。 ストキャスティクス の正しい使い方 それは、常にトレンドラインを引く習慣を持つということです。 ラインを引くことで、トレンドの変化をいち早く察知することができます。 ここでは、ステー.

8359: 【8359】八十二銀行 ついてる仙人の49なるchart(よくなるチャート)

月足のトレンドを見てみましょう。 高値 ストキャスティクス の正しい使い方 447-469(未確定)切り上げ 安値 283-331 切り上げ 高値切り上げ安値切り上げの上昇トレンド。 株価は多くの移動平均線の上にあります。 短期の移動平均線が中期の移動平均線を上抜いてきています。 283円が底になり上昇トレンド転換となり買い方有利なチャートになっています。 週足のトレンドも見てみましょう。 高値 454-469(未確定) 切り上げ 安値 351-400 切り上げ 高値切り上げ安値切り上げの上昇トレンド。 株価はすべての移動平均線の上に出てきました。 上昇トレンドの上昇波動で強い動きです。 株価は最後の抵抗である249MAを上抜きました。 これですべての移動平均線の上に出たことになります。 249MA以外の移.

4689: 【買い準備】4689

以下の根拠で、静観しスイングハイを超えたら、買いたいと思われる ・MAのGC、一目の2線が横ばい、つまり下げ止まりそう ・RSIとRCIが好転 ・MACDが好転となった上、良いダイバージェンス

指数アイデア

NI225: 年初来は相対的に日本市場有利

年初来の各市場の動きをみると 日経平均は各市場と比べると それほど悪くない 日本頑張ってる! ただ、マザーズ指数はかなり悪いので 日本市場は銘柄選択次第で パフォーマンスに大きな違いがでてしまう。

SPX: 米国株の大暴落がバブルの崩壊なのかどうか

年初来から始まる米国株の大暴落がバブルの崩壊なのかどうかを種々の背景をもとに考えてみた。(2022年5月29日現在) 結論としては残念ながらバブルの崩壊であり、その低迷は長期化するいう予想になった。 分析の観点は以下の3点。 ①金利の影響 ②国力の影響 ■金利の影響 一番上の図はSP500を世界恐慌が起こった1930年ごろまでさかのぼったものを対数表示したものである。 チャネルの直線性が分かりやすくなるようフィボナッチチャネルを重ねてある。 その中に株価に影響を与えた各時々の出来事を記してある。 続いて2段目グラフは政策金利、米国10年債利回り、インフレ率を示し、 それらから名目金利からインフレ率を引いた実質金利(もどき)を算出したものが3段目の図である。 これらのグラフから分かることは、まずインフレを抑えるために始め.

SPX500USD: SP500 75日線を試す動きになるか、再下落になるか

SP500の動きを見ていきます。 左が週足、右が日足です。 前回5/28に書いていたのは、 ---抜粋ここから----------------------------------------------- 今週は 反発の動きがどこまで続くか、 まずは、75日線がある4300辺り。 4636を超えてくるというのはまだ遠く 今の戻しが止められてもう一度下を試す動きになることになるとは思いますが どこまで戻せるのかを見ていきます。 ---抜粋ここまで----------------------------------------------- 今週は小動きで、やや下げる動きとなりました。 先週上げて週足陽線になっているので、今週の陰線はあまり影響はありません。 ただし、日足のストキャが買.

VIX: 【ダウ先物】VIXから予測するダウの未来

先物アイデア

NK2251!: 日経225先物 6/7(火)日中 デイトレ シナリオ

現状は上昇トレンドの60分足の調整中 この状況を基に A:28,120より上:上昇トレンドの60分足が上昇トレンド継続と考えて、上値は追わずに5分足のあや押しからの買い場探し ストキャスティクス の正しい使い方 B:28,120~27,700:上昇トレンドの60分足の調整中と考えて支持帯からの上昇で買い場探し C:27,700より下:上昇トレンドの60分足が75MA下になり、トレンドレスと考えて様子見

YM1!: 【NYダウ】Y波動を形成中

嗚呼、歴史的な2022年6月の雇用統計まであと3時間ですね。 正直興奮していますし、こんな時にトレードできることに感謝までしています。 今のような狂った相場は「傍観」が最も正しい選択なのでしょうが、チャートを見ているとY波動ができているように見えるので、ちょっとNYダウショートを積み増してみます。 あとNY銅ショートも少々。 21時半前にはこの追加のポジションは手仕舞って、1%だけダウショートした状態で運命の21時半を待ちたいと思います。

XAUUSD: 金相場 少し上げるも上昇力は弱い

金相場の動きを見ていきます。 左が週足、右が日足です。 ストキャスティクス の正しい使い方 ストキャスティクス の正しい使い方 前回5/28に書いた注目ポイントは、 --------------------------- 今週のポイントとしては 上げてくるのならば、75日線がある 1900あたりまでは上昇しておきたい所です。 逆に下げてしまうと、1787を割り込む可能性があります。 下を試した時に、下げが大きくならなければ もう一度上を試しに行くことになるので 下げた場合は、下に走らず反発出来るかがポイントとなります。 --------------------------- ということでした。 今週も、大きな動きにはならずに 少し上昇しています。 現在のトレンド判断は ■週足トレンド判断 ピークとボトム:高値切り上げ、安.

XAUUSD: 石原順氏メガトレンドフォロー手法検証

私の尊敬する現役ファンドマネジャー石原順氏の最新の手法であるメガトレンドフォローの検証を行いました。 今回の対象は株価指数とコモディティの日足になります。 表示のチャートはゴールドです。 ■検証期間 2016年1月~2021年3月末まで ■検証結果 ○日経先物(CME:NKD1!) ・プロフィットファクター:0.808 (ロング:1.238、ショート:0.450) ・勝率:31.37% (ロング:42.31%、ショート:20.00%) ○ダウ(CBOT_MINI:YM1!) ・プロフィットファクター:0.981 (ロング:1.728、ショート:0.352) ストキャスティクス の正しい使い方 ・勝率:39.58%.

教育アイデア

BTCUSD: 次のバブルでしっかりと資産を伸ばすためにも暗号通貨に興味を失わない事が大事だと思います

ビットコイン週足の傾向 ①バブルは週足HHの高値ブレイクからバブルが始まる傾向があります ②調整はカーブをゆっくりと弧を描きながら長い時間をかける傾向があります ③次のバブルまで興味を失わない事が大事だと思います。 調整期間は難易度が高く、 この期間に退場しない事が最も優先され、 尚且つ次のバブルで資産を伸ばすためにも興味を失わない事が最優先されると思います。 結局最後は暗号通貨に本質的に興味があるかどうか、これで資産を伸ばせる確率が変わるかと思います

ストキャスティクス の正しい使い方 SPX500USD: チャートに”N”を探せ

今回の投稿では相場の動きの特徴であるN波動に焦点を当ててみたいと思います。 相場の動きはすべてN字と逆N字に分解することができます。 この視点を持つことで、複雑に見える相場の動きにも一定の秩序を見出すことができ、また波の伸びきった先でポジションを持ってしまうといったビギナーがやりがちなミスもなくすことができます。 一口にNといってもNには様々な形があるため、図解で紹介していきたいと思います。 .

QQQ: 弱気相場について覚えておくべき4つのこと

みなさん、こんにちは!👋 ふぅ、なんという激動の5ヶ月だったでしょうか。あらゆる資産が煙の中に巻きこまれて、あちこちに巨大な月足のローソク足が出現しました。暗号資産のトレーダーにとっては、ビットコイン、イーサリアムをはじめとしたいくつかの暗号資産が半分またはそれ以上に下落してしまいました。S&P500は高値から13~14%の下落にとどまっていますが、この2年間のほぼすべての銘柄での大規模な強気相場は終焉し、現在は正式に弱気相場に入ったと言えるでしょう。 今回の弱気相場は、私たちのコミュニティにいる多くの人にとって初めての経験かもしれません。そこで弱気相場について覚えておくべき重要な事柄をまとめたガイドを作成し、この新しい相場状況を切り抜ける指針として役立てようと考えました。 では、さっそく本題に入りましょう! 1.

ストキャスティクス の正しい使い方 BTCUSD: ビットコインは底打ちしたのか?【ビットコイン】

(BTCUSD)ドル建てビットコイン 日足 上昇のN波動が出てきたビットコイン 底打ちしたのか? 注目ポイントは? 今回の学びは「Y波動」です。 どういう状況なのかを学んでいきましょう。

インジケーター&ストラテジー

BTCUSD: Everything Bitcoin [Kioseff Trading]

Hello! This script retrieves most of the available Bitcoin data ストキャスティクス の正しい使い方 published by Quandl; the script utilizes the new request.security_lower_tf() function. Included statistics, True price Volume Difficulty My Wallet # Of Users Average Block Size api.blockchain size Median Transaction Confirmation Time Miners' Revenue Hash Rate Cost Per Transaction Cost.

AAPL: Liquidity Heatmap LTF [LUX]

This indicator displays column heatmaps highlighting candle bodies with the highest associated volume from a lower user selected timeframe. Settings LTF Timeframe: Lower timeframe used to retrieve the closing/opening price and volume data. Must be lower than the current chart timeframe. Other settings ストキャスティクス の正しい使い方 control the style of the ストキャスティクス の正しい使い方 displayed graphical.

NAS100USD: TASC 2022.6 Ehlers' Loops - Sectors

Inspired by the latest TASC article, the crocker graph is expanded to show 5 tickers. for commodity also draws a side box with current tickers ストキャスティクス の正しい使い方 candles so it can be used as standalone.

BTCUSDT: Wolfe Scanner (Multi - zigzag) [HeWhoMustNotBeNamed]

Before getting into the script, I would like to explain bit of history ストキャスティクス の正しい使い方 around this project. Wolfe was in ストキャスティクス の正しい使い方 the back of my mind for some time and I had ストキャスティクス の正しい使い方 several attempts so far. 🎯Initial Attempt When I first developed harmonic ストキャスティクス の正しい使い方 patterns, I got many requests from users to develop script to automatically detect Wolfe formation. I thought it would be easy and started.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる