トレードを学ぶ

強制ロスカット

強制ロスカット
証拠金維持率125.00%

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

『ロスカット』 と『強制決済』の違いを教えてください。FX初心者のものです。
先日より、ポジションのマイナスが増大してきて、とうとう自動ロスカット間近の通知が来ました。
また、別途追加証拠金が発生との通知も来ています。

自動ロスカット間近の通知は、手数料には触れていません。
追加証拠金発生の通知には追加証拠金を用意(振込)して下さいとの記載があり、入金がないと強制決済され、その際に手数料及び新規の注文などに制限をかけるとありました。

もともと初心者ですので、少額から始めており、うまくいかずにロスカットされてしまうのであれば自分には向かないのだと諦めるつもりで始めました。
ロスカットで資金が底をつけばおしまいとだけ思っていたのですが、『強制』という言葉や、『制限』、『追加証拠金を振り込んで下さい』の言葉で、少々混乱、少しあわてています。

ロスカットを待つだけでは問題があるのでしょうか?

また、証券会社名を書きませんでしたが、会社によって扱いも違うものなのでしょうか?
会社名を記載するのが何となく憚られたので記載しませんでしたが、必要なら補足します。

よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

単にロスカット前にマージンコール
(「証拠金が足りなくなってきたから入れてください。
このままだと強制決済になりますよ」という連絡)
をする業者だったというだけのこと。別に脅しじゃない。

新規に建てる必要証拠金率(100%)を割り込んだら
マージンコールという業者は多い。
そうなったら当然新規注文はできない。

ロスカットを待つだけでも別に問題ないよ。
マージンコール無しでロスカット水準に達したら
いきなりロスカットする業者もある。 強制ロスカット
マージンコールがかかるのか否か、かかる水準等は
取引前に確認しておくべきこと。

ただしロスカットには大抵スリッページが発生するから
キッチリ証拠金維持率どおりの額が口座に残るとは限らない。
加えてロスカット時に手数料がかかる業者もあるが
別に詐欺じゃない。繰り返すがその辺は事前に確認しておくべきこと。

なお、「ロスカット」は本来「損切り」の意味しかないが
FX固有の文化として「ロスカット」という表現を
業者が行う強制決済に限定して使う場合も多い。
自分で行う損切りはストップロスと言ったりもする。
業者の強制決済ということを万人に伝わるように
「強制ロスカット」という表現をとる場合もある。

色々なご回答、ありがとうございます。クリック証券では、自動ロスカット・強制決済は使い分けており、それぞれ手数料がかかるようです。通知も確かにマージンコールのようです。
サイトも落ち着いて調べたらちゃんと記載がありました。皆さんおっしゃる通り、もっと事前に規定やFXの基本を頭に入れてから始めるべきでした。
そういった意味で、事前の確認を繰り返しご指摘いただいたshbrttyさんをベストアンサーにさせて頂きました。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

会社によって
ルールが違うので

口座を開設している
証券会社の名前を
隠す意味も無いし
説明も難しくなる

『ロスカット』 と『強制決済』の違い
ロスカットは損切りのこと。損を覚悟で自ら決済すること。言葉として個人が使うことが多い。
強制決済は強制的に決済させること。言葉として業者側が使うことが多い。
強制ロスカットは、強制的にロスカット(決済)させること。
『強制ロスカット』 =『強制決済』
強制ロスカットは、業者によっては手数料を多額にとるところもある。

ロスカットと強制決裁は同じだと思いますが・・・。

私は複数の証券会社を持ってますが、追証とロスカットの双方のルールが
混在している証券会社も確かにあります。

たとえば10万円の資金を入金していた場合、1ドル100円の時に
1万通貨を購入したとしたら、 強制ロスカット
10000ドル×100=100万円
になりますよね。

今は50倍のレバレッジ規制があるので、50で割ると、2万円の
証拠金維持が必要となります。
この時点で、10万の資金に対して、証拠金維持率が500%となります。

ここで、92円の8円以下まで下がった場合、-8万円以上となり、
2万円の証拠金を足せば、資金10万円が吹っ飛ぶ(つまり維持率も100%以下)
となるわけです。
強制ロスカット
ここでただちにロスカットが発生しますが、ほとんどの証券会社は100%となる前に
アラームを発生させたり、余裕な維持率を持たせることを前提にしてます。

会社ごとにさまざまなルールもありますけど、維持率が130%以上ないと
新たなポジションを持てない、ある時間まで130%以上は維持する・・・
などのルールがありますかね。

そういや、ロスカットに手数料もかける会社もありましたね。

ということで、貴方がもたれている証券会社は、後者のある時間帯は必ず証拠金
率を維持させておく必要があり、下回っているために追証を払わせるルールで、
しかもそれがありつつ、100%以下になれば強制ロスカットを発動するなどの
ルールであると思われます。で、追証が確認できなければロスカットするなど。 強制ロスカット

ロスカットだけの会社もあるので今お使いの会社は双方がある会社なのでしょう。
確かにどっちもあると面倒ですけどね。

ただ、くりっく365対応だと信頼できますので、仕方なく私は使ってるところも
ありますけどね。

私はFXはしませんが、そのFX会社、ちょっとおかしい。
強制ロスカット
因みに10万円の証拠金で評価損が例えば8万円出て、必要証拠金を割ってくれば、ロスカットされます。
ロスカットは本来、質問者様とFX会社を守るもので、ロスカットで円満に取引終了です。
残りの2万円弱が質問者様の手元に残り、お終いです。
強制ロスカット
もし、再びFXをしたければ、それなりの証拠金を追加するか、2万円で出来る範囲で行えば良いだけのことです。

もし、評価損が10万円より大きくなれば(その前に強制決済されるでしょうが)、その際には不足金を払わなければ鳴りません。

↑は一般論ですから、FX会社で特別なルールが決めてあれば、質問者様も同意しているはずですから、
先方の要求は妥当だともいえます。

いずれにしても、その会社とは私は取引しません。
他に真面目な会社を探してください。

たぶん、他にも一杯回答してくれると思いますよ。

みんなのFXのロスカットについて

ロスカットとは、未確定(決済前)の損失である含み損が一定の水準に達したときに、ポジションを自動的に強制決済する仕組みのことです。
一方、FX会社によって強制的に決済されるのではなく、自らポジションを決済することを「損切り」と言います。
ロスカット(または強制ロスカット)と聞くとネガティブな印象を持たれる方もいるかもしれませんが、むしろ逆です。ポジションを自動的に強制決済するロスカットは損失の拡大を防ぎ、投資家の資産を守るための安全装置的な役割を果たしています。

「みんなのFX」のロスカットのルール

ロスカットの注意点

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率 (%)= 純資産 ÷ 必要証拠金 × 100

ロスカットを回避するには

  1. FX口座に追加の資金を入金する
    新たに資金を入金すると純資産が増え、証拠金維持率が上昇します。気をつけなければいけないのは、一度生じた相場のトレンドは継続しやすいこともあり、相場のトレンドの流れが反転せず、再び証拠金維持率が低下しロスカットになる可能性があるということです。ですので、この判断をする際には、今後どのぐらいまで相場が動く可能性があるのか考えたうえで余裕をもった金額を入金するようにしましょう。
  2. ポジションの一部を決済する
    複数のポジションを保有している場合は一部のポジションもしくはポジションを分割して決済をすれば必要証拠金が減ります。必要証拠金を減らすと、証拠金維持率が上昇させることができます。

ロスカットが発生する事例

強制ロスカット
口座残高 500,000 必要証拠金 0
約定評価損益 0 注文証拠金 0
建玉評価損益 0 建玉可能額 500,000
スワップ 0 振替可能額500,000
純資産額 500,000 証拠金維持率 -

証拠金維持率125.00%

口座残高 500,000 必要証拠金 400,000
約定評価損益 0 注文証拠金 0
建玉評価損益 0 建玉可能額 100,000
スワップ 0 振替可能額 100,000
純資産額 500,000 証拠金維持率 125.00%

証拠金維持率113.06%

強制ロスカット強制ロスカット
口座残高 500,000 必要証拠金 398,強制ロスカット 000
約定評価損益 -50,000 注文証拠金 0
建玉評価損益 -50,000 建玉可能額 52,000
スワップ 0 振替可能額 52,000
純資産額 450,000 証拠金維持率 113.06%

証拠金維持率100%

口座残高 500,000 必要証拠金 395,830
約定評価損益 -104,170 注文証拠金 0
建玉評価損益 -104,170 建玉可能額 0
スワップ 0 振替可能額 0
純資産額 395,830 証拠金維持率 100.00%

ロスカットの執行を防ぐために必要な心得

実効レバレッジは低くする

  • ロスカットは各取引口座ごとに計算されます。他の口座にご資金があったとしても、FX口座のご資金によってはロスカットが発生する場合があります。
  • FX口座の必要証拠金は、リアルタイムレートで常に計算されるので、レートが変動すれば必要証拠金も変動します。 みんなのシストレ、みんなのコインとはロスカットのルールや計算方法が異なりますのでご注意ください。
  • みんなのオプションでは単独で建玉の評価を行う仕組みを用いるため、ロスカット取引は生じません。
  • FX口座の口座照会項目の詳細はこちらをご確認ください。

サービス案内

取引ツール

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 強制ロスカット 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FXの基礎知識

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT 強制ロスカット FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

気づけばこんなに借金が…FX初心者が「ドツボ」にはまったワケ

FXにおいて、レバレッジを理由に借金を抱える人が少ない理由は、「強制ロスカット」があるからです。強制ロスカットとは、「証拠金維持率」が一定水準に達した場合、すべてのポジションを強制的に決済する仕組みです。 証拠金維持率とは 強制ロスカット 証拠金維持率とは、必要証拠金に対しての純資産の割合となります。 計算式は以下のとおり。 証拠金維持率 = 強制ロスカット 有効証拠金÷必要証拠金×100(%) ・有効証拠金=証拠金+保有しているポジションの損益 ・必要証拠金=ポジションを建てるための証拠金 たとえば、強制ロスカットの水準が証拠金維持率50%以下の業者であれば、証拠金維持率が50%以下になった瞬間、保有しているポジションがすべて決済されます。 なぜ強制ロスカットがあるかと言いますと、トレーダーの資産を守るためです。証拠金維持率が低くなるほど、急な相場変動によって資産がマイナスになる可能性が高まります。 よって、証拠金維持率がある程度になった場合、強制ロスカットを発動するようにしているのです。この強制ロスカットがあるため、FXでは借金を抱えにくくなっています。 ゼロカットシステムがある海外業者はさらに安全 海外業者の中には「ゼロカットシステム」を採用しているところがあります。ゼロカットシステムとは、急な相場変動などにより口座資金がマイナスになった際、その損失をFX会社が負担する制度です。 このゼロカットシステムのある海外業者であれば、「レバレッジを掛けすぎて大きな借金を背負ってしまった……」という事態になる可能性はありません。 実際のデータでも借金を抱える失敗率は低い 2018年4月に金融先物取引業協会が発表した「外国為替証拠金取引の取引顧客における金融リテラシーに関する実態調査」でも、FXで借金を抱えてしまう人の数は少ないと分かります。 「証拠金として業者に預け入れた資産以上に損失を被った(損失となった)ことがありますか?)」という質問については、「ない」と回答した人が全体の75.4%となります。 また、年間の損失額を確認しても一番多いのは0~20万円未満です。 金額 年間の損失額 強制ロスカット 0~20万円未満 28.4% 20万円以上~50万円未満 強制ロスカット 5.9% 益額50万円以上~100万円未満 2.2% 利益額100万円以上 3.2% このため、FXで借金を抱えてしまった人であっても、20万円未満とそこまで大きな金額にならないケースがほとんどなのです。 FXのレバレッジで借金を抱える3つのレアケース FXのレバレッジで借金を抱えるケースはほとんどありませんが、稀に借金を抱える人も存在します。そうした人は以下のレアケースに遭遇してしまったことがほとんどです。 レバレッジで借金を抱える3つのレアケース ・強制ロスカットが間に合わないほどの急激な値動き ・休日の大きな為替変動 ・FX会社のシステムトラブル 強制ロスカットが間に合わないほどの急激な値動きがあった際、決済が間に合わずに借金が発生してしまうこともあります。 FX会社は土日は営業しておらず、土日の大きな為替変動には対応できないです。強制ロスカットも発動しないので、土日に価格が大きく動くと借金が発生することがあります。FX会社のシステムトラブルによって強制ロスカットが発動しないこともあります。その結果、借金が発生してしまうこともあるのです。 これら3つはレアケースですので滅多に起こるものではありません。何十年とトレードしていても一回も経験しないこともザラですので、過度な心配をしなくてはも大丈夫です。

実はカンタン!CFD解説③自動でリスク軽減!損失を限定する自動ロスカットとは?

実はカンタン!CFD解説③自動でリスク軽減!損失を限定する自動ロスカットとは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる